原 尞 愚か者死すべし

愚か者死すべし愚か者死すべし
(2004/11/25)
原 リョウ

商品詳細を見る

愚か者死すべし 早川書房 本書は沢崎シリーズの、第二期のスタートを告げる作品。大晦日、新宿署地下駐車場に轟いた二発の銃声とともに、沢崎の新たな活躍が始まる。(AMAZON内容紹介)

昔この作者というかこのシリーズは読んだことがある筈なのだけれど、どうも違和感を感じてしまう。主人公の沢崎に感情移入できない。

東直巳という割と読み易いハードボイルドを読んだばかりだからかもしれない。

主人公の行動の細かな描写などをみると、ハードボイルドという点ではこの本の方が本流なのかもしれない。しかし、北方謙三、志水辰夫、東直巳と続く、わりとテンポがあって読み易い文章の流れに慣れた身としては若干距離を置いてしまう。

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR