冲方 丁 マルドゥック・スクランブル


なぜ、私なの?―賭博師シェルの奸計により、少女娼婦バロットの叫びは爆炎のなかに消えた。瀕死の彼女を救ったのは、委任事件担当官にしてネズミ型万能兵器のウフコックだった。高度な電子干渉能力を得て蘇生したバロットはシェルの犯罪を追うが、その眼前に敵方の担当官ボイルドが立ち塞がる。それは、かつてウフコックを濫用し、殺戮のかぎりを尽くした男だった…弾丸のごとき激情が炸裂するシリーズ全3巻発動。(「BOOK」データベースより)

天地明察』、『光圀伝』を書いた冲方丁の、第24回日本SF大賞を受賞した作品です。文庫本で全三巻、1000頁弱というボリュームがある大作です。私は2010年9月に出版された640頁の改訂新版と銘打たれた合本版を読んだのですが、同じ2010年10月に、完全版として文庫本三冊も出版されています。

少女娼婦ルーン=バロットの、ネズミ型万能兵器のウフコックとドクター・イースターとの力を借りて行う、反撃の物語です。

作者である冲方丁という人は、言葉に対する感覚が少々異なるように思えます。私が最初に読んだ『天地明察』ではそれほどには感じなかったのですが、次の『光圀伝』では、一読しただけでは理解できない文章が多かったように思います。

そして本書では、冗長と感じられかねないほどの文章と、難解な単語が使われています。冗長という点では、例えば、本書第一頁目から「死んだほうがいい」という「ほとんど声にもならない、吐息のようなささやきがこぼれた。」と始まり、このささやきについて十数行にわたり描写が続くのです。

特にドクターの台詞は学者の言葉ということもあって難解です。まあ大体の印象で意味を掴めればいい、その程度に思い読み進めました。

また、ルビが随所に振ってあります。電子攪拌、操作共にスナーク、空中はエアー、階級もクラスなどとあり、それはスタイリッシュな、そして電脳空間のイメージを持たせる意図でしょうか。

密度の濃い文体は、更に改行の少ない文章のために、他の小説の数割増しの文章量だと思われます。加えて頁数自体も多いのですから、本書を読むにはある程度の時間の確保が必要でしょう。

そんな緻密で、濃密な文章が続く作品ではあるものの、クライマックスに至るまで物語の世界に引き込まれてしまったのもまた事実です。

特に、シェルに雇われている委任事件担当捜査官であるディムズデイル・ボイルドとの戦いは、互いの心の交流と共に、アクション小説としても読みごたえがあります。

本書の世界観も分かりにくい世界です。この事件全体の根底にあるものが、マルドゥック市が定める人命保護を目的とした緊急法令の一つである「マルドゥック・スクランブル-09」であり、この法令に基づいてバロットは科学技術の粋を集めて蘇生されたのです。

そして、法務局という機関が多分強大な機関としてあり、バロットの事件の解決するための一切をドクターたちに委任することをこの法務局に認めてもらうことが前提となっています。それが委任事件担当捜査官であり、分かりにくいですが、相手方に雇われている前述のボイルドも同じ立場です。

委任事件担当捜査官とは、言わば法的には代理人であり、物理的にも用心棒のような立場でもあるようです。したがって、傍若無人な行動をとっているようでありながら、その実法令の範囲内で収まるように行動している、という建前がとられています。

人体の改変など当然の世界であり、そうした改変を施した誘拐一味も登場し、それなりのアクション場面もあるのですが、何といっても本書での注目すべき点はカジノを舞台とした場面でしょう。

それはアクションは一切ない、ルーレットやブラックジャックなどのゲームを、ウフコックというコンピューターの力を借りて、論理のみで追及していく頭脳ゲームであり、心理戦なのです。合本版で640頁という分量の本書のうちで三分の一以上がこのカジノの場面に費やされています。

この論理の追及の点は、この作者の『十二人の死にたい子どもたち』で見せている論理性にも通じるのではないでしょうか。

とにかく長かった。文庫本三冊以上の分量を読んだ気がします。でも、面白かった、としか言えない物語でした。

この物語は、このあと続編にして前日談である『マルドゥック・ヴェロシティ』、短編集の『マルドゥック・フラグメンツ』、その後のバロットを描く『マルドゥック・アノニマス 』と続くようです。

冲方 丁 光圀伝(上・下)



第7回本屋大賞を受賞し、第143回直木賞候補作にもなった『天地明察』という作品を書いた冲方丁による黄門様を描いた物語で、八頁ほどの短い「序の章」に次いで「天の章」「地の章」「人の章」「義の章」と続き、文庫本でも上下巻を合わせて千頁を超える一大長編小説です。

感想文の最初に書く言葉ではないのでしょうが、端的に言って、文章が難しい。しかしながら、物語としてどんどん引き込まれて行く作者の筆力には脱帽するばかりでした。

本書は「明窓浄机」という光圀の独白文を項の変わり目に挟んでいます。「明窓浄机」とは「学問をするのに適した明るく清らかな書斎。( goo国語辞書 : 参照 )」という意味らしいのですが、この「明窓浄机」に書かれている文章が難しい。光圀の内心を吐露しているようでいて、日本語の難しさと共に、書かれている内容もその真意を汲み取ることが困難です。一読するだけではその意味が良く分かりません。例えば本書冒頭の四頁ほどの「明窓浄机」。そこでは「書」の意味について「"如在"である。」と記してありますが、その意味をしかと受け止めるには幾度か読み返す必要がありました。

本文にしても似たようなもので、三人称で描かれてはいるのですが、文章そのものは光圀の視点であり、光圀の内心に深く入り込み、その移り変わりを子細に追いかけています。その際の描写に使われている言葉、文章がやはりじっくりと読みこまなければ理解しにくいのです。

冒頭「序の章」において、光圀が家老の藤井紋太夫を殺める場面から始まります。光圀は何故紋太夫を殺める必要があったのか。光圀の真意こそが本書全編を貫くテーマとなっています。そして、続く「天の章」で時代は光圀の幼少期に戻り、光圀が人の生首を持って歩いている場面から始まり、最終章の「義の章」で再び冒頭の場面へと戻ります。

本書を貫いているのは、それは光圀の生涯をも貫く「義」の思いです。兄を差し置いて自分が世子、跡継ぎとなったことについて「なんで、おれなんだ」との問いかけを持ち続けているのもその表れでしょうか。

本書で描かれている光圀は、テレビドラマにもなっている助さん格さんを引き連れて諸国を漫遊した黄門様ではありません。「大日本史」を編纂した、名君と言われた徳川光圀でです。

歴史小説とは史実を前提にして、不明の部分を作者の想像力で補って物語として仕上げるもので、本書においても当然のことではありますが、史実と虚構との境は明確ではありません。しかし、本書記載事実のどこまでが史実なのか、が非常に気になりました。時間があれば記載事実それぞれについてその境界を調べたいところでした。

次いで言えば、本書に登場する人物たちは非常に魅力的に造形してあります。物語の中心に配置される父徳川頼房や兄頼重は勿論のこと、妻となる泰姫、その侍女の左近、親友となる林読耕斎、冒頭で殺された藤井紋太夫らが実に生き生きとしています。加えて、宮本武蔵や山鹿素行といった歴史上の著名人たちも登場し、エンターテインメント小説としての魅力も増しています。勿論『天地明察』の安井算哲も少しではありますが登場します。

上に書いた登場人物らは勿論実在の人たちで、最初に殺される藤井紋太夫でさえも光圀に殺されているのは史実であり、講談などでは光圀失脚を図る柳沢吉保に内通したために殺されたなどとされているそうです( ウィキペディア : 参照 )。

先に述べたように、本書は通常のエンターテインメント小説とは異なり、軽く読み飛ばしながら読み進めると言うことはできにくい小説です。『天地明察』のような読みやすさはありません。しかしながら、光圀の成長記でもある本書の読後は充実感に満ちています。

冲方丁 十二人の死にたい子どもたち


冲方丁初の本格派の長編推理小説で、第156回直木賞の候補作になっている作品です。

廃業し別のものに作り替えられることになっている病院に、十二人の子供たちが集まってきた。ネット上で知り合った彼等は、安楽死をするために集まったのだが、安楽死の予定の場所には既に一人の少年の死体が横たわっていた。十二人の少年少女たちは。このまま安楽死を続行し続けるべきかどうか、全員で話し合うことにした。

言うまでもなく、本書はアメリカ映画の名作であり、密室劇の金字塔として名高い『十二人の怒れる男』をモチーフに書かれた作品でしょう。この映画は、ある殺人罪の裁判で、絶対的に有罪だと思われていたにもかかわらず、一人の陪審員の無罪の主張により、次第に他の陪審員が意見を翻していく様子を描くものでした。

本書もその例にならい、一人の少年が、皆が横たわるべきベッドの一つに先に横たわり死んでいるという異常な状況のままに、皆で自殺することはできないとの意見を主張。そのうちに一人ずつ意見を変えていく様子を描いています。

十二人の子供たちは、ときには探偵役が入れ替わりながら、それぞれの行動を丁寧に追いかけて病院内で起きている数々の異常な状況という謎を一個ずつ解き明かしていくのです。しかし、それはまさに私に苦手とする、きちんと積み上げられた論理をもって構築されていく謎の解明ということなのです。

十人の子供たちがそれぞれに自殺すべき理由をもっており、それは他者から見れば死ぬようなことでは無かったりもしますが、読者はまずは自殺願望の子供たちが集まっているという状況を受け入れる必要があります。その上で、少年少女たちのロジックを駆使した討論の様子を読み進めることができるのです。そして、この点が私が気になる点でした。

十二人の討論という点で、映画『十二人の怒れる男』では、自らの評決が犯人と目される少年の命を奪うことになりかねないという状況があり、有罪の評決を下すために討論をするということは至極当然です。

しかし、本書の場合討論する前提がありません。十二人の少年少女たちは集団自殺をするために集まっているのであり、そこでの集団自殺をそのまま続行するか否かという討論は必然とは言えません。

勿論、作者は彼らの討論すべきという理由を用意していて、その流れで話は進むのですが、物語を違和感なく成立させるだけの理由かと言えば個人的にはあまり納得はできなかったのです。

映画版との差で言えば、いわば「一場面もの」である『十二人の怒れる男』に対し、本書の舞台は地下一階、地上四階建ての病院として使用されていたビルであり、その点でも異なります。ただ、外界から断絶された、限定されたビル内の出来事という意味ではいわゆる「クローズド・サークル」と言えなくもないでしょうか。

物語としては個人の好みを抜きにして言えば「良くできている」というところでしょうか。さすがに第156回直木賞候補作となっている作品だと思います。

ただ、残念なのは私個人の好みとは若干ずれがあるということだけです。それでも、あまり苦労と感じずに最後まで読みとおしたので、こうした本格派のミステリーの中では読みやすかったのだと思います。

冲方 丁 天地明察


今日は5月の16日です。熊本地震の本震からひと月だと、いろいろなところで目にし、耳にします。個人的なことですが、背骨の病からきているぶどう膜炎が再発し、また眼球注射の日々に戻りました。ひどくはないので、多分もう打たなくても良いと思われます。二年近くの発症していなかったのもう大丈夫と思っていたのに、ストレスなのでしょうか。原因は不明です。

読もうと思ったきっかけ

今となっては理由は忘れたのですが、何故か本屋大賞まで取っているこの作品に対して拒否感があり読まずにいました。ところが、槇えびし氏の描くコミック『天地明察』の一巻目を読み、それまで抱いていた本書に対するいわれのない先入観が取り払われたのです。その時の印象からすると、本書の内容を勝手に決め付けていたものと思われます。

実際読んでみて

実際本書を読んでみると、コミックは本書の冒頭をかなり正確に再現してあり、コミックの面白さをそのままに本書の面白さとして捉えることができました。本来は本書こそが原作なのであり、おかしな言い方ではあります。

作者はSF作家として高名な人だったそうですが、本書はとてものこと初めての時代小説だとは思えない、見事な作品として仕上がっています。

主人公の人物像

渋川春海(しぶかわ はるみ)という名は過去に聞いたことがありました。しかし、その人が本書の主人公だとは全く思いもしませんでした。渋川春海という人は本来は二世安井算哲として徳川将軍の御前にて行われる御城碁の打ち手であるのですが、算術(数学)や暦法を学び、当時かなりの誤差が生じていた暦の改暦に挑むことになります。その様を描き出したのが本書です。

数学の面白さにのめりこみ、彼の生活のすべては数学が中心にある人のようです。本来の職務である囲碁もそうですし、暦法も勿論数学が基礎にあってこそのものです。二刀を邪魔なものとしか思えず、数学の問題を考え始めたら他のことは目に入らない人です。 本来は武士ではないのですが、二刀を帯び武士として将軍の御前で碁を打ちます。碁を打つそのことに武士である必要はないのですが、そこは深い思惑が働いており、その点は実際読んで確かめてみてください。

時代背景

水戸の徳川光圀らの後押しを得て、京の公家衆の間の根回しなどの苦労がよく描かれています。私でさえその前だけは知っていた関孝和らも登場し、本書では彼らの応援もあって改暦が成ったとされています。

特に面白く感じたのは、「会津家訓十五箇条」で有名な会津中将と呼ばれた保科正之についての描写がかなり詳しくなされていることです。名前だけは知っていたこの大名の人となりを詳しく描写し、作者のかなりの思い入れを感じさせる描き方が為されています。この保科正之や光圀らの後ろ盾があってこその春海の業績が成ったとの流れは歴史的な事実のようで、非常に納得でき、また面白いものでした。

改暦 その重要性

唐の宣明暦によっていた日本の暦を、中国からもたらされた授時暦による暦へ変更しようとする作業です。それは日本全国の生活の根底への変革をもたらす一大事業なのです。それを政を委託されている立場の幕府が行っていいものかという問題を始め、簡単にはいきません。単純に、発行される暦自体からもたらされる富だけでも膨大な金額になります。

この改暦の問題は明治維新期にもありました。すなわち、太陰暦から太陽暦への変更です。この改暦の結果今の私たちの生活があるのです。

映画化 ほか

滝田洋二郎監督により岡田准一主演で映画化されました。他に宮崎あおいや中井貴一なども出演しているそうです。未だ未見のこの映画です。早速DVDを借りてきましょう。

また、第31回 吉川英治文学新人賞、第7回 本屋大賞を受賞した作品でもあります。

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR