吉田 雄亮 恋慕舟 (深川鞘番所)


深川鞘番所シリーズの二巻目です。どこかで読んだような筋立ては、時代小説花盛りの中、決して個性豊かとは言いにくい作品でした。

深川大番屋支配大滝錬蔵は、富岡八幡宮で小粋な女掏摸お俊を助けた。掏った巾着に入っている奇妙な書付を取り戻そうと、胡乱な男たちにいたぶられていたのだ。錬蔵はお俊を大番屋に匿うが、男たちは執拗に追い続ける。そんな折、巷を騒がす盗賊夜鴉の重吉捕縛命令が錬蔵に下る…。江戸の無法地帯深川で健気に生きる庶民のため、鉄心夢想流“霞十文字”が悪を断つ。(「BOOK」データベースより)

本作品では深川が舞台となっていますが、本作で描写される深川は他の作品で描かれるような粋筋の町ではなく、無頼の町として描かれています。そうした捉え方は今まで読んだことが無く、このあとの展開を期待させるものでした。

しかし、主人公の大滝錬蔵の人物像が今一つはっきりしません。と同時に、錬蔵に惚れているお紋を始め、錬蔵の配下の役人たちの顔が今一つ見えて来ません。どうもおかしいと思っていたら、シリーズの二巻目でした。登場人物の背景は一巻目で詳しく描かれているらしく、そのために本書では人物造形が薄く感じられてしまったようです。

シリーズものの読み方という話になるのでしょうが、本書に限らず、舞台背景はシリーズの一巻目で書いておけばその後はあらためて詳しく必要ないでしょう。しかし、途中から読み始める読者も少なからずいるでしょうから、簡単でも良いので説明してほしい気はします。特に本書のように「深川大番屋」という特殊な役所が舞台である以上は尚更です。

まあ、本書でも登場人物の背景など少しは書いてはあるのですが、やはり若干分かりにくい。でも、再度詳しい説明を要求するのもおかしいとも思われ、やはり順を追って読まない読み手に問題ありと言えるのでしょう。

ただ、そうした説明の点を除いても、役人を役人とも思わず襲撃を掛ける無法者たちという設定は、若干無理を感じないではありません。それだけ追い詰められている男たちなのでしょうが、役人たちに正面から刃向うことを選ばせる程に、この鞘番所という役所が甘く見られているということなのででしょうか。

ここまでは本書について否定的な書き方をしてはいますが、長谷川平蔵を思わせるほどの、強引さと配下の者から慕われる優しさとを持ち合わせている大滝錬蔵という主人公、それに従う松倉孫兵衛や訳ありの前原伝吉、それに手先の安二郎らはそれなりに魅力がありそうな期待があります。魅力ありと言いきれないところが若干寂しいですが。

本書が二巻目であり、一巻目に本シリーズの舞台背景を描写してあること、そのうえで水運の町深川を水の面からとらえている本シリーズは、痛快時代小説としてそこそこの面白さを持っているということができるのかもしれません。

ともあれ、第一巻目他の作品をもう少し読んでみようかと思います

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR