FC2ブログ

ラリイ・ニーヴン プロテクター


写真はありません。

本書も、直前に読んだ『プタヴの世界』と同じく、宇宙人が中心のSFです。今回は「幼生」「ブリーダー」「プロテクター」と成長の段階ごとに三種の異なる形態をとるパク人が登場します。子供の時期を過ぎるとブリーダーつまり繁殖者となり、子供を産み育て、繁殖能力がなくなると生命の樹の根を食べることでプロテクターになります。プロテクターになって始めて高度な知性と運動能力を得るのです。ただ、プロテクターは文字通り「守るもの」であって、一族の子供や近親者を保護することを生きる目的とし、その目的がなくなれば食欲を失い、死を迎えることになります。

プロテクターであるフスツポクは過去のパク人の軌跡をたどり、数万光年もの距離を越えて太陽系までやってきます。そこにベルター(小惑星帯の住人)であるブレナンが接触を図り、知らずに生命の樹の根を食べてしまい、プロテクター化してしまいます。フスツポクから様々な知識を授けられたブレナンは、人類を守るプロテクターとして宇宙を見張り続けます。そして、200年後・・・・。

『プタヴの世界』同様、本作品もスペースオペラタッチの物語でありながら、物語の根底が最先端科学知識の裏付けのもとに組み立てられているハードSFとして成立しています。

本作品も、やはり今一つ世界観に入れませんでした。『プタヴの世界』同様に、設定やストーリーそのものはまさにSFなのですが、何故かかつてのようにはのめり込めません。やはり文章そのものが素直に入ってこないのです。

そこで本書の翻訳者を見てみると中上守氏であり、小隅黎氏であはありませんでした。とくれば、やはり訳者の問題ではなくて作者であるニーヴンの文体そのものに違和感を覚えていると思った方が良さそうです。

近頃は日本の軽く読める小説に慣れ親しんでいるために、少々難解な表現などがあると入っていきにくくなっているのかもしれません。少々残念な気もしますが仕方ないでしょう。

ともあれ、個人的には若干の違和感を覚えてしまいましたが、ひと昔前のSF好きな人は殆ど読んでいる作品だと思います。それほどにファンも多い作品です。

ちなみに、本文庫の発行日時は昭和五十六年二月十五日三版発行、購入日は1982年10月20日(昭和57年)でした。こちらを先に読んでいたようです。

蛇足ですが、発行日が実際の出版日と一月ほどのずれがあるのは、第三種郵便の指定を受けている雑誌など、指定取り消しを恐れて早めに出版するので、それが慣行となり他の本でも一月ほどのずれが出てくることになったらしいです。

ラリイ・ニーヴン プタヴの世界


写真はありません。

直前に読んだ『へびつかい座ホットライン』はジョン・ヴァーリイの作りだした未来史である「八世界シリーズ」に属する作品でした。それに対し、本書はニーヴンによる未来史の「ノウンスペースシリーズ」に属する作品です。

「ノウンスペース」とは文字通り「既知の空域」という意味で、人類が進出した、若しくは探査が済んだ宇宙を意味します。このシリーズは殆どが短編として発表されているのですが、本書はこシリーズの最初の長編作品です。このほかの長編としては『地球からの贈り物』、『プロテクター』、そして最高の作品の一つと言われる『リングワールド』などがあります。

この「ノウンスペース」の特徴の一つとして、様々な宇宙人が登場することが挙げられます。本書でも、小柄ながらも一つ目で緑色の鱗の肌をしていて非常に醜悪な「スリント人」という宇宙人が登場します。

スリント人のクザノールは、自分の宇宙船の事故のため、宇宙服の停滞フィールドで時間を停止させた状態で救助を待つことにします。ところが、彼が目覚めたのは十五億年も経過した後の地球でした。そこではラリイ・グリーンバーグが宇宙人との接触を試みようとしていました。コンタクトの瞬間ラリイはクザノールの意識を取り込んでしまい、自身をスリント人だと思いこんでしまいます。しかし、脳は地球人であり他人を従わせる強い能力はありませんでした。そこで、自分の宇宙船を探しに出かけるのです。タイトルの「プタヴ」というのは、能力を失ったスリント人を意味します。

このシリーズはSFにはつきものの小道具が多彩なことでも知られています。本書にも出てくる「停滞フィールド」や、恒星間宇宙船として「バサード・ラムジェット」、パペッティア人の手による「絶対に壊れない宇宙船船の体」など多数あります。

ニーヴンはカリフォルニア大学で二年間数学を学んだり、他の大学で哲学、心理学を学んだりして突如SF作家になったそうです。ハードSF作家としての素地はその頃に培われたのでしょうか。

久しぶりの再読の印象は、少々読みにくく感じました。一つには昔の文庫本なので活字がとても小さく、今の大きな活字に慣れた年寄りにとっては結構負担がありました。

より本質的なこととしては、文章自体が読みにくく、一読しただけでは意味が伝わりにくい箇所がありました。本書の翻訳者は小隅黎氏です。この人の翻訳は他に『レンズマンシリーズ』やホーガンの著作などがあります。ホーガンの作品は先日再読したばかりですが、決して読みにくいことはなかったので(昔と訳者が変わっていることは無いと思います)、やはり、ニーヴンの文章そのものに癖があるのではないでしょうか。

解説を読んでいて思ったのですが、本シリーズはどこかスペースオペラタッチなのです。であるにも拘らずE・E・スミスらのような爽快感が今一つです。ハードSFとしての色合いが濃い小説なので、久しぶりに読んで戸惑ったのかもしれません。

しかし、物語のそのものは壮大なイマジネーションが駆使されていて、面白い作品であることは間違いありません。

本書も発行日時は昭和五十八年二月二十八日発行であり、私の購入日は1983年2月19日です。昭和五十八年は1983年ですから、殆ど発行されてすぐに購入しています。当時は本当によくSFを読んだものだとあらためて思います。

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR