鈴木 英治 木乃伊の気-口入屋用心棒(35)




正邪ふた振りの“三人田”は鎌幸のもとにかえされ、“三人田”にまつわる物語も前巻で一応の決着を見たと思われます。そして、本巻からは新しい物語が始まると思われたその冒頭から、理由も不明のまま直之進が襲われます。

何とかその賊を撃退した直之進ですが、今度は秀士館の敷地内から木乃伊が発見され大騒ぎです。そこに直之進と共に立ち合っていた佐之助は、運び出される木乃伊を目当てに集まっている野次馬の中に、冷たすぎる目で木乃伊を見つめる一人の侍に気がつくのでした。

後を追い名を聞くと永井孫次郎と名乗るのですが、どうも思い当たりません。後をつけ永井の幸せそうな家庭を確認した後、佐之助が秀士館に戻ると、今度はまだ新しい白骨死体が発見され、富士太郎が探索へと乗り出すことになるのです。

直之進らが務める秀士館は、今は取り潰しになった旗本山梨家の当主である石見守行定の手により焼失させられた屋敷跡に建てられたものだといいいます。富士太郎は、竹内平兵衛という山梨家の遺臣を探し当て、伊達家との当主同士の諍いがきっかけという取り潰しのいきさつを聞き、また定岡内膳という目付の名前を知るのです。

一方、直之進は自分を襲った賊を探し、伊沢要一郎という旗本の屋敷から出てきた、直之進を襲ってきた賊と姿が良く似た桶垣郷之丞という伊沢家の家臣に目をつけます。「侍は死を賭して主君に仕えるもの」という桶垣は、その後富士太郎の探索にもかかわってくることになり、更に佐之助の探索とも繋がってくるのでした。

本書では直之進と佐之助が剣術指南役として勤める秀士館にまつわる物語が語られています。直之進と佐之助、そして富士太郎という中心人物がそれぞれに働き、事件を解決していく、シリーズの定番の流れです。

佐伯泰英の『らくだ 新・酔いどれ小籐次』の折にも書いたのですが、小藤次の物語で感じるシリーズとしての物語の広がりを、この口入屋用心棒シリーズでは感じられなくなってきています。

直之進ら主人公の生き方が安定し、三人に琢之助を加えた四人の人生が落ち着くところに落ち着いてしまった、ということも一つの原因かもしれません。単純に痛快小説としての魅力が薄れてきています。

毎回同じことを書いていますが、もうひとつシリーズとしての厚みが欲しいものです。
プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR