ジェイムズ・ダシュナー メイズ・ランナー (2) 砂漠の迷宮


メイズ・ランナー三部作の二作目です。前作である第一部目の作品からすると、個人的な興味、興奮度は下がったとしか言えない作品でした。

前作で迷路から脱出し、文明社会に戻ってきたはずのトーマスたちだったが、目覚めるとテレサは行方不明であり、部屋にはひとりの男が本を読んでいるだけだった。その男によると、これまでは第一段階の試験であり、更に困難な第二段階の試験が待っているという。その試験とは、外へ出て真北約160Kmの地点にあるセーフ・ヘブン(安全地帯)に二週間以内にたどり着く、ただそれだけのことだと言うのだ。ただ、トーマスたちはフレアという病に感染させられており、セーフ・ヘブンで治療してもらわなければ死を迎えるのみらしい。しかし、踏み出した外の世界は白熱の太陽に照らされた灼熱の世界であり、息をするのも苦しいほどの世界だった。

前巻で共に脱出してきた仲間と共に新たな冒険が始まります。しかし、本シリーズの、太陽フレアに襲われた世界であることや、その世界を救うべく設立されたWICKEDという機関、などの物語の背景はすでに示されていて謎でも何でもなく、やはり第一巻目の持っていたインパクトは当然のことながらありません。

更には、第一巻目の物語の舞台が、巨大な「迷路」で囲まれた子供たちだけしか存在しない限定された世界、という点も大きなインパクトだったと思いますが、その舞台も使えないために、物語の持っていた大きな謎も、その大部分が無いことになります。

しかしながら、本作品が面白くないというわけではありません。ただ単に前作ほどの衝撃はないというだけです。まあ、その点が重要なのではありますが、本作品ではWICKEDという機関そのものに対する謎は残っていますし、更にはトーマスとテレパシーでの意思疎通が可能だったテレサの存在がより大きなものとして現れます。また、新たな仲間も加わり、灼熱の荒野、廃墟を進む冒険譚が繰り広げられるのです。

この冒険譚では、フレアという病を抱えた人類が主人公たちの進行を妨害する敵として現れます。このフレアに罹った人たちが、存在がゾンビのもつイメージと変わるところが無く、個人的には残念な設定ではありました。とはいえ、フレアという病の存在がトーマスたちの生存にも関わってくるわけで、それなりの意味は持っています。

総じて、第一巻目ほどの衝撃や魅力には欠けるけれども、シリーズを通して設けられているWICKEDという機関の持つ謎や、主人公たちが挑戦させられる「試験」そのものの持つ意味、トーマスがたまに見せる過去の記憶、テレサとの関係などの謎は相変わらずに読者を引っ張ってくれます。ヤングアダルト向け小説ではあっても、冒険小説として、またSF小説として十二分に読むに値する物語だと思います。

ジェイムズ・ダシュナー メイズ・ランナー


この本は掘り出しものでした。私の好みに正面からはまった物語を見つけたと感じます。

少年は古い炭鉱にあるようなエレベーターの中で目を覚ました。覚えているのは自分の名前がトーマスということだけ。ようやく上昇が終わると、そこは周囲を巨大な壁で囲われた巨大な広場だった。少年は巨大な壁にある扉の先には迷路しかないことを知る。ここはどこなのか、迷路は何のために存在するのか、少年の冒険が始まる。

痛快冒険小説の見本のような小説です。文庫本で533頁という、決して短いとは言えない物語なのですが、途中でやめることができず一気に読み終えてしまいました。それほどに興奮する小説です。よく書きこまれた重厚な物語を探している方には向いておらず、単純に冒険物語の世界観に浸りたい人のための物語です。

この本にはお色気は全くなく、暴力もほとんど、少年たちの同士のけんかくらいしかありません。あるのは、迷路の中にいる生物とも機械ともつかない生き物との闘争だけです。一部にほんの少しだけ、若干不気味な描写が無くはないのですが、それも取り立てて言うほどのものではないでしょう。

物語はこの世界に存在する謎の解明に向かって疾走します。最初は少しずつこの世界の説明があり、読者がこの世界の環境に慣れてくる頃に、この世界では初めての二日連続の新人の登場という状況に放り込まれます。そして、その新たな新人は女の子であり、女の子の存在自体がこの世界では初めてなのです。

この調子で、世界の説明、新たな謎、迷路の説明、迷路についての新たな謎などというように、読者の関心を上手に捕まえながら、その先の展開へと読者の関心を惹きつけて離しません。

そもそも本書はヤングアダルト向けSFスリラー小説として2009年にアメリカで発表されたそうです。あとがきを書いている本書も訳されている田内志文氏によりますと、作者のジェイムズ・ダシュナーという人は2003年に作家デビューし、作品も2015年の現在までに刊行予定のものも含めると18作もあると言いますから、「ものすごいペース」なのだそうです。

私が本書を知ったのは、既に映画化されているその予告編を見て面白そうと思ったからなのです。迫力ある画面、主人公である若者らの疾走感、何よりも迷路からの脱出というそのコンセプトに惹かれたからでした。

続編を読みたいと図書館を検索したのですが今のところまだありません、と書いたのが10日ほど前。2015年10月の下旬には入っていて、早速予約しました。映画も、DVDのレンタルで安くなったら必ず見ることでしょう。

ノンストップホラーや痛快アクション小説が好きな方ならば必ずはまるでしょう。面白さは間違いないと思います。

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR