FC2ブログ

佐々木 譲 沈黙法廷




綿密な捜査状況、そしてその後の法廷の様子までをも丁寧に描き出している長編の警察小説であり、法廷小説です。

東京は北区の赤羽で一人の資産家が殺され、赤羽署の捜査員が捜査を開始します。捜査線上に浮かんだ家事代行業の女性のもとに捜査員が向かうと、直前に埼玉県警の捜査員が訪れていました。

彼女の周りでは他にも不審な事件が起きており、埼玉県警と警視庁との駆け引きの中、彼女は起訴されるに至ります。この事件に興味を抱いた一人の弁護士が自ら担当弁護士となり、彼女の弁護を引き受けるのでした。

これまで読んできた佐々木譲の作品からするとかなり異なる印象の長編の物語です。

まず、赤羽の資産家が殺された事件のいわゆる地取りと呼ばれる聞き込み捜査の状況がかなり詳しく語られ、また殺害現場の状況も詳細に描写されて行きます。

その捜査に携わるのは赤羽署のベテランの刑事ですが、殺人事件の常として捜査本部が置かれると本庁の刑事一課のベテラン刑事が乗り込んできて、ペアを組まされるのです。

ここで赤羽署の刑事と組む一課の刑事が若干問題ありで、見こみ捜査のニュアンスが漂います。その後の物語の展開を示唆されているようです。

被害者の日々の様子が次第に明確になっていき、この数日の間に殺害現場を訪れている家族、リフォーム業者、デリヘル嬢や不動産業者、それに家事代行業者などが次々に浮かび、そしてあるものは捜査の対象に残り、あるものは対象から外れて行くのです。

その様子が実に克明に描写されています。実際の警察の捜査もこうあるのだろうと思うように、この作者の警察小説でよくあるように緻密に事実が積み重ねられていきます。ただ、常の小説よりも描写が詳細であり、少し異なるという印象は受けます。

その後に、埼玉県警との捜査の衝突が起き、両警察の面子がかかってくる様子が描かれます。このあたりの描き方は物語であるからこそなのか、現実にもそうした縄張り意識があるのか分かりませんが、巷で言われていることからすると、現実にありそうな事柄ではあります。

本書も半ばになると、容疑者が起訴され、場面は法廷に移るのですが、ここでの描き方は容疑者の恋人と思われる人物の目線になります。つまりは傍聴人ということになるのです。

傍聴人の東京地方裁判所での傍聴の手順から描かれ、読み手が法廷に自ら入っていくかのように描き出してあります。この目線はなかなかに面白いものでした。

ここでの法廷の様子が実務に即したもので、最後に弁護士の「助言」、「ご教示」、「単行本化に際しての監修」に対する謝辞があるように、実務家の手ほどきを受けた現実の手続きを踏襲してあるのです。代わりに、通常の法廷ものとはかなり異なると言っていいと思われます。あくまで現実的に訴訟手続きが進み、裁判員裁判の評決へと進むのみです。

佐々木譲という作家は多くの警察小説を著わしておられますが、この作家のこれまでとはちょっと違った、それでいてこれまでの作風の延長線上にあり人間の姿が置き忘れられることもない警察、法廷ものとして特異に位置を占めるかもしれません。

佐々木 譲 廃墟に乞う


休職中の刑事を主人公とする、ハードボイルド短編小説集で、第142回直木賞の受賞作品です。

「オージー好みの村」
かつての知り合いの聡美からの頼みで、札幌から約三時間のところにある倶知安町(ニセコひらふエリア)までやってきた。聡美の友人のオージー(オーストラリア人)であるアーサーが殺人の疑いをかけられているので助けて欲しいというのだ。
    「廃墟に乞う」
仙道のかつての上司である山岸克夫から、千葉の船橋でのデリヘル嬢が殺された事件について電話が入った。手口が、かつて仙道らが殺人罪に問えなかった古川幸男の犯行を思わせるものだった。仙道は、古川の生まれ故郷である今は廃墟となっている炭鉱町に行ってみることにした。
    「兄の想い」
弟のように可愛がっている男が殺人の現行犯逮捕されたとして山野敏也に呼ばれ、オホーツク海に面した沿岸漁業のための町にやってきた。町に着いたとたん、ヤクザが声をかけてきたが、仙道のことを警察官だと気付くとすぐに立ち去るのだった。
    「消えた娘」
白石署の田辺刑事から紹介されたと言って、中年の見知らぬ男が声をかけてきた。行方不明になっている娘を探して欲しいという。逃走して死んだ婦女暴行犯の部屋からその娘のハンドバッグが見つかったらしい。覚悟はしているが自分を嫌って家出をし、風俗にまで落ちていたらしい娘をそのままにはできないと言うのだった。
    「博労沢の殺人」
十七年前、仙道が苫小牧署の新米捜査員としてつめた捜査本部で迷宮入りしてしまった殺人事件の、事実上の被疑者として見ていた男が殺された記事を見つけた仙道は、日高地方中央部のその町までやって来た。
    「復帰する朝」
医師から命じられた三度目の転地療法も十日目になり、もう職場復帰出来ると感じていた。札幌まであと一時間というところで、中村由美子という、かつてとある事件で世話になった女性から殺人の疑いをかけられている妹を助けて欲しいと連絡が入った。

この作家の『制服捜査』という作品は、川久保篤というもと刑事の駐在所勤務を描いて保安官小説とでも言うべき作品でした。それに対し、本作品はまさにハードボイルド小説です。主人公は警察官でありますが、休職中という設定で警察官としての職務執行はできず、個人の経験のみで事件の裏を探り出します。

著者によると、矢作俊彦の小説にある「二村永爾シリーズ」にならって「プライベート・アイ(私立探偵)」小説を書こうと思ったそうで、あちらが刑事の非番の日に捜査をするのであれば、こちらは休職中ということにしようと思ったそうです。

本来、日本では私立探偵ものは書きにくいのだけれど、本書のような設定で私立探偵小説を書くこともできるのだよ、とも書いておられます。

本書は個人的な好みにも非常に合致した作品でした。物語の湿度が極力低めで、決して派手ではなく、読み終えてから余韻が残る作品というものはあまりありません。勿論、そこにユーモアや、饒舌さなどがあってもかまわないのですが、最終的に心のどこかにストンと落ち、しばらくはそこにとどまっている、そんな物語が好きなのです。

そもそもこの作者の警察小説はかなり面白いのです。北海道警察の不祥事をテーマに組織体個人を描いた『笑う警官』や、親子三代にわたる警察官の家族を描いた『警官の血』、保安官小説だという『制服捜査』、どれも一級の作品でした。

そうした作品群の中でも、本書はこの著者のベストと言える作品だと思うのです。このような小説を更に読みたいものです。

佐々木 譲 犬の掟


これまでの佐々木譲の系統からすると若干異なる印象を持った、それでもなお王道と言っていい長編警察小説です。

蒲田が縄張りとする暴力団の幹部が射殺された。現場からはスタンガンも使われた様子がうかがえる。管轄の蒲田署は警視庁が捜査本部を設置する前に解決しようと意気込むが、当初の暴力団抗争絡みの線が薄くなって、代わりに半グレ集団が浮かび上がり、蒲田署の盗犯係である波多野涼巡査長と先輩である門司孝夫も駆り出される。一方、警視庁捜査一課の管理官はある疑いを抱き、捜査一課の松本章吾と上司である綿引警部補に特命を下すのだった。

『警官の血』では親子三代にわたる大いなる時の流れの中での警察官一家の物語を、『笑う警官』では汚濁にまみれた北海道警察という組織の中での個人としての警察官の葛藤を、『制服捜査』では北海道の地方駐在所のお巡りさんを主人公とした、より日常生活に密着した物語を、それぞれに描いていました。つまり、佐々木譲の警察小説は、重厚な物語の流れの中に人間ドラマを上手くおりこんだミステリーを書かれていたように思います。

ところが本作では40時間という短時間の中で、その事件への視点を異にした二組の捜査グループを設定し、そのそれぞれの動きを克明に追いかけることで緊迫感を盛り上げています。大きな物語の流れの中での人間ドラマ、ではないのです。凝縮された時間の中での刑事たちの活動を追い掛けながらサスペンスフルな物語が構築してあります。

蒲田署盗犯係の波多野は、門司巡査長という先輩と組み死体発見現場近くの地域を担当することとなり、緻密な聞き込みを続けていきます。その二人の様子が克明に記されていきます。

一方、警視庁捜査一課の綿引と松本章吾は、管理官の伏島信治警視から波多野らが捜査している殺人事件が警察関係者らの犯行である疑いあるため、その真偽を確かめるべき特命を受けるのです。

このふた組の行動が交互に描写されていきます。ちょっと気を抜いていると、それまで読んでいた話が別の組の話に移っていたりするので要注意です。しかしこの構成は緊迫感を醸成し、クライマックスヘ向けてひたすら突き進む印象を抱かせて効果的でした。そして、意外な結末を迎えるのです。

これまでの佐々木譲の作品とはまた違った、それでもなおやはり面白いとしか言いようのない物語でした。

佐々木 譲 巡査の休日


いわゆる「道警シリーズ」の第四作です。

小島百合巡査が逮捕したストーカーである婦女暴行犯の鎌田光也が脱走した。捕まらないまま一年が過ぎるが、神奈川で起きた現金輸送車強盗事件に蒲田が関与しているらしい。そんな折、蒲田がストーカー行為を働いていた村瀬香里にまた脅迫メールが届いた。小島百合巡査はよさこいソーラン踊りに出演する村瀬香里を再びガードすることとなるのだった。

北海道警察で現実に起きた警察官の不祥事である「稲葉事件」を題材に描かれたのがシリーズ第一作の『うたう警官』で、『このミステリーがすごい!』の2005年版で10位に入っています。この作品は『笑う警官』と改題され、その後タイトルも「笑う警官」のままに大森南朋や宮迫博之をメインとして、角川春樹がメガホンをとって映画化もされています。

その後、『警察庁から来た男』、『警官の紋章』と、道警の不祥事をベースとした作品としてシリーズ化され、本書に至っています。

これまでの三作とは異なり、道警の不祥事をベースとした色合いはかなり薄くなっています。そういう意味では通常の警察小説と言っても良いかもしれませんが、シリーズを貫く腐敗組織との対立構造は、佐伯の行動などにまだまだ少しは残っています。

何より、これまでの三作で作り上げられた中心となる登場人物たちは、かなり強烈な印象を持って存在しており、このシリーズが独特の存在感を持っていることを示しています。

本書では小島百合巡査が物語の中心に据えられています。よさこいソーラン祭りに参加する被保護者である村瀬香里を守るために常に村瀬香里に密着し、何時現れるか分からないストーカーの蒲田の出現を待つのです。

このシリーズ自体、サスペンスミステリーとして一級の面白さを持った作品だと思うのですが、本書もまたサスペンスフルな物語として仕上がっています。若干、これまでの三作と比して対組織の色が薄まっている分だけ物足りない気もしますが、それでもなお面白い物語です。

佐々木 譲 暴雪圏


駐在警官川久保篤シリーズの第二弾です。前作『制服捜査』は連作短編集でしたが、本作は文庫版でも504頁という長編の警察小説です。

三月末、北海道東部を強烈な吹雪が襲った。不倫関係の清算を願う主婦。組長の妻をはずみで殺してしまった強盗犯たち。義父を憎み、家出した女子高生。事務所から大金を持ち逃げした会社員。人びとの運命はやがて、自然の猛威の中で結ばれてゆく。そして、雪に鎖された地域に残された唯一の警察官・川久保篤巡査部長は、大きな決断を迫られることに。名手が描く、警察小説×サスペンス。(「BOOK」データベースより)

後半になり、物語は特定の場所に収斂してサスペンス感に満ちた展開になります。

前作では、道東にある志茂別駐在所に勤務する川久保篤巡査部長が探偵役として、町で起こる様々な事案に対処する物語でした。

今回はそれとは異なり多くの事柄が同時多発的に発生し、いわゆるグランドホテル形式で物語は進みます。めずらしく道東を襲った「彼岸荒れ」という北の大地の強烈な大自然のために、多くの人たちの思惑がおおいに外れ、振り回されるのです。そうした事件の最初は、川久保巡査長の音にもたらされた一件の死体と思われる情報でした。

北海道の地吹雪というものを私は知りません。一度だけ十二月の札幌に行ったことはあるのですが、めずらしい暖冬でほとんど雪を見ないままに帰ってきたことを思い出しました。本当の地吹雪は数メートル先が見えない、と聞きます。実際、吹雪の中、吹きだまりに突っ込み身動きが取れなくなった親子が、数百メートル先に人家があったにもかかわらず凍死した事故があったのは、それほど昔のことではなかったと記憶しています。

この予定外の「彼岸荒れ」に振り回された人たちの一夜の人間模様が繰り広げられるのですが、作者の筆のうまさは光っていますね。駐在さんという主人公の立場を上手く利用して地域に密着した物語を作り上げています。まあ、地域密着という意味では前作のほうが上手くできているとは思うのですが、本作も川久保巡査が大事なところで物語に絡んできます。

地域住人の相談に上手く乗ってやれなかった時にはそれで良かったのかと後悔し、なんとか事後をフォローしようとしたりする姿は、刑事ものではまず見られない主人公の姿であり、その姿こそが本シリーズの魅力なっているようです。

香山二三郎氏の「解説」で知ったのですが、著者は、本シリーズは「保安官小説」だと言っておられるそうです。地域に根付いて、住民の生活に深く根差しながら住民の安寧を守る駐在さんは、まさに保安官でしょう。今後の展開も楽しみなシリーズです

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR