渡辺 容子 左手に告げるなかれ


いわゆる万引きGメンである保安士の女性を主人公とする、第42回江戸川乱歩賞を受賞した長編推理小説です。

ある日、女性保安士の八木薔子の職場に二人の刑事が訪ねてきて昨日のアリバイを聞いてきた。話を聞くと、かつての薔子の不倫相手である木島の妻が殺されたのだという。三年前、木島の妻に木島との不倫をとがめられ、四百万円の慰謝料を支払い、勤めていた証券会社を辞めることになったのだった。その木島の妻が殺されたという。薔子は自らの無実を立証するためにも、自分で調査を始めるのだった。

本書の主人公は保安士です。契約先の店舗を一般人を装いながら目を光らせ、万引き犯を捕まえるのが仕事です。本書の主人公八木薔子も勤務先のスルガ警備保障からコトブキ屋自由が丘店に派遣されています。そこに刑事が現れ、木島の妻の殺害の事実が告げられ、その後、薔子の上司である坂東指令長のはからいでシャインズ桜美台店に異動になるのです。

八木薔子という主人公は、後の『エグゼクティブ・プロテクション』以降ではボディ・ガードをその職務内容としているのですが、八木薔子がデビューする本書ではまだ保安士なのです。

本書の設定が、かつての自分の不倫相手の奥さんが殺され、その犯人を見つけ出そうというのですから、既に普通ではない行動力を表しているということなのでしょう。

幸い、もの分かりの良い坂東という上司に恵まれ、事件探索に都合のいい職場へと転勤もさせてもらい、更には事件探索に忙しい八木であるため、本来の職務である万引き犯を見つけることはおろそかになっているのですが大目に見てもらっています。

実際、現実の社会で仕事が半端になりながら、どこまで本人の自由が認められるかは疑問はありますが、そういう自由を認めてもらえる最良の上司に恵まれたということでこの点は引き下がりましょう。でも、本書の推理小説としての謎解きそのものには私としてはあまり関心はしませんでした。反面、物語として見るとそれなりの面白さを持って読み進めることができたとは思います。

保安士として一般人よりは調査能力ありと言えるのかもしれませんが、殺人犯の探索はあくまで素人です。物語の中でもその点はきちんと押さえた上で。調査のプロである探偵を登場させ、彼に八木を素人だと言わせ、本格的な調査を進める役割の一端を担わせていたりと、私の気になる点をきちんと押さえてありました。

不倫相手の木島との関係も割り切ったものとしてではなく、いくらか引きずりながらの微妙な間柄であるのも好ましく、わりと違和感なく読み進めることができました。

ただ、『エグゼクティブ・プロテクション』での八木薔子のほうが魅力的なキャラクターとして在ったのは否めませんが、本書は本書として八木薔子のデビュー作として楽しめました。

渡辺 容子 イン・パラダイス


平凡(?)な主婦が趣味とするパチンコで知り合った仲間の自殺の謎を解こうと素人探偵として挑む物語です。

パチンコを唯一の趣味とし、パチンコホールで知り合った仲間たちとの他愛もない毎日をおくる小田切可憐。彼女は、かつて婚約者でもあった桜井とデュオを組みヒット曲を歌っていたが、桜井を交通事故で失うという過去を持っていた。ある日、パチンコ仲間の女性が自殺をしてしまう。その後、彼女の自殺の理由を知りたいと彼女の兄と名乗る、可憐の元パートナーだった桜井と瓜二つの男が現れる。可憐は自分の気持ちに気付きながらも、その男手伝いをするのだった。

ミステリーであることに間違いはないのですが、探偵役が警察官でも探偵でもない、普通の女性(と言っていいかは差し置いて)が知人女性の自殺の謎に迫ります。本書の特徴と言えば、やはりこの素人探偵ということでしょうか。それに、物語の背景がパチンコであるということを忘れてはいけません。

私も学生の頃パチンコにはまりました。下手なバイトよりもずっとお金になりましたね。パチンコホールに長く通っていると、この本に書いてある通り常連さんと仲良くなります。当然パチプロとも知り合いなり、いろいろなことを教えてもらったものです。

当時は女性でパチンコにはまっている人は今ほどは多くなかったと記憶しています。パチンコホールも、本書に書いてあるようなおしゃれな印象はありませんでしたので、本書のパチンコホールの描写には若干戸惑いを感じもしました。当然のことながらCR機のことは全く分かりません。

CR機とはプリペイドカードに対応したパチンコ台のことです。でも実際はフィーバー台のように殆どギャンブルだった台のことを言っていたような気がします。そんなパチンコにのめりこんだ主婦らの中に本書の主人公である可憐も、そして自殺してしまった白鳥永遠子もいました。

相談があると話しかけられた永遠子の頼みを断ったその日に永遠子は死んでしまいます。そのことに負い目を負っていた可憐は、永遠子の兄という、死んでしまった婚約者の桜井に瓜二つの男に心を騒がせ、共に永遠子の自殺の謎を探ろうとするのです。

この物語の半分は可憐が行う探索の模様を追いかけることで占められていますが、残りの部分は桜井にそっくりの男との恋心、それに絡んで可憐の今の夫柾との夫婦の問題で占められています。

永遠子の死の謎、それに伴う永遠子の兄という男の登場とその男に対する可憐の恋心、そして若干オタク的な雰囲気を持ってる可憐の現在の夫との夫婦というもののあり方と、本書には複数の見どころがあるように思います。そして、女性目線でしか描けないと思えるかつての男と今の男の間で揺れる女心を描き出す、と言ったところでしょうか。

他のミステリーに見られるサスペンスフルな出来事はあまり見られません。若干、それらしい雰囲気も見られるのですが、あくまで主婦の普通の生活の範囲の中でのミステリーなのです。ここまで書いただけでもネタバレと言われても仕方のない書き方をしているので、これ以上は書けないのですが、主婦目線のミステリーを上手く書いているものだとは思います。

ただ、本書の主人公は普通の主婦とはやはり違います。世間の注目を浴びたことがあり、一生食べるには困らないだけの蓄えも確保している女性を普通の主婦とは言えないでしょう。

更には、本書の結末が何とも私が男だからなのか、受け入れにくいものではありましたが、そこは実際に読んで感じてもらうしかありません。なかなかにユニークなミステリーでした。

渡辺 容子 罪なき者よ、我を撃て


あい変らず細かな余震が続いている我が郷土ですが、今度は台風12号が直撃しそうです。私が住んでいるあたりは屋根のブルーシートもあまり見られなくなりましたが、最も被害のひどかった御船などは今だ手つかずのところさえあると聞きます。ニュース映像で見てもその状況は悲惨です。そこに台風が来ればひとたまりもありません。被災者の方々の心配、はっきり言えば’恐怖’はかなりのものでしょう。何もできない身を悔しくも思います。

さて本書。以前読んだこの作家の『エグゼクティブ・プロテクション』は女性ボディガードの八木薔子を主人公とするエンターテインメント小説でした。本書は八木薔子と同じ会社の同僚である二ノ宮舜を主人公としたエンターテインメント小説で、八木薔子シリーズのスピンオフ作品という位置づけです。

『結婚式を中止せよ。さもなくば、惨劇が起きる』。警備保障会社に勤める二ノ宮舜は、アダルトグッズ会社社長の義娘、風間小麦の警護を任された。社長夫妻が挙式した数時間後、同会場で花嫁が脳幹をライフルで撃ち抜かれ死亡する。式の後、小麦は舜の目をかいくぐり、義父の経営する工場に潜入しようとする。その翌朝、小麦の自宅に一発の銃弾が撃ち込まれた。江戸川乱歩賞作家入魂のボディガード・ミステリー!(「BOOK」データベースより)

この人の作風はどことなく大沢在昌を思わせます。ただ、大沢在昌ほどのアクション性は無いところが違いと言えば違いでしょうか。

「八木薔子シリーズ」はボディガードを主人公とした小説ですが、ボディガードという職務内容の描写もかなり詳細です。その描写の詳しさから、今の日本でもこうした身辺警護が実際あるのではないかとさえ思ってしまいます。本書中で二ノ宮舜らは銃器の知識も詳しく、実際発砲事件に際しての素早いガードもあるのです。でもまあ、現実にはこうした事案は無いでしょうから、虚構の物語作りのうまさという点でも大沢在昌に似た印象を持つ所以かもしれません。

このようにエンターテインメント小説としての面白さは十二分でした。本来は、警護対象者の安全を図ることこそ任務とするプロのボディガードが、脅迫状を出した犯人を捜し出すなどということはあり得ない筈です。でも、そこはガードの方法論として、究極的には警護対象者を狙う者がいるのならばその相手を撃滅するのが警護を十全に果たすことになる、という論理ですりぬけます。まあ、それは警護象者は特定の者からしか狙われないという前提が必要ですが、この際そこまでは言わないこととしましょう。

少しだけ文句をつけるとすれば、本書はとある少女との出会いの場面から始まるのですが、たまたまその後の仕事の対象者が今回の警護対象者だった、というところから物語の本筋に入ります。しかし、「偶然」という事柄が物語に入ってくると、物語のリアリティが無くなってしまうと感じ、どうしてもなじめません。

更に言えば、警護対象者が高校生であり、主人公がその高校生を恋愛の対象としている点もマイナス要因でした。せっかく、プロのボディーガードのリアリティをきちんと描き出しているのですから、高校生を対象とする恋愛はやめてほしかった。百歩譲って、高校生に惚れるだけの状況を描いてほしかった。

とはいえ、こうした印象はかなり個人的嗜好に近いものでもあるでしょうから、この点は差し引いて物語自体の面白さを見ると、エンタメ小説として十分な点数をつけることはできると思います。

渡辺 容子 エグゼクティブ・プロテクション


ここ数日、震度2クラスの余震が数日おきに起きている気がします。昨日は震度3でした。余震の後は雨、その後はまた余震。もはやあきらめの境地でもありますが、次回大きな地震が来たら崩壊する家屋は多数出ることでしょう。勿論我が家など一番に崩れそうです。今はただただ「怖い」の一言です。

さて本書ですが、女性ボディーガードを主人公にした、アクションエンターテインメント小説です。

トップランナー、真姫の警護を担当することとなったボディガードの八木は、自らの髪を金色に染め、ハイ・プロファイル・プロテクションを実施する。企業のイメージキャラクターとして、アスリートとして、涙を見せず気丈にふるまう真姫に、悲劇は襲いかかる。コーチが殺害され、あらぬ疑いをかけられた真姫を救うため、八木の率いる女性警護チームがあらゆる危険を排除すべく動いたが―『左手に告げるなかれ』の江戸川乱歩賞作家、渡辺容子が圧倒的なスピードとスケールで描く渾身のボディガードエンターテインメント。(「BOOK」データベースより)

読了後に調べていくうちに知ったのですが、本書は八木薔子(やぎ しょうこ)という女性を主人公にしたシリーズの二作目でした。

一作目の『左手に告げるなかれ』は、第42回江戸川乱歩賞を受賞しています。ただ一作目での主人公八木薔子は「保安士」つまりは「万引きGメン」という設定です。乱歩賞受賞作らしく、ミステリー作品のようで、アクションメインの本作とは異なる印象があります。二作目である本書とのつながりはどうなっているのか、本書には書いてはなく不明です。もしかしたら、人物名だけは一緒ですが、物語としてのつながりは無いのかもしれません。早速読んでみようと思います。

本作品についてはアクションエンターテインメント小説とは書きましたが、アクション性を前面に押し出しているというよりは、むしろミステリー性のほうが強いと言うべきなのかもしれません。この点で前作とのつながりがあるのでしょうか。

本作品では、ボディーガードという職務の内容を、スタッフの動きまで描写しつつ、読者に分かりやすく描いてあります。本来のボディーガードの職務からすると「逃げる」ことこそ為すべきことであり、襲撃者に対して反撃することはボディーガードのあるべき姿ではないのだそうです。このことは、テレビでもボディーガードを職務としていた人が同じことを言っていたので間違いのないことなのでしょう。

とすれば、小説としてアクションを描く場面はあまり無なそうなのですが、そこはエンターテインメント作家です。うまく処理してあります。

本書で八木たちによる警護対象者であるマラソンランナーの真姫は、さまざまな妨害を受け、ときには物理的な攻撃まで受けます。だからこそボディーガードを依頼したのでしょうが、あるとき真姫のコーチが殺されてしまいます。八木は真姫に対する単なる外的な攻撃だけではなく、真姫の心のうちまで配慮するガードを心がけるのです。

そして、コーチの死、真姫に対する攻撃の裏には企業の思惑を越えた秘密が隠されていて、誰が、何故コーチをも殺したのか、という謎を持って物語は進んでいきます。

ボディーガードを主人公にした小説は少なからずあるのですが、女性が主人公の物語を他には知りません。本作では女性を主人公としながらも、エンターテインメント性を十二分に発揮しつつも、物語の持つリアリティーをも満たしている、個人的には読みごたえのある作品だと思いつつ読み進めました。

若干、真姫の父親の描写などに私の好みからは外れた冗長性を感じないでもないのですが、それらは個人的な好みとして無視できるものです。全体的には新た書き手を見つけたという喜びが大きい作家さんでした。

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR