FC2ブログ

戸部田 誠 1989年のテレビっ子


それは『オレたちひょうきん族』が終わり、『ガキの使いやあらへんで!!』が始まった年。
それは『ザ・ベストテン』が、裏番組の『みなさんのおかげです』に追い落とされた年。
ダウンタウンがウッチャンナンチャンが『笑っていいとも! 』のレギュラーになった年。
テレビが変わった年「1989年」を機軸に、BIG3やお笑い第三世代ほか、多くの芸人とテレビマン、
そして、いわき市の「僕」のそれぞれの青春時代を活写した群像劇にして、圧倒的なテレビ賛歌。(「AMAZON内容紹介」より)

2014年3月31日に放送された「笑っていいとも!」の終わり、グランドフィナーレの場面の紹介から本書は始まります。タモリの元に「テレビ界のトップに君臨するスターたちが集まった」場面を青春時代の終焉と感じた著者にとって大切な場面だったのでしょう。

「テレビが趣味」ということに気恥ずかしさを持っていた「テレビっ子」である著者。テレビを見なくなったと言われて久しい現代においてなお「テレビっ子」を名乗る著者。この本は、テレビの中で笑いを提供してきた人たちの青春記であるとともに、今あえて「テレビっ子」を名乗る著者のこれまた青春記でもあります。

「笑っていいとも!」の終焉は、本書のタイトルにもなっている1989年にその基礎が完成した「平成バラエティ」の終焉だと著者は考えています。その「平成バラエティ」の全貌を描き出したのが本書なのです。

私もお笑いが好きで、今でも見るテレビ番組はほとんどバラエティです。テレビによってもたらされる「笑い」が大好きです。幼い頃から浅草の「デン助劇場」や大阪の「吉本新喜劇」などをよく見ていました。そんな私にとって「ドリフの全員集合」から「俺たちひょうきん族」などを見ないわけがなく、そうした私にとってもこの本はやはり一つの青春記でした。

本書のあとがきを見ると、本書は著者によるスターたちへのインタビューは全くしていないそうです。現実のスターたちの今の言葉ではなく、当時の実際放映されたビデオや残されている活字から起こされている記録だそうです。ですから、もしかしたらこの本の中に書かれていることは事実とは異なるのかもしれない、と著者は書いています。でも、それこそが「テレビ的」なノンフィクションだとも言っています。既に視聴者に提示されている膨大な情報を再構成している本書はまさに「テレビが映した真実の断片」から再構成されたテレビ的真実なのです。

例示として本書での描写を一つだけ。現在でもテレビで毒舌のコメンテーターとしても活躍されているテリー伊東さんは、ビートたけしという天才について、彼は「誰よりも男の哀愁がある」と言ったそうです。しかし「オレだけは、たけしさんの哀愁以外だけを演出したい」と言ったとか。「天才・たけしの元気が出るテレビ!!」ほかのバラエティーを数多く演出を手掛けてきたというテリー伊東さんについてもまた伝説が多いのですが、こうした感性で時代の先端を走ってきたのでしょうね。

テレビは、例え「それが虚構であったとしても、テレビは”日常”という希望だった。」と結論付ける著者の見方は、やはりテレビっ子でもあった私にとっても大いに納得できるものでした。

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR