伊坂 幸太郎 終末のフール


全部で八編の短編からなる、連作、と言ってもよさそうな短編集です。というのも、各短編そのものは独立していながら、舞台は仙台北部の団地「ヒルズタウン」の住民たちの物語として、共通の世界を持ち、また相互に夫々の物語の主人公が登場したりするからです。

非常に読み易い小説でした。そして、まずは状況設定が上手いと思いました。

つまり、三年後には小惑星の衝突により地球は滅亡します。すなわち、登場人物全員の命は後三年しかありません。でもその事実が分かってから既に五年が過ぎているので、自暴自棄になった人々のパニックも収まりを見せ、それなりの平穏を取り戻した社会です。ということは、通常の平穏な日常の中で、皆の三年後の死が確実な場合の、普通の人達の生き様はどのようなものか、が語られるのです。

一番最初の「終末のフール」では、全く普通の夫婦と娘の関係が語られます。父親は母親に、何かにつけ「馬鹿」と言い続けています。娘はそれに反発し、家を出て行きました。その娘が数年振りに帰ってくるのです。この父親は息子に対しても「馬鹿」、「出来そこない」と言い続けていました。息子はそのことが原因なのか、地下鉄に飛び込んで10年前に死亡しています。娘が帰ってくるのは、息子の葬儀の二カ月前に出て行ってからは、葬儀の時に顔を見せたとき以来なのです。そして、娘は帰ってきました。この親子の間ではどのような会話が交わされるのでしょう。

理由は重いですが、普通の家庭の親子喧嘩です。それが、みんなあと三年の命しか無い中で、久しぶりの親子の会話が交わされます。そこで繰り広げられるものの決定打は、馬鹿と言い続けられてきた母親の一言でした。

こう書いてくると重く暗い話のようですが、決して重くも暗くもないホームドラマです。この物語に限って言えば、三年の猶予期間の設定はあまり意味がないように思いました。でも、よく読んでみると、そうではないようです。最後の娘の言葉「三年もある」という言葉を父親は重く受け止めます。そして、物語は小さな感動を残してくれました。その感動は、みんなの命についての三年という限定の中での、母親の明るさに対する敬意でもあります。

この次の「太陽のシール」は不妊で悩んでいた夫婦が、三年という期間を区切らられた現在になって、奇跡的に妊娠する夫婦の話です。この夫婦の設定がまた上手いと感心してしまいました。

「選択できるというのは、むしら、つらいことだと思う。」と始まるこの短編は、何事にも優柔不断な男に、未来の無い世界でやっと授かった赤ちゃんを産んでいいものなのか、という選択を迫るのです。そして、優柔不断な男を責めるでもなく、そっと寄り添う妻。奇妙な夫婦の物語です。

このような爽やかともとれる話が八編詰まった短編集です。そして、この作家の物語の作り方のうまさが目立つ作品集です。「今日を生きることの意味を知る物語。」とは惹句に書いてある文句ですが、まさにその通りの物語集でした。

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR