FC2ブログ

野沢 尚 魔笛


独特の文体で迫る、長編の警察小説、と言っていいのでしょう。

白昼、渋谷のスクランブル交差点で爆弾テロ!二千個の鋼鉄球が一瞬のうちに多くの人生を奪った。新興宗教の教祖に死刑判決が下された直後だった。妻が獄中にいる複雑な事情を抱えた刑事鳴尾良輔は実行犯の照屋礼子を突きとめるが、彼女はかつて公安が教団に送り込んだ人物だった。迫真の野沢サスペンス。 (「BOOK」データベースより)

本書の冒頭で、まずは犯人である照屋礼子の文章があって、本書が照屋礼子の手記である旨が明記されています。それに続いてすぐに渋谷のスクランブル交差点での爆薬によるテロの場面で幕を開けます。それもなかなかグロテスクに近い描写が続きます。

一番の特徴は、本書の視点が冒頭のテロ行為の犯人で為されていること、しかしながら描写は第三者視点という、実に微妙な構成であることでしょうか。その場にいない筈の犯人ではありながら、その視点は客観的な第三者目線なのです。犯人の主観も随所に入りながらの客観的描写ですので、若干の戸惑いが無いとも言えません。この点はすぐに慣れますが。

そして、語り口がまるでレポートです。「言わば分析報告である。」と冒頭の照屋礼子の言葉にもあるように、その印象は当然と言えば当然のことでした。第三者目線でありながら犯人の主観で語られるこの物語は、ときに視点が紛らわしくなることもあったのですが、結果的に実に効果的だったと思えます。

この物語自体が、犯人の人間像を明らかにする、そういう目的があったかのような物語です。ただ、だからこそと言っていいのかもしれませんが、探偵役である警視庁渋谷署刑事課の鳴尾良輔巡査部長と、その獄中の妻である安住籐子との心の交流が今一つ分かりにくい面はありました。鳴海刑事が安住籐子に惚れこむ理由にしても、私が読みとれなかっただけかもしれませんが、よく分かりません。

また、ある事件の犯人と捜査官との恋自体は他の小説でもたまに見られる設定ではあるのですが、本書の場合、獄中の妻がまるでアームチェア・ディテクティブのような位置にいるという重要な役割を担っている割には、犯人の真意を推理する能力を持っている理由付けが全く無いのが残念でした。

こうした不満点はあるものの、物語としては面白い作品でした。かつて日本を震撼させた「オウム真理教」を思わせる坂上輪水という教祖とその信者である照屋礼子。そして刑事警察と公安。テーマ自体は決して目新しいものではないのですが、材料の処理の仕方でこのような物語にもなるのだと、あらためて作家と言われる人たちの想像力の豊かさに驚かされました。

この作家の作品は本書が最初なので、他にはどのような作品を書いているのかという興味があります。早速読みましょう。

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR