濱 嘉之 警視庁情報官 ハニートラップ


公安警察官である黒田純一を主人公とする警視庁情報官シリーズの第二弾です。

色仕掛けによる謀報活動―「ハニートラップ」に溺れた日本の要人は数知れず。国防を揺るがす国家機密の流出疑惑を追う警視庁情報室トップの黒田は、漏洩ルートを探るうちに、この「罠」の存在に気が付いたが…。「情報は命」そう訴える公安出身の著者が放つ、日本の危機管理の甘さを衝いた警察小説の最前線。(「BOOK」データベースより)

前巻の『警視庁情報官 シークレット・オフィサー』で、「その職務の紹介、説明はあくまで表面的なものであり、個別な具体性はありません。」と書きましたが、今回その印象は言葉足らずだったと思いながら読み進めていました。

それは本書は職務の内容の個別具体性の描写が無いのではなく、組織としての動きが描かれているというべきだ、ということです。

今回この物語は、前巻の仕事の後に小笠原の警察署署長として赴任している黒田の姿から始まります。彼にとっては休暇のような赴任地ではあったのですが、防衛省がらみの情報漏洩問題が発生し、再び情報室が再結成されることになり、黒田は中央に呼び戻されることになります。

今回はイージス艦絡みの情報の流出を阻止すべく、警察という組織を挙げての一大捜査網が敷かれます。今回も、他の警察小説とは異なり、解説・説明調の文章で綴られていきます。会話文の多い小説に慣れていた身としては若干の違和感を感じたことは前巻と同じです。

でも、これは濱嘉之という人が小説家として新人だからかもしれません。書かれている情報量は相当なものです。慣れた作家さんであれば、かなりの情報をカットし、エンターテインメントとして再構成し、もっとずっと読みやすい物語として書きあげると思われます。

しかしながら、濱嘉之という人だからこその情報であり、物語でしょうから、この作家ならではのリアリティを楽しむべきでしょう。読み手が私のような世間知らずでは無く、もっと世界情勢、経済情勢に知識のある人であれば更に面白く読めるのではないでしょうか。描かれている出来事のモデルを考察してみるのも一興かもしれません。

とにかく一番の特徴は情報の量です。消化しきれないうちに次の情報が提示されます。その情報の波に流されないように、一個一個消化しつつ読み進めることができれば更に面白い小説と思えたことでしょう。

本書ではタイトルにもあるハニートラップという手法を中心に置いて物語が組み立てられています。どこまでが作者の実体験でどこからが創作なのか、それらを考えながら読むのも面白かもしれません。

とはいえ、更に続編を読もうと思っている自分がいるのですから面白いものです。

濱 嘉之 警視庁情報官 シークレット・オフィサー


現実の公安警察出身の著者が公安警察の内実を描き出す、異色の長編小説です。

頭脳明晰で行動力もある存在、具体的には情報収集力があり、集めた情報の分析力も持った公安警察官を主人公としたスーパーヒーロー物語と言えるでしょうが、普通の痛快小説ではなく、公安警察の内情を紹介した物語です。

さすがに公安出身の著者が描く作品らしく、警察自体の内部、それも警察庁や警視庁上層部のキャリアたちの動静や、公安内部の人事から職務内容まで一通りの説明が為されていて、読み手の興味、関心を満たしてくれている作品です。

他の推理小説のような殺人や傷害などの事件は起きません。ただひたすらに公安という組織、そして黒田に代表される公安職員の職務遂行の様子が描かれているだけです。

ただ、個別の担当者が行う細かな情報収集作業自体の説明はあまりありません。優秀な分析官でもある主人公の黒田の指示のもとさまざまな情報が集められますが、部下に指示して情報を収集するというのみです。勿論、場面によっては具体的な情報収集手口の紹介も為されてはいますが、あまり詳しくは書けない部分もあるのでしょう。

もしかしたら、現実の世界でも、大切なのは集められた情報の処理の仕方だと言いたいのでしょうか。そういう意味では現実には複数の人間の為す仕事をヒーローである主人公個人の手柄として描写してあるのかもしれません。

主人公は、潤沢な資金を与えられ、夜の街で遊び回り、細かなうわさ話を拾い集めています。その人ととしての魅力でホステスや黒服、呼び込みなどとも気安く人間関係を作り上げています。更には裏社会の人脈までをも取り込んでいるのです。

主人公の見事なところは、そうしてて知り得たさまざまの情報をつきあわせ、普通の人間なら見逃すであろう情報の裏から、国の行く末を左右するほどの情報を抽出する能力を有していることです。主人公黒田の解析したそれらの情報はメモという形で上司に提出されます。ここで上司が無能であればその情報はその段階で眠ってしまいます。有能な者が手にしてこそ情報は生きてくる、というのです。

でも、世の中にはとてつもなく優秀な人間がいるのもまた事実であり、もしかしたら、本書の主人公のような人間にもモデルがいるのかもしれません。本書の魅力はそうした人間がいてもおかしくないと思わせるところにもあります。

小説としてみた場合、決していい出来だとは思えません。しかしながら、警察小説でたまに読む公安の実態を、その内側から描いた実にユニークな小説ではあり、続編を読んでみようと思わせる小説でもありました。

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR