門井 慶喜 銀河鉄道の父




本書は、宮沢賢治という実在した人物を、父親の政次郎の視点で描いた物語で、第158回直木賞を受賞した作品です。

実在の人物を描いた作品なので。本書で描かれている事柄のどこまでが事実なのか、登場人物同士の会話など細かな点はもちろん作者の創作であるとしても、主題となっている父親の政次郎の心象のうちどこまでが記録などで確認されているものなのかなど、非常に気になりつつの読書でした。

本書には参考資料が挙げてありません。本書の内容は資料なしで書けるものではなく、相当数の資料を読みこんでおられると思われますが、父親の心象を残した記録などあるものでしょうか。

登場人物の内心の出来事ですから、作者の全くの想像だと考えるのが普通でしょう。ただ、大正を中心とする時代の父親像とは異なる描写であり、気になりました。

「宮沢賢治」をウィキペディアを見ると、本書で描かれている賢治らの学歴、職歴などは事実であり、政次郎が病に伏した息子の看病に泊まり込んで自らも赤痢やチフスに罹患したことも事実です。

つまりは本書で描かれている事柄のほとんどは事実であり、登場人物の心象こそが作者の想像の産物だと思えるのです。

単純に考えると、本書の政次郎は大正時代を中心とする時代の父親像とはかなり異なるのですが、描かれている事柄が事実である以上は、政次郎という人はこうであったのだろう人物として違和感ありません。それほどに本書の政次郎は当時の家長の雰囲気が薄く、愛情にあふれる父親像です。



本書中ほどまでは、何となく直木賞を受賞するほどの作品かという印象をどこかに持ちながらの読書でした。

しかし、物語も中ほどになり、賢治自身が話の中心になる場面が増えてくると、それはつまりは賢治が詩や童話を書き始める時期とも重なり、私が知っている宮沢賢治の作品が絡んだ話になってくるためか、自分の中で本書の評価が高くなっていくのを感じていました。

とくに、トシが肺炎で入院し、賢治と母イチとが看病のために上京する第六章「人造宝石」から、トシの亡くなる第七章「あめゆじゅ」、トシの死後の賢治の様子を描いた第八章「春と修羅」は、賢治本人によれば「心象スケッチ」と呼ぶべきである詩集「春と修羅」がテーマになっていると思われ、心に響きました。



ひとりの詩人、童話作家として天才と評される賢治ですが、第七章「あめゆじゅ」の中で、童話を書き始めた理由として、自分は大人が苦手だったため、どの童話も大人の世界からの逃避として、現実からの逃避として書いた、と言わせています。更には、より本質的には「・・・おらは、お父さんになりたかったのす」と言わせているのです。

つまりは「自分は質屋の才がなく、世わたりの才がなく、強い性格がなく、健康な体がなく、おそらく長い寿命がない」。嫁の来てがいる筈もなく、父親にはなれない。代わりに童話を生む、というのです。

以上は、賢治が原稿用紙に向かい始めたときの描写ですが、ここらあたりからこの物語がいっそう迫力を持ってきたように感じています。そして、このあとトシの死の床の描写へと続くのです。

やはり、私のような普通の人間は、自分自身が知っている事柄をもとにしていなければ、描写されている対象を自分の心裡で消化しきれないのでしょう。「春と修羅」の中の、とくにトシとの別れを描いた「永訣の朝」を中心に描かれている箇所なので、より鮮烈に迫ってきたと思われます。



また、本書が直木賞の対象である「エンターテインメント作品」なのか、「エンターテインメント作品」の定義にもかかわりますが私にはよく分かりません。ただ、賢治の親政次郎の、子である賢治に対する愛情を通して、宮沢賢治という人物を浮かび上がらせていることは間違いないと思います。

本書は父と子のあり様を正面から描いた物語でしたが、一人の父親としても心に沁みる物語でした。

門井 慶喜 家康、江戸を建てる


徳川家康が江戸に新たな街づくりを始めるに際しての物語で、全五話の短編からなる時代小説集で、2016年上半期の直木賞の候補作になっています。

読む前は江戸の町を作った武将としての家康の物語、だと思っていました。しかしそうではなく、本書は技術者集団としての配下個々の物語です。「家康を一種のプロデューサーと捉えて、その部下である街づくりのエキスパートを主人公にしようと思いました」と著者である門井慶喜は言っていたそうです。実際その通りの物語でした。

埋め立ての前提である水害の防止策として河川の制御、新しい町に住まう人々の飲み水の確保、江戸を起点とする貨幣経済の確立、そして、江戸城構築の文字通りの礎である石垣のための石の切り出しと物語は続き、江戸城に天守閣を設ける家康の意図と、二代秀忠と家康の親子の物語で締められます。

第一話 「流れを変える」

当時の江戸城の東と南は海、西は萱の原。北は多少開けてはいるものの、七、八十軒の農家が見えるのみ。この江戸の地を大阪にするとの家康の思いは叶うのか。江戸の町の基礎づくりに選ばれたのは臆病者と言われた伊奈忠治であった。伊奈は北から流れ込む川を制御しなけらばならないという。つまり、川を曲げるというのだ。

第二話 「金貨(きん)を延べる」

江戸の町を日本の経済の中心とするために、家康は「上方の後藤家が五代百年をかけて培った金工技術の精髄」を江戸で再現するために、後藤家に仕えていた橋本庄三郎という男を江戸に招いた。庄三郎に下された命は品位(金の含有率)の良い小判を鋳造せよというものだった。

第三話 「飲み水を引く」

菓子作りが得意な感激屋の大久保籐五郎に飲み水を探すように命じる。それから十三年後、鷹狩りに出ていた家康は、武蔵野の原野で内田六次郎という土地の者から湧水のありかを聞き、内田に江戸の町へ水を引くための普請役を命じるのだった。今の井の頭である。内田は江戸への普請で苦労するも、籐五郎の力を得て何とか水を引くことをやり遂げる。

第四話 「石垣を積む」 石を切り出し、石垣を積む。

関ヶ原の戦に勝ち、征夷大将軍の宣下をも受けるであろう家康は天下一の城、千代田城の建設に着手する。代官頭である大久保長安は、石工の「みえすき吾平」と呼ばれる採石業の親方の噂を耳にし、千代田城のための石を切り出すように命じる。

第五話 「天守を起こす」

大坂城の天守閣は黒壁であるのに、家康は江戸城は白壁にするように命じる。家康は、白壁にするように命じた意図を秀忠に問うが秀忠はなかなかその意味を読みとれず悩みに悩むのだった。


第一話は若干説明的になっていたため期待とは異なる作品か、と思っていました。しかし、第二話からは盛り返し、次第に物語として展開が面白くなってきました。第三話あたりからはエンタテインメント小説として興が載ってき、加えて本書の持つ視点のユニークさが生きてきたように思えます。そして最終章でまとめ、結果として全体として面白い作品集になっていました。

その最終章。江戸城にも天守閣があったのですが、1657年の明暦の大火で焼失して再建されることはなかった、ということは聞いたことがありました。でも、その天守閣が白壁であったことは知りませんでした。一般的に二代秀忠は無能若しくはそれに近い存在として描かれるのが普通です。しかし、本書での秀忠は異なり、知将(?)として描かれており、その秀忠の苦悩の描写、また家康と秀忠との白壁についての会話はかなり読み応えがあります。

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR