薬丸 岳 アノニマス・コール


著者が「疲れたときに見たくなる映画のイメージで」書いたというだけはある、アクション場面も盛り込まれたノンストップのサスペンスミステリー小説です。

朝倉真志は三年前にとある事件が原因で警察をやめた末、家族とも別れ、すさんだ生活を送っていたが、突然、娘からと思われる電話が入る。別れた妻に確認すると娘が誘拐されたことを知り、真志は自らが警察をやめざるを得なくなったとある事件に絡んだ誘拐事件だと知るのだった。

この本を読み始めるとすぐに事件は起きます。その後、たたみかけるように出来事が続き、読者は全く本を置くことができません。誘拐事件であるのに、警察に知らせることもできず真志は自ら娘を助けようと動き回ります。

読み終えてみると、全く問題点が無いわけではありません。真志の手伝いをする岸谷勇治や戸田純平らの描き方が若干薄かったり、犯人像に少しの無理があったりと、あらためて考えれば思いつくのです。しかしながら、そうした点はあえて取り上げるほどではないと思われ、それよりも流れに乗って進む物語の進展に気を取られるばかりでした。

読後にさまざまのレビューなどを読んでみると、本作は薬丸岳という作家さんにしては珍しいタッチの作品であるようです。本来は社会性の強いミステリーを書かれる方らしく、本書のような物語がスピーディーに展開するエンターテインメントに徹した作品はほとんど書かれていないようです。

この手の小説は、物語の深みなどというよりは、どれだけテンポよく読者を乗せてくれるか、が勝負だと思われ、だとするならば、この作品は十分にその要件を満たしていると思われます。少なくとも、それでは他の作品も是非読んでみよう、という気になるほどの面白さは十分に持った作品でした。

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR