中島 京子 小さいおうち


2015年2月27日に開かれた第38回日本アカデミー賞授賞式で、最優秀助演女優賞は黒木華(くろき はる)という女優さんが受賞され、その時の出演映画が「小さいおうち」という映画でした。そしてつい先日、いいタイミングでこの映画がテレビで放映されました。原作は直木賞を受賞した作品だということです。すぐに図書館で借りて来ました。

本書の主人公は、東京郊外の私鉄沿線の町に建てられた、赤い屋根を持つ洋館の平井家に奉公する、タキという名前の女中さんです。平井家の奥様の時子さんは、誰にでも愛される可愛い女性であり、タキさんともとても仲が良く、旦那様の平井雅樹氏、平井家の長男の5歳になる息子の恭一さんと共に、幸せに暮らしています。そこに旦那様の会社のデザイン部の社員である板倉正治さんが来るようになります。世情はだんだんきな臭くなる中、奥様は板倉正治さんと恋愛事件を起こすのです。

本書は、晩年のタキさんが、昔を思い起こしながら綴っているもので、少なくとも途中までは、この回想録を盗み見している妹の孫の健史を読者として書かれているようです。つまりはタキさんの一人称で語られる回想録なのです。

読了後、かつて見た『初恋のきた道』という映画を思い出していました。あのチャン・ツィーのデビュー作です。父の葬儀で田舎に帰ってきた息子は、小さくなってしまった母の初恋の話を思い出す、という映画でした。映像の美しさやチャン・ツィーのかわいらしい笑顔と共に、娘の一途な想いに感動を覚えたものです。本作品でも、ひとり寂しく亡くなった健史の大伯母であるタキさんの、回想録の中での活き活きとした娘時代の姿に、誰しも情熱を持って生きた歴史があるのだという思いを抱いたのです。

違うのは、本書の最終章です。最終章は一転して現代に飛び、健史の視点で語られています。そして、タキさんの回顧録を心ならずも検証することになるのですが、ここで語られていることは「哀切」とでも言うべき事柄で、先に映画を見ていたことが残念に思えてなりませんでした。

タキさんがあのような行動を取った理由や、ひいてはこの本、即ちタキさんの回想録自体の性質など、いくつもの疑問点がわいてきます。

ここまで記すのはネタバレかもしれませんが、友人の松岡睦子さんの言葉や、タキさん自身の言葉など、物語の随所にあらわれる時子という女性に対する賛美ともとれる文章を読んでいると、結局この本は単なる回想録ではなく、タキという女性の平井時子という女性に対するある種の想いを描いたもの、としか思えなくなりました。これは、作者の意図にそのまま乗っかった考えなのかもしれません。

文章は、タキさんの言葉という形ではあるものの、とても品が良く、読み易い文章です。時代の流れを一歩引いたところから、庶民の感覚でとらえています。健史に、タキさんの描写は時代の背景としての戦争を意識していない、と言わせ、現代からの視点を提示し、当時の一般庶民の感覚との差異を明示しているようです。

蛇足ながら、タイトルの「小さなおうち」、即ち本書と言ってもいいかもしれませんが、絵本の「ちいさいおうち」をモチーフにしているとは思いませんでした。幼い頃に読んだ記憶のあるあの絵本、どこで読んだのかも覚えていないのですが、心に残る良い絵本でした。

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR