中村 彰彦 新選組秘帖


新選組の、他の作者の作品ではまず描かれることもない、初めて聞くような隊員らを主人公とする、新しい切り口の新選組の物語です。

「輪違屋の客」 主人公の名は加納惣三郎といいますが、これまでこの人物の存在は知りませんでした。しかし、大島渚監督の映画『御法度』の原作ともなった、司馬遼太郎の短編集『新選組血風録』の中の「前髪の惣三郎」でも登場するそうです。作品はどうも、今一つ入り込めませんでした。

「密偵きたる」 この章の主人公、松山幾之介も知りませんでした。「足利三将軍梟首事件」の犯人の探索のために、岡山に送り込まれた松山幾之介の顛末が描かれています。新選組の記録には残っていないそうで、しかしながら松山幾之助を殺害した犯人の氏名も判っているというのですから、理由が分かりません。

「ふらつき愛之助」 伊藤源助こと加藤愛之助の、成り行きに任せた人生の物語です。当初、新選組に入隊希望者として現れますが、永倉新八とのやり取りの末に入隊を断られます。その後薩摩藩邸に食客として潜り込むことに成功する。その後国事に奔走する志士として活躍するのだが・・・。ユーモラスに、しかしどことなく哀しみの漂う物語です。

「近藤勇を撃った男」 近藤勇が高台寺党の残党により銃撃を受けた事件は有名ですが、その事件の銃撃犯が本章の主人公富山弥兵衛です。著者の『あとがき』によると、「かれの凄まじい最後は、だれかがきちんと書いておくべきだ、と考えた」のだそうです。

「忠助の赤いふんどし」 近藤勇、土方歳三の馬丁であったという忠助の物語。原稿用紙10枚の、「コントとして楽しく書いた」作品。

「巨体倒るとも」 島田魁という名前は新選組の監察として聞いてはいましたが、その生涯は全く知りませんでした。明治維新後も生きのびた新撰組隊士は数人いますが、島田魁もその一人です。著者の長編『いつの日か還る』の一部として組み入れられていると、あとがきにありました。

「五稜郭の夕日」 土方歳三が五稜郭で散る際に、若き隊士に土方の故郷までの言伝を頼んだことは知っていました。私が知らなかったその若き隊士が、本編の主人公市村鉄之助です。市村鉄之助については単に、この伝言役としか理解していませんでしたが、その後の市村鉄之助について、少しですが書かれています。当時の若者の心情を思いやると、切なくなりますね。

「明治四年黒谷の私闘」 著者のあとがきには、橋本皆助改め水野八郎が「何者かに腹部を刺されて死亡したことは事実です。」とありますが、ネットで見るとこの点には異論があり、病死説、暗殺説など色々あるようです。ともあれ、水野八郎の死亡の原因を、これまた種々の説がある原田左之助生存説と絡めて構築した物語となっています。

「明治新撰組」 相馬主計のち相馬主殿と称しています。箱館戦争で土方亡き後、恭順書に隊長として書名をしたところから、新選組最後の隊長と呼ばれたそうです。この人は最後は、切腹により亡くなられたことは事実のようですが、そのいきさつが全く不明であり、そこを作者が創作したのが本作品だとありました。

他の小説では名前すら出てこないような人々を中心に据えて、それらの人々そのものを描き出そうとした試みは斬新です。

当初は資料を駆使した、結構細かな文章表現に何となくの違和感を覚え、読みにくさを感じていたのです。しかし、次第にこの作者の雰囲気に慣れたのでしょうか、読み応えを感じるようになりました。新選組の物語は好きな人にはたまらない一冊だと思います。この作家を知らなかった私ですが、他の作品も読んでみようと思います。

なお、この本を紹介頂いたのは新選組専門のサイト「新選組の本を読む ~誠の栞~」の東屋梢風さんであり、この文章を書くにあたり参考にさせて頂きました。有難うございました。

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR