FC2ブログ

相場 英雄 震える牛

震える牛 (小学館文庫)震える牛 (小学館文庫)
(2013/05/08)
相場 英雄

商品詳細を見る

警視庁捜査一課継続捜査班に勤務する主人公の田川は、居酒屋強盗殺人事件を担当することとなった。ミスの目立つ初動捜査を調べ直すうち、今では上司でもある初動捜査の担当刑事との確執や、日本の物流の内幕をも暴きだすこととなる。

確かに、本作の一刑事の執念が殺人事件の解決を通じて現代社会の構造的な欠陥を暴きだす、という側面は、同様に時間を解決していく中で日本の負の歴史を暴きだした「砂の器」に通じるところが無いとはいえないかもしれない。

しかし、何かが違うと感じます。

刑事の事実を追うその過程が「砂の器」に比べてやや粗さを感じ、一方敵対する犯人側の描写も物足りなさを感じます。

でも、それは「砂の器」と比較してのことであって、本作品自体を見れば十分に面白い小説です。

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR