佐伯 泰英 狐舞: 吉原裏同心(二十三)


吉原裏同心シリーズの第二十三弾です。

吉原にある日本橋の呉服商島原屋喜佐衛門の出店の番頭繁蔵の娘お縫が襲われた。調べていくと繁蔵は病に冒されており、店も辞めさせられようとしているらしい。さらに、島原屋は賭け事に目が無く、使用人の給金にも手をつけているらしく、ある日死体となって発見された。南町奉行所定廻り同心の桑平市松と相談し、繁蔵親子の行く末を案じる幹次郎だった。

まさに捕物帳であった前巻と異なり、本書は老中松平定信が行った寛政の改革の波を受けた不景気な吉原を背景に、吉原の裏同心ならではの事柄に対し走り回る幹次郎や吉原会所の番方の仙右衛門之姿が描かれ、それなりの読み応えのある物語でした。

加えて、幹次郎がかつて世話になていた豊後岡藩から復藩の誘いがあったり、吉原会所七代目頭取の四郎兵衛の娘である玉藻に男の影が見え隠れしたり、また、当然のことではありますが、幹次郎の剣戟の場面もちゃんと用意してあり、なかなかに盛りだくさんです。

こうして裏同心本来の仕事をこなす活躍や復藩の誘いなどの、幹次郎の個人的な事柄も見どころとして用意してあり、次の巻への関心を整えてあります。その流れで言うと、幹次郎と花魁薄墨との恋模様にも若干の進展が見え、こちらも目が離せない仕掛けになっているのです。

本シリーズの予定を見ると、あと二巻でシリーズが一旦終わるようです。その上で、新しいシリーズへと模様替えをするらしく、そちらにも薄墨が絡んでくると惹句にあります。先のことを知ると興が失せるものですが、この場合はかえってシリーズの展開が気になってしまいました。

早速続刊を読んで見ようと思います。

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR