逢坂 剛 兇弾 禿鷹5


禿鷹シリーズの第五弾です。

悪徳刑事、禿鷹は死んだはずだった。だが、彼が同僚・御子柴に託した神宮署裏帳簿のコピーは、警察庁に致命的打撃を与えるものだった。悪事を表沙汰にする特別監察官・松国らの動きに、凶悪な女警部・岩動は街のマフィアも繰りながら、帳簿回収に動く。暗闘に次ぐ暗闘。息つく暇もない禿鷹シリーズの最新章。(「BOOK」データベースより)

本書は、前作で意外な終わり方をしたためどのようになるのかと思っていたところ、神宮警察署のハゲタカこと禿富鷹秋刑事の残した神宮署裏帳簿のコピーを巡る暗躍という物語でした。

このシリーズは、当初はマスダと称される南米マフィアと渋六興業というヤクザとの抗争に神宮署生活安全特捜班の禿富鷹秋刑事、通称ハゲタカが絡んだ物語として始まったのですが、禿富刑事の思惑通りにマスダは撤退し、渋六興業もメインの筋からは退いて、野田と水間個人のみが物語に関連しているだけになりました。結局、メインは神宮署を中心とした物語に集約されてしまったわけです。

そして、本書。禿富刑事の残した帳簿のコピーをめぐり、警察そのものの組織としての話へと変化しています。登場人物も、前作で現れた禿富刑事と同じ神宮署の生活安全特捜班に所属する女警部岩動寿満子を中心に、やはり前作から登場の同じ特捜班の嵯峨俊太郎、そして御子柴繁や警察庁幹部の松国や朝妻らがコピーをめぐり腹の探り合い、強奪、そして殺人とめまぐるしく展開します。

忘れてはならないのが、禿富鷹秋刑事の妻禿富司津子の存在です。前作の最後で少しだけ顔を見せたかと思うと、今回はかなりの比重を持って描かれています。逆に存在感があり過ぎるともいえるかもしれません。

ただ、やはり禿富鷹秋刑事のいないこのシリーズは、どこか芯が無く、半端な印象は否めませんでした。それだけ禿富刑事の存在感は強烈だったということなのでしょう。彼の穴を埋めるだけのキャラはそうは出てこないということでした。

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR