朱川 湊人 月蝕楽園


様々な愛の形を描いた、「みつばち心中」「噛む金魚」「夢見た蜥蜴」「眠れない猿」「孔雀墜落」の5つの短編からなる小説集です。本の帯には「直木賞作家が描く究極の愛。至上の恋愛小説集。」とありました。しかし、普通の恋愛小説だと思うと、裏切られます。

「みつばち心中」 とある会社のお局様の立場にいる女性が、同僚女性の指に恋をしてしまうお話。単なるフェティシズムと言ってしまえばそれまでなのですが、そう単純には終わらないのがこの作家の魅力だと思います。この短編は、若干のホラーの雰囲気を漂わせており、その結末のオチも含め、本書の中では一番の好みでした。

「噛む金魚」 歯科医の妻である主人公は、「他の女性よりも多くのものを持っている自分が、肝心のものを持っていない」ことは、女として欠けているのではないかと考え、ある行動に出るのですが・・・。

「夢見た蜥蜴」 この作品集の中では一番ホラー小説らしいホラーです。少々グロテスクではありますが、物語としては意外性もあって、引き込まれました。

「眠れない猿」 自分に自信をもてない男と、その恋人。そしてその恋人の過去を知る男達の物語。自分の容姿にコンプレックスを持つ男の意外な行動は、私の好みからは外れた物語でした。

「孔雀墜落」 性同一性障害に苦しむ一人の男の苦悩を、その姉の視点で描き出す物語です。

以前読んだ『かたみ歌』『銀河に口笛』は、共にこの作家の特徴として言われる、ノスタルジー感溢れる物語でした。特に『かたみ歌』はノスタルジックホラーそのものであり、本書も含め私が読んだ作品の中では一番好きな作品です。しかし、本書はホラーではあるものの、ノスタルジー感は無く、その雰囲気を期待する読者にはかなり期待外れになるでしょう。

作者は本作品についてのインタビューの中で、「ボタンを掛け違った中でも何とか幸せを探す人の愛情の形を全否定するのも酷だと思う。その不寛容さが人間から切ない感情すら奪ってるように僕には思えて、せめて自分の小説では来世でもいいから、彼らなりの幸せや居場所を書いておきたかったんです」と述べています。

本書を読みながら、作者はどういう理由でこれらの物語を書いたのか、がとても気になっていましたが、上記にその答えがあった訳です。でも、本書の各作品が、本当に「ボタンを掛け違っ」てしまった人達の居場所を作ることになるのか、よく分かりませんでした。

1、2の作品を除いては、決して私の好みの物語ではありません。やはりこの作家は『かたみ歌』の、どことなく感傷が入っているあの世界観の物語がいい、と思い、そうした作品を読みたいと思ってしまいました。

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR