中山 七里 連続殺人鬼カエル男


さよならドビュッシー』で第8回『このミステリーがすごい!』大賞の大賞を受賞した作者が、もう一点エントリーしていた作品が「災厄の季節」というタイトルだった本書です。

商業的に幅広い指示を受けるのは「バイバイ、ドビュッシー」だということで「バイバイ、ドビュッシー」(改題 : 『さよならドビュッシー』)が大賞受賞作品になりましたが、完成度は共に高いとの評価を受け、本書までも出版されることになったそうです。以上は本書の解説で書評家の茶木則雄氏が書いておられたことです。

口にフックをかけられ、マンションの13階からぶら下げられた女性の全裸死体。傍らには子供が書いたような稚拙な犯行声明文。街を恐怖と混乱の渦に陥れる殺人鬼「カエル男」による最初の犯行だった。警察の捜査が進展しないなか、第二、第三と殺人事件が発生し、街中はパニックに…。無秩序に猟奇的な殺人を続けるカエル男の目的とは?正体とは?警察は犯人をとめることができるのか。(「BOOK」データベースより)

『さよならドビュッシー』を読んで、クラシック音楽の描写の凄さに驚いていた私でしたが、本書はまた全く印象の異なる小説でした。ミステリーとしての意表を突くストーリーに驚かされたのもそうなのですが、殺害の描写がグロテスクという他ないのです。

最初の被害者はほとんど住人のいないマンションに顎からフックを掛けられてつるされていました。次は廃車になった車のトランクに入れられた死体ごとプレス機に掛けられます。三人目は解体と、その残虐性はとどまるところを知りません。

本書の中でも捜査官の一人である埼玉県警の捜査一課の古手川和也という刑事が心身ともに傷を負い、有動さゆりというピアノ教師のピアノに心を洗われる場面があるのですが、確かにその場面は『さよならドビュッシー』の「岬洋介シリーズ」の描写を彷彿とさせるものがありました。

また、物語の構成にしても読者をミスリードする手法は見事ですし、その先にあるどんでん返しに驚かされる点もうまいものです。

しかしながら、先にも書いた本書で描写される殺害場面のグロさ、残虐さは、誉田哲也の『ブルーマーダー』などの『姫川玲子シリーズ』にも引けを取りません。とてものことではないのですが、あのクラシック音楽を言葉で伝える際の美しさはどこへ行ったのかと思います。

このグロさを受け入れがたい人はいるかもしれませんが、タッチのグロさは物語の多様さでもあり、私としては、決して好みではないものの、物語として面白い作品として成立していれば何も言うことはありません。そして、本書は面白いと感じたのです。

ただ、若干リアリティーを欠くと思う個所は何箇所かありました。最大の問題は、本書の殺人犯に対する恐怖から市民が過剰反応を起こすという場面です。市民個人が個々の場面で感情的ににあるというのであればまだ良いのですが、本書のような反応は少々行きすぎでしょう。

また、古手川和也の超人的な体力もまた少々引きました。たたみかけられる暴力にあそこまで耐えるというのは私の中ではありえないことでした。

とはいえ、そうした様々な場面での過剰性を差し引いても、全体として面白い物語として読み終えています。この作者のストーリー構成の面白さはやはり目を離せないと、あらためて思いました。

中山 七里 いつまでもショパン


岬洋介シリーズの第三弾です。今回はショパンコンクールの行われるポーランドのワルシャワが舞台の物語です。

2010年10月2日午前10時に国際ショパンコンクールの一次予選一日目がワルシャワ・フィルハーモニー・ホールで始まった。ただ、今年のコンクールは、4月の大統領専用機の墜落事故に続いて、5月の旧市街市場広場での爆弾事件、次いで7月の聖ヤン大聖堂のパイプオルガンに仕掛けられた爆弾事件とテロ行為が続く中で強行されたコンクールだった。そして、10月7日の一次予選最終日に事件は起きた。テロ特別対策本部所属の刑事であるスタニフワフ・ピオトル刑事が10本の全部の指が第二関節から切り取られるという状態で見つかったのだった。

本作品は、これまでの二作品とは異なり、ショパンコンクールという限定された期間の出来事が記されています。

ポーランドという国が、ロシアやプロイセン、オーストリアといった近隣の大国に呑みこまれながらも自国の独立を勝ち取ってきた歴史があり、ロシアによるワルシャワ侵攻に際して「革命のエチュード」などを書いたショパンという人物を産んだ国だからでしょうか、コンクール期間中のテロという卑劣な行為に対する抗議の意味も込めてコンクールの続行を決めます。

そうした中、コンクールへの参加者たちは平常心での演奏をしなければならないのですが、なかなか困難なことでした。そんな中、日本人参加者である榊場隆平と、そして岬洋介は大喝さいを受けるのです。

本書の主人公はヤン・ステファンスというワルシャワの少年で、彼の家系はショパンコンクールの準優勝者を出してきた家系です。彼にとって、コンクールでの優勝は至上命題でしたが、榊場隆平や岬洋介の演奏を聞くにつけ、自分の力量を思い知らされるのでした。

この主人公ヤン・ステファンスの視点で本書は進行していきますが、父親の言う「ポーランドのショパン」への疑問が頭をもたげ苦悩する様が描かれます。ここらは私たち素人にはよく分からないところですが、そうしたピアニストたちの音楽に対する感覚までをもこの作者は示してくれています。

ピアニストという人種を知らず、想像すらできない私にとって、ショパンコンクールがどのような意味を持つのかは分かりません。しかし、本書を読む限りはその心境がほんの少しですが理解できるような気がしてきました。そして、ショパンという作曲家についてのポーランドの人たちの思い入れや、ショパンという作曲家のクラシック界での特別な位置づけについてもほんの少しですが分かったような気もします。

ただ、本書を小説として評価すると、これまでの二冊に比べると面白さにおいては劣っていると感じました。あまりにも演奏者の演奏、楽曲の解釈についての描写が多すぎるのです。

更に言えば、クライマックスで描写される岬洋介の演奏の影響、効果についての描写は過剰すぎるのではないかと思われます。いくらなんでもという気しかしないのです。

とはいえ、決して小さくは無いと感じたマイナス評価はあっても、やはりこのシリーズのそれなりの面白さはありました。まだ続編があるようなので、続けて読んでみたいと思っています。

中山 七里 おやすみラフマニノフ


「このミステリーがすごい!」大賞大賞受賞作の『さよならドビュッシー』に続く、ピアニストの岬洋介を探偵役とする岬洋介シリーズの第二弾です。

学費の支払いもままならない状況に陥っている愛知音大の学生である城戸晶は、学長の柘植彰良との共演と後期学費の免除という特典のある定期演奏会のメンバーに選抜されるべく練習に励み、見事その座を射止める。ところが、時価二億円もするストラディバリウス作のチェロが、密室状態だった保管室から盗み出され、更には柘植彰良の愛用のピアノが破壊されたりと事件が連続して起きるのだった。

前作の『さよならドビュッシー』の時と同様に、本書でも音楽の描写が素晴らしいものがあります。前作はピアノがテーマでしたが、今回の主人公城戸晶の演奏する楽器はバイオリンであり、ラフマニノフのピアノ協奏曲第二番がメインの楽曲として取り上げられています。

本書の中ほどで愛知県を台風が襲い、堤防の決壊の恐れがあるなか避難所に避難している市民の状態が不穏な状況に陥った場面で、その場にいた岬洋介と主人公の城戸晶とが演奏する場面があります。

嵐の中一触即発の住民の中で「戦争とか天災とか、自分の生活や命が風前の灯だって時に人は音楽なんて必要とはしません。」という晶に岬はこう言い切るのです。

「音楽もまた人の心に巣食う怯懦や非情を滅ぼすためにある。確かにたかが指先一本ですべての人に安らぎを与えようなんて傲慢以外の何物でもない。でも、たった一人でも音楽を必要とする人がいるのなら、そして自分に奏でる才能があるのなら奏でるべきだと僕は思う。」

このあとに二人はチャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲を奏でるのですが、思わずネットでこの曲を探し、バックで流してしまいました。

この場面はお定まりの結末を迎えますが、物語の筋そのものはありきたりの流れではあっても、筆の力次第では心地よい感動をもたらす場面になるのだということを教えられました。一歩間違えば単なる感傷と片付けられそうな場面ではあるのですが見事なものです。

インタビュー記事を読むと、作者はクラシックに関しては興味も「なかったですし、僕は何の楽器もできません。」とのことです。全くの素人であり、だからこそ一般の人目線でクラシックを語れるのではないか、と言われています。一般人目線で、それもCDを「数回聴く程度」であの文章を書くのですから、驚きとしか言いようがありません。

前作もそうでしたが、本書はミステリー風味の音楽小説というべき物語であり、少なくとも本書に限っては謎解きもそれほどに感じるものではありませんでした。それよりも、学園内での人間ドラマ、ステレオタイプではありましたが様々な事情を抱えた学生たちのドラマのほうが面白さを感じました。

私個人の好みが謎解きに自体にはあまり関心がないこともあり、ミステリーの側面は物語の味付けの一要素にしかすぎません。本書で言えばやはり私の一番の関心は人間ドラマであり、音楽の描写なのです。

主人公を始めとする学生たちのドラマがあって、そのドラマの中にチェロの盗難や、ピアノの破壊という事件が絡み、誰が、何のためにという謎が物語の流れに厚みを持たせてくれます。そこに、音楽の描写という最大の魅力をもった文章が物語全体をより奥行きまでをも持たせてくれるのです。

中山 七里 さよならドビュッシー


16歳の遙は、祖父と従姉妹のルシアと共に火事に遭う。遙は一人生き残り、全身の皮膚を移植しなければならない大やけどを負うが、ピアニストを目指し必死に訓練に励む。しかし、身の回りで不審な事件が起き、ついには遥の母が殺されてしまうのだった。

ある少女が祖父と従姉妹と共に火事に遭いながら一人生き残り、以前からの夢だったピアニストになるため、必死に努力しコンクールに出る物語。簡単に言えばそういう物語なのだけれど、後になればこの文章はそういう意味だったのかと、隠された意図が丁寧に描写されています。伏線の張り方が実に巧妙でした。

本書の一番の特徴は、全編が音楽で満たされた作品であることでしょう。音楽をモチーフにした作品はこれまでにも何作か読んできたのですが、本作は、音楽という芸術に対する在りかたそのものについて改めて考えさせられた作品でもありました。

例えば、ピアノの演奏者の作曲者の意図の解釈についての考察です。ショパンコンクールなどの各種コンクールについてのテレビ番組などで、「演奏者の解釈」という言葉を耳にすることが少なからずありました。しかし、「演奏者の解釈」という言葉の意味そのものがよく分からなかったのです。でも、主人公のピアノの個人教師であり、本書の探偵役でもある岬洋介という人物の言葉は、妙に納得させられるものでした。個々らな実際読んだ各人が確かめてもらいたいものです。

勿論、音楽そのものについての作者の言葉での描写力の凄さを思います。音を言葉で表現することの難しさを軽く超えている、そういう印象を持たせる描写が続くのです。

また、身体障害者目線での物語、という点での驚きもあります。私個人も身体障害者手帳を持つ身ではあるものの、薬さえあれば殆ど普通人と同様の生活をおくれているので、重度の障害者の方たちと同じだなどとは思わないのですが、それでも飛んだり跳ねたりができない身であることは、なにかと負い目を感じてしまいます。

本書はそうしたハンディある身で困難に立ち向かう、ある意味スポーツ小説にも似た側面もあるのです。全身皮膚移植、という想像もできない身体で、繊細なタッチが要求されるピアノの演奏に立ち向かう主人公の内面の描写が、想像とは言え緻密に描写したあります。驚きとしか言えません。

ただ、ミステリーとしては、どうなのかという思いだけは残りました。それもありかという思いはありますが、中にはこれはいけないという人もいるのではないか、と言う危惧をも持ち得る結末なのです。でも、物語としての面白さを損なうものではないと、個人的には感じているのです。

あらためて本書を冒頭からざっと眺めますと、当たり前のことながら一行の言葉に丁寧に気をつけながら、後々に伏線となる文章をさりげなく入れてあったりします。でもそれは気のきいたミステリーはすべてにおいてそうであるため、本書だけが特別だとは言えません。しかし、伏線の張り方の巧拙はあると思われ、本書はその貼り方が巧みだとは思うのです。

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR