渡辺 容子 左手に告げるなかれ


いわゆる万引きGメンである保安士の女性を主人公とする、第42回江戸川乱歩賞を受賞した長編推理小説です。

ある日、女性保安士の八木薔子の職場に二人の刑事が訪ねてきて昨日のアリバイを聞いてきた。話を聞くと、かつての薔子の不倫相手である木島の妻が殺されたのだという。三年前、木島の妻に木島との不倫をとがめられ、四百万円の慰謝料を支払い、勤めていた証券会社を辞めることになったのだった。その木島の妻が殺されたという。薔子は自らの無実を立証するためにも、自分で調査を始めるのだった。

本書の主人公は保安士です。契約先の店舗を一般人を装いながら目を光らせ、万引き犯を捕まえるのが仕事です。本書の主人公八木薔子も勤務先のスルガ警備保障からコトブキ屋自由が丘店に派遣されています。そこに刑事が現れ、木島の妻の殺害の事実が告げられ、その後、薔子の上司である坂東指令長のはからいでシャインズ桜美台店に異動になるのです。

八木薔子という主人公は、後の『エグゼクティブ・プロテクション』以降ではボディ・ガードをその職務内容としているのですが、八木薔子がデビューする本書ではまだ保安士なのです。

本書の設定が、かつての自分の不倫相手の奥さんが殺され、その犯人を見つけ出そうというのですから、既に普通ではない行動力を表しているということなのでしょう。

幸い、もの分かりの良い坂東という上司に恵まれ、事件探索に都合のいい職場へと転勤もさせてもらい、更には事件探索に忙しい八木であるため、本来の職務である万引き犯を見つけることはおろそかになっているのですが大目に見てもらっています。

実際、現実の社会で仕事が半端になりながら、どこまで本人の自由が認められるかは疑問はありますが、そういう自由を認めてもらえる最良の上司に恵まれたということでこの点は引き下がりましょう。でも、本書の推理小説としての謎解きそのものには私としてはあまり関心はしませんでした。反面、物語として見るとそれなりの面白さを持って読み進めることができたとは思います。

保安士として一般人よりは調査能力ありと言えるのかもしれませんが、殺人犯の探索はあくまで素人です。物語の中でもその点はきちんと押さえた上で。調査のプロである探偵を登場させ、彼に八木を素人だと言わせ、本格的な調査を進める役割の一端を担わせていたりと、私の気になる点をきちんと押さえてありました。

不倫相手の木島との関係も割り切ったものとしてではなく、いくらか引きずりながらの微妙な間柄であるのも好ましく、わりと違和感なく読み進めることができました。

ただ、『エグゼクティブ・プロテクション』での八木薔子のほうが魅力的なキャラクターとして在ったのは否めませんが、本書は本書として八木薔子のデビュー作として楽しめました。

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR