本多 正識 吉本芸人に学ぶ生き残る力


本書は、漫才作家であり、天下の吉本興業の吉本総合芸能学院(NSC - New Star Creation)の講師でもある、本多正識(ほんだまさのり)氏が「生き残る力」について書かれた本です。

私は子供の頃からお笑いが好きで、でんすけ劇場や花月劇場(吉本新喜劇)はよく見ていました。二十歳過ぎ(多分)てから見たやすきよの漫才の面白さは今でも覚えています。

落語も好きで、噺家を主人公とした小説も読みました。30年以上も前のことなので書名も覚えてはいませんが、それでも結城昌治の『志ん生一代』や安藤鶴夫の『三木助歳時記』だったかは覚えています。噺家としては三木助や文楽が好きでよく聞いたものですが、今では全く聞かなくなりました。

本書はそんな第一線の噺家、漫才師について書かれたものではなく、今のテレビで活躍する人気芸人との対談を挟みながら、著者の見聞きした逸話をもとに語る人生論です。

対談で出てくる芸人は、岡村隆史(ナインティナイン)、西野亮廣(キングコング)、山里亮太(南海キャンディーズ)、村本大輔(ウーマンラッシュアワー)であり、最後に現在の吉本興業社長の大﨑洋氏が登場します。

  • 第一章 人は誰かに生かされている
  • 第二章 人づきあいにも一手間かけて
  • 第三章 とにかくやってみる
  • 第四章 芸人の生きざまに学ぶ

という構成ですが、残念ながら読み応えは今一つというところでしょうか。

私は普段から色々な媒体でお笑いの人の言葉を見聞きしていたので、ナインティナインが著者の言葉でボケとツッコミを交代したとか、お笑いを目指すならばニュースを見るべき、など紹介されているエピソードの多くは、すでに聞いたことがある話だったのです。芸人の世界の裏話に対するミーハー的な興味もあり、もう少し目新しいことを期待していたので残念でした。また、主題の「生き残る力」にしても、少々抽象論に過ぎるかなという印象です。

それでも、各対談は面白かったし、画面の中では面白おかしく、何の苦労も見せていない芸人さんの、実際の苦労の一端を垣間見れたことは収穫だったでしょうか。

とはいえ、伝説と言われる講師の言葉ですから、その言葉にはやはり重みがあり、染み入ってくるものも十分にあります。私のような中途半端に笑いの世界の小ネタを知っている人間は、このネタも聞いたことがある、などと主題ではないところで関心を失ってしまい、素直ではありません。そうではなく、真っ白な気持ちで読む人には書の良さがより判るかもしれません。

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR