FC2ブログ

青山 文平 跳ぶ男





青山文平の久しぶりの長編の時代小説です。



本書の主人公屋島剛は道具役と呼ばれる藩士の家に生まれ育ちます。しかし、後添えである義理の母親に疎まれた主人公は野宮と呼ばれる野墓で一人能の稽古をするかありませんでした。

同じ道具役の家の生まれであり、能の稽古も見てもらっていた藩の秀才である岩船保を兄とも慕っていましたが、保も不始末を犯し自裁して果ててしまいます。

そこに現れた鵜飼又四郎に藩主の身代わりとなるように言われた剛は、自身の「能」を手掛かりに、保の言った「ちゃんとした墓参りができる国にする」という言葉を胸に、江戸へと向かうのでした。



やはりこの人の書く小説はいい。

特に本書はこれまでの作品とは異なった趣があります。

ここで「道具役」とは、能役者に扶持を与えるために、藤戸藩が宛がった御役目だそうです。「能」は武家にとってのたしなみであり大切な素養ですから、すでに「能」という芸事を自分のものとした能役者などを士分として取り立てるということもあったとあります。

本書はこの「能」という芸事を主題として、「能」を全く知らない読者を置き去りにして進んでいくようです。殆ど物語の全編が「能」を中心として紡がれていくのです。

ところが、普段「能」に全く接点のない身としては半分も理解が進まないままに物語は進んでいきます。とはいえ、「能」そのものについての理解はついていけないものの、剛や鵜飼又四郎らの侍としての生きざまについては、何とかついていけます。

結局、最後まで「能」を中心として物語は進むので、本書は「芸道小説」として位置づけられる作品だと思いつつ読み進めたものでした。



しかしながら、最後の最後でそれまでの本書に対する思いは見事にひっくり返されます。

こうして書くこと自体がネタバレになるとも思われ、これ以上は書かないほうがよさそうです。

とにかく、途中は若干読みにくいと思われるかもしれませんが、最後まで読み通してほしい物語です。

半藤拾史郎の人物像を始め、いくつかの疑問点は残ったままに終わります。終わりますが、多分、作者はあえてそうしたことは分かったうえですべて無視していると思えるのです。

その上でクライマックスの余韻を楽しんでもらいたいと思います。
プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR