吉川 英梨 マリア 女性秘匿捜査官・原麻希


女性秘匿捜査官・原麻希シリーズの第三巻目です。

前作『スワン』での事件により謹慎三ヶ月目の原麻希だが、原田という刑事から、とある事件の女性自殺体が他殺と思われるので確認して欲しいとの相談をうける。翌日、自宅で現場に残されたゲソ痕(足跡)の写真を見た麻希は、事件の日から今日までの都内の中・高校で体育祭か文化祭をやっているところを探せばいいとあたりをつけ、その条件に合致する私立あけぼの女学館高等学校を捜し出す。

あい変らず小気味いい言動の原麻希です。今回は、あるアパートで起きた他殺の疑いのある自殺事件を追うなかで、渋谷の私立高校で起きた事件にリクルーターが関わっている痕跡を見つけだすという大きな流れがあります。

今回は新たな登場人物として、伊達警視正という正体がよく分からない人物が原麻希の上司的立場の人間として登場しています。この人物が今後重要な役割を果たすのではないかと思わるのですが、現段階では何も分かりません。

ともあれ、友人の仁木愛香や、離婚式を挙げる横山から倉本に戻ったばかりの織江、それに麻希の元許嫁で公安二課の広田達也などの仲間と共にリクルーターを追い掛けている麻希です。その頭脳は変わらずに回転がよく、同様に体も動きます。物語もテンポよく進み実に読みやすい小説であるのはこれまでと同様です。

原麻希の娘である菜月との親子の言葉の行き違いと、事件の舞台になる高校の女子高生との対比など、物語の本筋とは異なるところでの、ちょっとした親子の問題などを垣間見せる演出も同様に小気味いいものです。

早めに、続編も読みたいと思わせてくれると同時に、この作者の他のシリーズも読んでみたいと思わせられる、上手い書き手だと思います。

吉川 英梨 スワン 女性秘匿捜査官・原麻希


女性秘匿捜査官・原麻希シリーズの第二巻目です。

背望会テロ事件から一年。警視庁鑑識課・原麻希のもとに、公安部の広田達也から「背望会リクルーターの指紋が見つかった」という連絡が入る。捜査のため奈良県に向かったふたりだったが、そこで知事選候補者が誘拐され、身代金の運び人に麻希が指名されたという一報が。脅迫状の送り主、「スワン」の正体とは―!?大阪府警vs.警視庁の熾烈な捜査バトルが展開される、人気長編警察小説シリーズ第2弾。(「BOOK」データベースより)

前作『アゲハ』から一年が経った物語です。このシリーズの構成要素を俯瞰してみると、背望会の本当の黒幕であるリクルーターの存在を、シリーズ通しての敵役及び謎として設定してあるようです。本書のあとの作品の内容を見てもリクルーターが出てきているようなので、まず間違いは無いのでしょう。

もう一点の要素として挙げられるのが、主人公原麻希の夫と家庭の問題です。前作で悲惨な事件に巻き込まれた原麻希の娘菜月と夫の連れ子である健太、そして前作の事件のときには家にいなかった夫である原則夫との夫婦としてのあり方です。

今回、原麻希は、裏カジノで見つかったリクルーターの指紋に導かれる形で、かつての許婚の公安刑事である広田達也と共にリクルーターの影を追いかけて奈良県へと出張することになります。

ただ、リクルーターの指紋が見つかったというそのことがよく分かりません。なぜ、そのコップに残された指紋がリクルーターのものと断定できたのか説明がないのです。「上海マフィアと商談中だったリクルーター」という言葉しか見当たりません。私の見落としでしょうか。

奈良県で結果的にコンビを組むことになった奈良県警マル暴の吾川刑事と、奈良県警本部の応援要請を受けやってきた大阪府警刑事部捜査一課の嵯峨美玲警部補とが目玉ということになるのでしょうか。かれらが、リクルーターを追って奈良県南部の海天村へやってくると、そこには南条リリスという女優らがいて、新たな事件が起きる、という流れです。

その後、リクルーターによる新たな誘拐事件が起き、身代金の運び役に原麻紀が指名されたり、海天村での南条りリスを巡る事件に振りまわされたりするのですが、前作のジェットコースター感とは異なります。前作ほどの緊張感が無いのです。

ただ、本作のラストになって、我が家に戻った麻紀にリクルーターの絡んだ新たな脅威が明らかになります。ここらの話のつなぎ方は続編を読まなければならないという気にさせられました。作者の思い通りになる読者、それが私ということでした。

吉川 英梨 アゲハ 女性秘匿捜査官・原麻希


非常にテンポのいい、リズミカルに読み進めることのできる長編の警察小説です。

警視庁鑑識課に勤める原麻希は、麻希かつての上司の戸倉加奈子と共に、それぞれの子供を誘拐され、誘拐犯の指示に従うようにと指示される。調べていくと、そこにはかつて彼女らがかつて追い、そして敗北したとある事件と、壊滅したはずのテロ集団「背望会」の影が見えるのだった。

警察小説にも幾通りかの流れがあります。一つには松本清張らを始めとする犯罪動機重視の社会派の流れをくみ、読者に一定の考察を促す作品群があり、対照的にいわゆる通俗的な小説としての警察小説もあります。

また別の観点からは、今野敏の『安積班シリーズ』のようなチームプレイでの犯罪捜査を描く作品があって、一方大沢在昌の『新宿鮫』のような孤高の刑事を描くハードボイルドタッチの作品もあります。

そして本書は、個性的な一人の主人公のもとにキャラの立った脇役が補佐しつつ物語が進行するという、単に物語の流れを楽しむ作品群に属するのです。ひたすらに作者の敷いたレールに乗っていけば楽しいひと時を過ごせる、そんな物語だと思います。

ですから、少々の設定の強引さ、物語構成の甘さなどは無視して読むべき作品でしょう。例えば、強姦犯人が自ら罪を認めながらも嫌疑不十分で釈放されることとか、鑑識課員が捜査し尽くした現場で新たな証拠品を見つけるなどの、現実にはあり得ない設定だという点は、一応そんなものとして話を読み進めるべきです。

そうすれば、「ハラマキ」と呼ばれた主人公の「フルネームで呼ばないで。」などという決まり文句や、着替えを渡された主人公がブラジャーが無い、などと文句を言ったりと、シリアスな場面が展開する中にユーモラスな進行があったりの工夫も気楽に楽しめ、調子よく読み進めることができます。勿論ミステリーとしての謎の追及も主軸として在り、全体として面白く読み終えることができるでしょう。

言ってみれば、ノンストップの痛快警察ミステリー小説であり、文句なしに楽しめる小説です。

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR