FC2ブログ

瀬尾 まいこ そして、バトンは渡された




本書は、2019年本屋大賞にノミネートされた親子、家族を描く長編小説です。


なんとも、私の好みとは異なる物語です。

確かに、本屋大賞候補作となるだけのいい作品だとは思います。読み終えてほっこりとし、何となく心が温かくなるような作品です。ただ、私の読みたい作品ではありませんでした。




森宮優子という高校三年生が主人公です。

この主人公の家庭は本書の初めの方に「私には父親が三人、母親が二人いる。」とあるように普通の家庭ではありません。

しかしながら第一章が「全然不幸ではないのだ。」と書き出されるように、実に健康的で明るい高校生です。

そして、この主人公に合わせるようにほかの登場人物も実に善人ばかりです。早くに亡くなった実の母親は登場しませんが、それ以外の親は皆、主人公にあふれんばかりの愛情を注ぐ存在です。


そして、この主人公は「私たちは本質に触れずうまく暮らしているだけかもしれない」ことに何となく気づいており、そのことが「何かの瞬間に明るみに出るとき、私はどうしようもない気持ちになる」だけの感受性も持っている、実に健全な高校生でもありました。

こうした健全な感性を持った高校生の、血のつながらない親との日々を描いたのが本書です。



本書には全くと言っていいほどに「毒」がありません。

すべてが愛情に満ちていて、ただ、過剰な愛情のゆえに若干の異常が垣間見えているのだけれど、その異常も単なる少しの非日常というだけのようです。

だからといって、ほとんど同時期に読んだ湊かなえの『未来』という作品のように、本書の対極にあるような、いじめやDV,など「イヤミス」の女王の称号の通りに嫌な感じが残る作品もまた受け入れがたいのです。


結局は、我儘な読者の我儘な感想に過ぎないのでしょうが、いい本であっても私の好みとは異なるという代表のような作品でした。
プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR