夏川 草介 本を守ろうとする猫の話





『神様のカルテ』シリーズの夏川草介による、本を好きな人に贈る長編のファンタジー小説です。

「背は低めで、少し厚めの眼鏡をかけ、色白で無口で、運動神経が悪くて、格別得意な教科も好きなスポーツもないごく一般的な高校生である」夏木林太郎は、「町の片隅にある小さな古書店」である「夏木書店」を残して祖父が亡くなっため、叔母に引き取られることになりました。

引っ越しも間近なある日の暮れ、来る筈もない来客の合図のベルが鳴りますが、そこにいたのは一匹の、それもヒトの言葉を話すトラネコだけでした。でも、林太郎はこの猫に導かれて不思議な場所へと連れて行かれることになるのです。

第一話「閉じ込める者」は、「一万冊の本を読む人間よりも、二万冊本を読む人間のほうが価値が高い。」と言い切る男。
第二話「切りきざむ者」は、「走れメロス」は「メロスは激怒した」と要約する、読書の効率化を追求する男。
第三話「売りさばく者」は、「売れることがすべて」と言う、初老の紳士。
第四話は、学級委員長の柚木沙夜をさらい、これまで林太郎が解放してきた迷宮の現状を見せつける女。

以上の四つの話が収められていますが、どの物語も、作者の「本」に対する愛情が満ち満ちた物語です。

読書量こそすべてであり、読み終えた本はケースに並べておくという男も、読書の速度こそ大事であり、究極的な読書の効率化を目指す男も、結局は同じことを言っています。

それは、本の読み方の画一化であり、形骸化だと、突き詰めて言えばそういうことなのでしょう。それぞれの話で、「人を思う心」こそが本の力だと信じ、「本を好き」なことや、「本に対する愛情」について述べる林太郎は、作者の心でしょうし、本を好きと言っている私たちへの警鐘ともとらえることができます。

本音を言うと、本の読み方に色々と指図されたくない、という思いはあります。しかし、作者の言うことも勿論理解できるのです。読むべき本が古典から新作までたくさんあると私も思います。

本書の終わりに、「読んで難しいと感じたら、それは新しいことが書いてあるから難しい。」という一文があります。また、「読みやすいってことは、知っていることが書いてあるから読みやすい。」のだとも書いてありました。

よみやすいエンターテインメント小説ばかりを読み、人間そのものを考えるような文学作品を敬遠してきた私には耳の痛い言葉でもあり、それいいじゃないか、とも思います。前述の、指図されたくない思い、というのはそういうことです。

ここで、このブログでも何度も書いてきた、純文学と大衆文学との違いは何なのか、という点にまた戻り、やはり答えは分かりません。エンターテインメント小説と呼ばれる作品、それこそ漫画の中にでも心を打つ作品はあると今でも思っているのです。

この作品で述べられている四つの物語は、本を読む行為についての考察が詰め込まれた作品でもあり、つまりは私たち自身の読書のありようだよと、作者は言っているようでもあります。

もしかしたら、本をあまり読まない人ばかりでなく、本好きだと公言する人にこそ読んで欲しいのだと、作者は思っているのかもしれません。

夏川 草介 神様のカルテ 0


『神様のカルテ』シリーズの第四作目、『神様のカルテ』第一巻の前日譚が描かれています。時系列的には本書が最初に位置することになりますね。「有明」「彼岸過ぎまで」「神様のカルテ」「冬山記」の四作の短編が収められています。

「有明」 信濃大学医学部学生寮に暮らす、国家試験を前にした栗原一止、進藤辰也、砂山次郎、如月千夏たちの、ひと時を切り取った物語です。そこに、楠田重正という五十二歳の学生がいて、更に一学年下で辰也の恋人でもある草木まどかが加わります。帝都大学研修コースへの参加を惑う辰也、国家試験以前の卒業試験に悩む楠田、そして、本条病院への就職に悩む一止など、『神様のカルテ』シリーズにはおなじみのメンバーの青春記です。

「彼岸過ぎまで」 松本市の地域医療の中核を担う本庄病院に「24時間365日診療」の看板が掲げられた。赤字である病院経営を立て直すための方途の一つであるらしい。内科部長の板垣源蔵、内科副部長の内藤鴨一は複雑な面持ちでその看板を見やった。外科部長の乾と金庫番である事務長の金山弁次とは相容れず、いつも乾のどなり声が絶えない。しかし、金山事務長の能力は本庄病院の立て直しのみならず、医療そのものへの環境整備の意味合いをも持つものだった。

「神様のカルテ」 本庄病院の一年目の研修医である栗原一止が初めて迎える夏、既に「引きの栗原」の異名を賜っていた一止は國枝正彦という患者を担当することになった。内臓のあちこちに転移の進んだかなり進行した癌患者だという。しかし、國枝は治療の開始を待ってくれというのだった。

「冬山記」 一止の愛妻であるハルこと片島榛名のひと夏の山の物語です。これまで直接には焦点が当たってこなかったハルの知られざる一面が描かれています。片島榛名という本名はシリーズの最初にでも出てきたのでしょうが、この短編を読むまで忘れていました。

本作品はシリーズのサイドストーリーと位置付けられる物語です。一止を取り巻く人物の知られざる側面が描かれています。とはいえ、三話目の「神様のカルテ」などは一止が本庄病院に来るまでの話であり、本編の流れの中にある物語です。

シリーズのそれぞれの巻で地域医療、先端医療、終末医療と種々の問題を取り上げてはいます。でも、本書を読んでいると、このシリーズを通しての作者の本音は、一止に言わせている「困った人がいれば手をさし述べる場所であってほしい」という言葉にあると思えます。「医療の基本だそうですな」という板垣内科部長や、「一本取られたわ」という乾外科部長の台詞、そして「理想と現実のギャップ」を言うこの二人の医者の一止に対する期待は、はそのまま医者としての著者の言葉でもあるようです。「あえて悪意を持って評すれば、最大限に患者を受け入れて、最低限の治療をする。」という国の医療施策の流れの中での医者のあり方を問うているのでしょう。

そうした流れとは別に本書で気になった個所があります。それは、第三話の「神様のカルテ」の中にある、一止と患者の國枝正彦との「本」についての会話です。読書は未経験のことを追体験できる素晴らしいことだ、とはよく言われる言葉ですが、國枝氏はその先へと言葉を続け、本が教えてくれるのは正解ではなく、もっと別なことだと言うのです。

たくさんの人生を体験できるということは、それはたくさんの人の気持ちもわかるようになるということだ。そして、人の気持ちがわかると優しい人間になれる。優しいということは弱さではない。相手が何を考えているのか考える力を「優しさ」というのだ。最後に國枝氏は一止に言います。「しかし、優しい人は苦労します。」

こうした本に出会うことが本を読むことの喜びだと痛切に思います。

夏川 草介 神様のカルテ 3


内科医の栗原一止(くりはらいちと)の勤める本庄病院は、信州松本の地域医療の一端を担う、基幹病院の一つであり、24時間365日、悲鳴と怒号と叱声の中にあった。そのなかで我が主人公栗原一止は、変わらずに漱石を愛読し、そして、ただひたすらに患者と向き合う日々を送っていた。

本作品は「夏祭り」「秋時雨」「冬銀河」「大晦日」「宴」という、全部で五つの章建てとなっています。その前後には、一止が珍しく得ることの出来たささやかな、しかしいつもの通りすぐに破られる休息の時間を描いたプロローグがあり、最後は、まさに貴重な五日間の連休を得た一止が、久しぶりに帰ってきた学士さんと共にコーヒーを喫しようとするエピローグで終わっています。そして、この物語の始まりにも終わりにも、一止の隣には愛妻のハルがいるのです。この構成は本書の内容を端的に表しているとも言えます。つまり、本作品は一止の転機の物語であると同時に、思いやりにあふれた夫婦の物語でもある、と思うのです。

本作は、今までの作品の中で一番内容が充実しているように感じました。これまでの作品と同じく、命の危険がある患者さんとの直接的な関わりの中で、医療と人の命との問題を考える側面も確かにあります。しかし、全体を貫いているのは、勿論医療の素人である私達には、考える余地すらないと思われるテーマです。詳しくは本書を読んで頂くしかないのですが、端的に言うと、患者のために自らの時間を削ってでも尽くす医者が否定される理由があるかということです。

その問題は、新しく本庄病院の消化器内科にやってきた小幡奈美先生によって一止に突きつけられます。消化器内科部長である大狸先生の教え子であり、十二年目のベテラン医師である小幡先生が一止に対し言った言葉、それが本書の惹句にも書いてある、「自己満足で患者のそばにいるなんて、信じられない偽善者よ」という言葉であり、本書で一止に突きつけられた問題なのです。この問題は、本シリーズを貫いているテーマとも言えるのでしょう。というのも本シリーズの一作目で大学病院からの誘いを一度は断っている一止なのです。「医師という職責の重さ」を真摯に見つめる一止の姿がそこにはあります。

このシリーズの魅力は、まずは一止の患者に対する真摯な態度にあると思うのですが、それと共に登場人物が皆善人であることも大きいかもしれません。更には、全編を貫く少々古臭い言い廻しによって四季折々の風景が語られ、落ち着いた雰囲気を醸し出していることと共に、全編にわたって展開される会話の魅力が大きいと思います。病院内での切れ者の看護師同士、患者さんたちとの会話もそうです。どれもウィットにとんでいるとともに愛情にあふれているのです。

だからこそ、第二章の終わりで交わされる患者の榊原さんとの会話でも感動を覚えるのだと思います。普通は会話の最中に『ジャン・クリストフ』など引用されても、周りは引くばかりでしょう。確かに、高尚な文学を引用しても違和感のない登場人物という設定もうまいのでしょうが、何よりも、誰しもが持っている他者へのいたわりの感情が上手く表現されているからではないでしょうか。

冒頭に書いたように、本書では随所で記される、ハルとの心の通い合いが見事です。本書自体が浮世離れしていると言えばそれまでなのですが、それでも夫婦のあり方として理想的でしょう。こうした人と人とのあたたかな繋がりが全編を覆っています。読後感の爽やかなこと。このような物語は心が洗われます。

本書では一止に一大転機が訪れます。まさかシリーズが終わることは無いと思うのですが、終わってもおかしくない幕切れなのです。このシリーズが更に続くことを願うばかりです。

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR