FC2ブログ

藤木 稟 太古の血脈

太古の血脈太古の血脈
(2009/10/17)
藤木 稟

商品詳細を見る

伝奇小説の典型的な物語ではあるのだけれど、私の感覚には全くと言って良いほど響かなかった。

テーマは面白そうなのです。しかし、半村良の「産霊山秘録」などを持ち出すまでもないのだろうけど、なにせ文章も構成もあまりにリアリティーが無いと感じてしまったのです。もとより、内容が法螺話なので本来の意味でのリアリティーなどある筈もないのではあるけれど、法螺話は法螺話の世界での整合性を持って欲しいのです。でないと感情移入できません。

本書も途中で何度投げ出そうと思ったかわかりませんが、とにかく読了しました。

帯に高橋克彦氏の推薦文があり「未熟な読者は要らない」とありましたが、私もその未熟な読者の一人のようです。

こうした本も私の好みに合わないだけで好きな人もいるのでしょうから、否定はしません。ただ、私の感覚には合いませんでした。

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR