FC2ブログ

野口 卓 ふたたびの園瀬 軍鶏侍


「軍鶏侍」シリーズの第五弾です。「新しい風」「ふたたびの園瀬」「黄金丸」の三編が収められています。

「新しい風」 源太夫の息子市蔵が実の親のことで家を飛び出した折に、出先で市蔵と共にいたのが亀吉だった。その亀吉が軍鶏に魅せられ、岩倉道場に下働きとして加わることになる。

「ふたたびの園瀬」 岩倉道場師範代の東野才二郎は、芦原讃岐の命で出た江戸で、源太夫の親友である秋山精十郎の子の園がチンピラに絡まれているところを助ける。かつて園瀬藩に行き、いつも園瀬藩のことを思っていた園であったが、その偶然は二人の仲を急速に近づけるのだった。
本シリーズの第二巻の「青田風」で登場した園が再び登場します。若干、二人の結びつきが唐突に過ぎる感じが無きにしも非ずではありますが、園瀬の風景と共に爽やかさが薫る物語になっています。

「黄金丸」 ある日岩倉道場に、軍鶏を入れた小さめの駕籠を下げた鳥飼唐輔という浪人がやってきた。その浪人は源太夫との立ち合いを望むが、問題はその連れている軍鶏の素晴らしさだった。
「軍鶏侍」シリーズの面目躍如といった、まさに軍鶏を中心としたお話です。

本書には二つの短編と一つの中編が収められている、と言ったほうが良いのかもしれません。「新しい風」は岩倉道場の新顔としての亀吉の物語ではあるのですが、「黄金丸」とともに軍鶏に絡んだ話です。それに対し「ふたたびの園瀬」は、岩倉道場の師範代である東野才二郎の嫁取りの物語で、若干長めの物語です。

このシリーズを読み続けていて、若干の欠点(それは瑕瑾というほどのものでもないと思うのですが)を挙げるとすれば、それはそれぞれの話においての決着のつき方が少々簡単にすぎる、話が都合よく進みすぎる場合がある、ということかもしれません。

本書の「ふたたびの園瀬」では東野才二郎と園との結びつきが描かれていますが、二人の出会いが江戸という大都会で出会うという偶然に頼った話ですし、そもそも二人が恋に落ちる展開もまさに一目ぼれ同士とはいえ、読者によっては簡単に過ぎると思いかねない展開です。実際、少々都合が良すぎる話だ、とは私も思ったものです。でも、そのことを考慮してもなお、この瑞々しい物語のあり様が良いと思うのです。

これまでも、一人悩んでいる岩倉道場の弟子について、何らかの出来事に助けられて弟子自らが解決する話など、源太夫が乗り出すまでもない話などもありました。しかし、その話でさえもひとりの若者の成長していく姿をあたたかく見守る師匠の話としては何の問題もないとも言え、やはり指摘する程のものでもないと思うのです。

つまりは、あえて欠点としてあげつらうことの程ではない、と言うべきなのでしょう。情感豊かに展開されるこの物語を、ただひたすらに楽しみたいと思います。

野口 卓 水を出る 軍鶏侍


「軍鶏侍」シリーズの第四弾です。「道教え」「語る男」「口に含んだ山桃は」「水を出る」の四編が収められています。園瀬藩の暮らしが情感豊かに語られるこのシリーズも、巻を重ねるにつれ更に安定感が増し、シリーズとして落ち着いた形が出来上がりつつあるようです。

「道教え」 源太夫の師匠である下駄の師匠こと日向主水は病の床にあった。その枕もとにはかつて源太夫と共に日向道場で学んだ仲間たちが坐していた。かつて日向道場に通う時に見たハンミョウ(斑猫)又の名を「道教え」をモチーフに、死を間近にした母の望みを断ち切ったと、ひとり悩む弟子を見守り、導く源太夫の姿が描かれます。

「語る男」 突然、源太夫が江戸勤番のおりの椿道場での相弟子であった榊原佐馬之助が訪ねてきた。かつての面影はさらになく、今は乾坤斎夢庵と名乗る軍記読みとなっていた。この夢庵が、園瀬藩にとっての大事件をもたらすことになるのだった。

「口に含んだ山桃は」 源太夫は岩倉道場の高弟である柏崎数馬から、源太夫の道場に学ぶ黒沢繁太郎が、同じ弟子の小柳録之助の妹の色香に迷い、道を踏み外そうとしている、との相談を受けた。その話の裏には園瀬藩の改革につながる複雑な事情もあったのだが、男女のことには疎い源太夫はその処置に悩むのだった。

「水を出る」 源太夫の息子市蔵が自らの出生の秘密を誰かから吹きこまれたらしい。源之丞がかつて打ち取った男の子が市蔵だったのだ。ひとり思い悩む市蔵だったが、ある日出奔してしまう。そこに下男の権助が、何か心当たりがあるらしく、旦那様夫婦は普通どおりにしておいてくれと言うのだった。

道場主として、また父親として、更には剣士として、また園瀬藩改革の一員として、源太夫の周りは様々な問題が巻き起こるのです。改革もひと落ちつきし、平和な日々が続く園瀬藩です。そこにこのシリーズの今後の展開にも問題になりそうな、幕府の隠密の影がちらつき始めます。

今回は幕府隠密の問題の話と、弟子の問題が二話、そして自分の子の話が一話です。そのそれぞれの話に、園瀬藩の美しい情景がおりこまれ、物語の背景が空間的にも大きな広がりを見せて展開されます。先にも書いたように、シリーズが進むごとに情緒豊かな物語に奥行きが増していき、話としてより安定してきています。

近頃、時代劇で楽しみな作品が増えてきていると感じるのですが、どちらかというと痛快活劇調が多いようです。葉室麟や青山文平といった作品のように、じっくりと構えて読みこむほどではないのですが、それでもなお情緒豊かに、ゆったりとした余韻をもたらす作品はそうはないと思います。本シリーズはそうした意味でも大切にしておきたい作品です。

野口 卓 遊び奉行


この作者の『軍鶏侍』の番外編的位置づけの作品。それでいて、独立した物語として肩が凝らずに楽しく読める物語でした。

園瀬藩主斉雅の長子ではあるが、妾腹の子であるために藩主のあとは継げない亀松は、園瀬藩家老九頭目伊豆の婿養子として一亀を名乗り園瀬に国入りすることになる。しかし、そこでは藩政改革のためにと一亀をまつりあげようとする集まりが持たれていた。

さすが『軍鶏侍』の書き手の作品で、同じ園瀬藩を舞台にした非常に読みやすい作品だと思いながら読み進めていると、どうも何か変だと思えてきました。『軍鶏侍』と舞台が一緒なのです。単に園瀬藩という土地が同じということではなく、話の内容が同じです。よく読んでみると、『軍鶏侍』で岩倉源太夫は園瀬藩の政争に巻き込まれますが、その政争を別な視点で描いた物語だったのです。

ただ『軍鶏侍』での園瀬藩の藩主が、本書と同じ「九頭目隆頼」だったことはメモにもあり間違いはありません。しかし、肝心の九頭目一亀という名前は覚えが無いのです。もしかしたら出てきていたのかもしれませんが、少なくとも今は覚えていません。

勿論、本書にも軍鶏侍としての岩倉源太夫の名前も出てきます。そして、岩倉源太夫の仕事の内容が、本書からの視点として語られています。

本書で一番記憶に残ったのは園瀬の盆踊りのことでしょう。本書でかなり詳しく描写してあるその踊りは、つまりは「阿波踊り」のようです。読んでいると「阿波踊り」の美しさが蘇ってきました。いつかは実際に見てみたいと思っていた踊りです。あの男踊りの勇壮さ、女踊りのたおやかさは、他の祭りでは見られない絶妙な美しさがあります。

架空の藩ではありますが、園瀬藩を舞台にした藩の主導権争いが描かれています。物語自体は特別な筋立てがあるわけでもなく、普通の物語です。ただ、園瀬という舞台の描写は美しく、それに前述の踊りが筋立て上も重要な出来事として描かれています。

園瀬藩も、藤沢周平の海坂藩のような、読者にも親しみを持たれる架空の舞台として成長していくでしょうし、成長してもらいたいものです。

野口 卓 飛翔


「軍鶏侍」シリーズの第三弾です。「名札」「咬ませ」「巣立ち」の三編が収められています。すでに前巻で著者の世界観が出来上がっているように感じたのは間違いではなかったようです。本作でも、その世界観に則った物語が展開されています

「名札」 今の源太夫の道場には、源太夫を闇討ちしようとして返り討ちにあった道場主の弟子たちも多数通ってきている。その中の数人が実力に応じた名札順になっていないと不平を言っているらしい。そこで源太夫は一計を案じるが・・・。

「咬ませ」 軍鶏侍の名の由来でもある軍鶏。その若鶏を、何とか早く自信も技も身につけさせたい、と願った源太夫は、下僕の権助の助言に従い、強く美しい軍鶏を具現化したような、名鶏の「義経」を“咬ませ”として戦わせようとするのだった。

「巣立ち」 第一巻の『軍鶏侍』の三話目「夏の終わり」で語られた、今では「若軍鶏」と呼ばれる大村圭二郎の物語です。圭二郎の父親は自らの不正がばれ、自刃したことになっていたが、それが冤罪であったことが判明する。源太夫は仇を討とうとする圭二郎をおさえ、仇打ちが叶うだけの力量をつけさせるとともに、師匠としてできることを模索するのだった。

前巻でも書いたのですが、当初感じた藤沢周平と似た雰囲気を持つ作家、という印象からは離れ、独自の世界観を確立している作家さんと言いきってよさそうです。それは藤沢周平のような独自性を持った作家へ成長する大きな可能性を感じさせる、ということで、多くの人が同じように評価しているようです。

ただ、当然のことではあるのですが、話によって若干の出来不出来もあり、本書の場合、「名札」の出来は決していいとは感じませんでした。このシリーズの中では物語の展開や、人物の造詣に深みを感じにくい作品ではないでしょうか。

とはいえ、相当に書きこまれた作家さんであるかのような落ち着いた作風は感じます。まだ他のシリーズを読んでいないので、早く読んでみたいと思います。

野口 卓 獺祭


「軍鶏侍」シリーズの第二弾で、前作に劣らずのそれなりに読み応えのある連作の短編集です。「獺祭(だっさい)」「軍鶏(しゃも)と矮鶏(ちゃぼ)」「岐路」「青田風」の4編が収められています。

「獺祭(だっさい)」 本書の表題にもなっている「獺祭」とは、デジタル大辞泉によりますと「カワウソが自分のとった魚を並べること。」とあります。つまりは「手持ちの札をすべて並べて見せる」ことであり、源太夫が教え子を指導するに際し、碁仇である正願寺の恵海和尚から言われた言葉です。弟子を取られたと思い込んだ他の道場主に闇討ちを仕掛けられた源太夫は、彼らとの立ち合いにおいて秘剣蹴殺しを使います。秘剣を使う自分の姿を弟子たちに見せようとするのです。

「軍鶏(しゃも)と矮鶏(ちゃぼ)」 源太夫は、下僕の権助が連れてきた太物問屋の結城屋の隠居である、惣兵衛という軍鶏仲間を得ます。一方、自分の弟子である森正造という9歳の少年が、見事な軍鶏の絵を描く姿を見かけ、彼のために絵の勉強ができるように奔走しようとします。しかし、そこには思いもかけない障害が待ち受けていました。

「岐路」 源太夫は、自分が討ち果たした立川彦蔵の月命日の墓参には、彦蔵に殺された彦蔵の妻の弟の狭間銕之丞を連れて行っていたが、その折に銕之丞は古くからの知己らしいひとりの娘と出会う。また、弟子のひとりの田貝忠吾が生彩を欠いているのも気になっていたが、どうも女性の絡んだ事柄で屈託を抱えているらしい。朴念仁の源太夫にはどちらも手に余る事柄だった。

「青田風」 自らの手で討ち果たした、親友であった秋山精十郎の子の園が、義父の湯島の勝五郎と共に園瀬藩までやってきた。その陰には精十郎を嫌いぬいていた精十郎の長兄、秋山勢右衛門の企みがあった。

本作においても前作同様の面白さが維持されています。ただ、前作で感じたどこか藤沢周平を思わせる雰囲気は、本作ではあまり感じませんでした。前作は野口卓という作家を始めて読んだことでもあり、設定が藤沢周平のそれと似通っていたこともあってそう感じたのでしょう。

しかし、本作では軍鶏をモチーフとした設定にも慣れ、岩倉源太夫という主人公の佇まいもそれなりに得心して読み進めることができたため、より本作の世界に入れたのだと思います。そうしてみると、本作の世界観はとても入りやすく、また読みやすい物語でもあります。

連作短編という形式ではあっても、実際は長編と言ってもよい内容です。実際、第一話の「獺祭」で交わされた「秘剣蹴殺し」を見せるという約束は、第四話の「青田風」で果たされます。決して剣劇の場面の描写がうまい印象はないのですが、物語自体が剣劇そのものではなく、そこに至る過程にこそ重きが置かれていると思えます。

文芸評論家の細谷正光氏は「剣豪小説」と言いきっておられます。ただ、「そこに収まりきれない広がりを持っている」とも書いておられるのです。

また、楽しみな時代小説作家が増えたと、心躍るばかりです。

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR