FC2ブログ

佐伯 泰英 夢三夜 新・酔いどれ小籐次(八)





新・酔いどれ小籐次シリーズの第八弾です。



文政八年(1825年)の年も明け、俊太郎は初稽古に来た創玄一郎太や田淵代五郎とともに弘福寺の道場で稽古をしており、昼過ぎに目覚めた小籐次もそこに現れ稽古をつけるのだった。

翌日はおりょうの実家である北村家へと年賀に行くことになっているが、おりょうは六歳年長の仲の悪い兄靖之丞が、小籐次や俊太郎に不快な思いをさせるのではと案じているという。実際、翌二日に北村家を辞する際に兄に出会い、研ぎ屋風情を連れてくるなといわれてしまう。

翌三日も稽古三昧の俊太郎らだったが、浅草寺への初詣の際、またまた掏摸を捕まえる俊太郎だった。



このシリーズは、シリーズを通しての主人公に敵対する大きな勢力、などという設定はありません。どちらかというと、巻ごとに小籐次に対する恨みを晴らす目的や、大名同士の功名心などの私的な闘争に巻き込まれることが多いようです。

つまりは、研ぎ屋としての小籐次の日常を日常として描きながら、小籐次の周りで起きる、細かな事件を解決していくことのほうが多いのです。

そして、そのさまが痛快小説として実に心地よく描いてあります。

小籐次の日常を描くことが小説として成立しているのであって、そこらが、同じ佐伯泰英の『吉原裏同心シリーズ』などと異なるところではないかと思われます。



本書の場合も、小籐次に敵対する相手として現れたのは小籐次の妻であるおりょうの兄という設定です。

その兄が弓の使い手であるとはいえ、まずは小金につられた浪人を差し向けるという、その強さが喧伝されている小籐次に対してあまりに無知な仕掛けをしてきます。

それでもなお、物語として成立するだけの広さがこのシリーズにはあると思われます。それだけ小籐次というキャラクターが成功しているということでしょう。
プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR