岡本 さとる 取次屋栄三


近頃ブームの文庫本時代小説のど真ん中を行くような、連作短編の痛快人情時代小説集です。そんな言葉があるのならですが。


「幼馴染」
大阪時代の幼馴染の蓑助が訪ねてきた。なにか屈託を抱えていそうでわけを聞くと、蓑助の仕える商家の江戸店が売掛金の回収が出来ずに困っているという。栄三郎は御数寄屋坊主の宗春に話を持ち込むのだった。

「現の夢」
ある日、栄三郎の剣の師匠を通じて親交のあった、旗本三千石の永井勘解由の用人である深尾又五郎が訪ねてきた。永井家に婿に入ることになった塙房之助の姉を探して欲しいというのだ。しかし、その姉は、弟のために自ら苦界に身を沈めたらしく、探索は難しそうな話だった。

「父と息子」
栄三郎の弟弟子であった岩石大二郎が役者になっていた。大二郎は、近く大二郎の父親で柳生新陰流を修めた剛直の士である岩石勘兵衛が江戸へ来るので、何とか助けて欲しいというのだった。

「果し合い」
道場仲間だった松田新兵衛が森田源吾と果し合いをするという。かつて新兵衛が試合で誤って殺してしまった男に可愛がられていたのが森田源吾だった。新兵衛に惚れた娘の頼みもあり、栄三郎は何とか丸く収めようとするのだが・・・。

本書の解説は文芸評論家の縄田一男氏が書かれていて、「その平明達意の文章に接していると、・・・(中略)・・・作中人物の人柄が自然と心の中に刻まれ」ると書かれています。更に、この本を「大変気分よく読み終えたのは、この連作が目に見えないもの、人の絆や思いをテーマにしているからである。」とまで書かれているのです。

縄田氏の評論は私もこれまでかなり読ませていただき、また参考にもさせてもらってきたのですが、本書に関しては、どうも首をひねることになりました。どうしても、縄田氏の言うような高評価にはならないのです。

たしかに、この手の通俗的な痛快小説では読みやすいこと、登場人物のキャラクターがきちんと描かれていることなどが必要条件として挙げられ、そして本書はそうした条件はクリアしているとは思います。

しかしながら、物語の組み立てが他の同種の作品から一歩抜きんでているとまでは感じませんでした。

「幼馴染」での解決も河内山宗春が登場し、例のごとく葵の御紋を振りかざして終わりですし、「現の夢」にしても、探す相手の女郎が栄三郎がかつて思いを寄せた女であった、などとご都合主義そのままですし、でありながらその女郎についての描写はあまり無く、感情移入がしにくい描き方でした。

つまりは本書には、登場人物の心象や情景描写も含め、多くの時代小説の中から抜きんでるものを感じなかったのです。

ただ、松田新兵衛や新兵衛に惚れているお咲、その父親の田辺屋などの新たな登場人物が現れています。こうした栄三郎を取り巻く人たちが物語の世界を広げ、物語が練られていけば面白くなるのかもしれません。もう少しだけ読み続けてみましょう。

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR