諸田 玲子 きりきり舞い


江戸の町を舞台に、十返舎一九や葛飾北斎という奇人で知られる男達の、これまた勝気な娘たちが繰り広げる人情喜劇です。

戯作者十返舎一九の娘“舞”は見目うるわしい小町娘なのだが、もう十八歳。そろそろ嫁に行くことを真剣に考えないと、行き遅れてしまう。しかし、舞の父親は片端から娘の縁談話を壊すしかしない男だった。そこに今井尚武という浪人が居候として転がり込んできた。更には葛飾北斎の娘“お栄”が、いつものように亭主と喧嘩をして家を飛び出し転がり込んでくる。舞は自分の嫁入り先を探すこともままならず、ただこれら変人たちの惹きおこす騒動に巻き込まれるばかりだった。

この作者の作品は始めて読みました。よく目にする名前でしたので、それなりの期待を持って読んだのですが、期待にこたえているとは言いにくい作品でした。

なによりも、十返舎一九や葛飾北斎の娘たちが主人公だとのうたい文句に惹かれて読んでみたのですが、とくにお栄に関しては、単純に我がまま娘としか思えませんでした。よく言われる奇人北斎の娘の奇矯な側面しか見えていないのです。確かに全くの我がまま娘というわけではない描写もあるにはあるのですが、それにしても、この娘の存在意義はよく分かりません。

更に言えば、舞にしても、わがままなお栄に振り回されるだけのようで、少々物足りない感じしか受けませんでした。お栄に振り回されるにしても、単純に言われたことをやるだけではなく、もう少しやらざるを得ない状況でも作ってくれれば、少しは違ったのかもしれません。

まあ、後半になると、今井尚武の出自などに絡み、よくは分かっていなかった一九の出自も次第に明らかになったりと、すこしは物語が動いて、興味も出て来ましたが、それにしても全体的に何を言いたいのかはっきりとしない、あいまいな物語でした。

確かに、文章は読み易く、それなりにユーモラスではあるのですが、他のしっかりと書き込まれている人情時代ものと比較すると、どうしても一歩引いてしまうのです。

あと、数作はこの作者の作品を読んでみようかとは思いますが、そのあともう一度考えて見ましょう。

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR