蓮見 恭子 襷(たすき)を、君に。


駅伝に魅せられた一人の女の子が高校生になり、陸上部にはいって、目標とする女の子の走りに近づくために必死で努力する姿を描いた長編青春小説です。

全国中学校駅伝大会―中学3年生の庄野瑞希は大会記録を更新する走りでチームを逆転優勝に導く。しかし、周囲の期待に押し潰され、走る意味を見失った瑞希は、陸上をやめるつもりでいた。一方、福岡・門司港で、倉本歩はテレビの中の瑞希の美しく力強い走りに魅せられる。「あの子のように走りたい」その一心で新進気鋭の港ケ丘高校陸上部に入部するが、部員は歩よりはるかに速い選手ばかりで―。二人の奇跡的な出会いが、新たな風を紡ぎだす!スポーツ小説を多く手掛けてきた著者が少女たちの葛藤と成長を描く、胸を熱くさせる青春小説! (「BOOK」データベースより)

誉田哲也の剣道をテーマにした『武士道シリーズ』を思い出してしまいました。主人公が高校生ということもあってなのでしょうか、登場する人物たちが、特に主人公の倉本歩は『武士道シリーズ』に登場する人物たちと重なり、あまりその差異を感じないほどでした。

主人公は倉本歩といい、全国中学校駅伝大会のテレビ中継で見た姫路中学校の庄野瑞希という選手の走りをみて、自分も彼女のように駅伝を走りたいと思い、福岡の港ケ丘高校陸上部に入部します。しかし、そこは各中学校から選抜された選手らが集められたチームで、歩はチームに在籍することすら難しいところだったのです。

面白い小説ではあったのですが、青春小説としてそれなりの面白さを感じたのであり、スポーツ、それも駅伝の小説としての魅力はそれほどまでは感じなかったのは残念でした。

自分でもはっきりとはしない物足りなさを感じたのです。それは多分、「走る」ということ、そのものについての描写がもう少し欲しかったのでしょう。正確に言うと、書いてはあったのですが、胸に迫るスポーツの場面としての描写が少なかった、と感じたのです。その点で、前述の『武士道シリーズ』に軍配が上がります。

本書の最後、クライマックスに至って、駅伝のメンバー五人のそれぞれの走りを、選手それぞれの主観で描写してありましたが、その場面だけは引きこまれるものがありました。この主観的描写云々は別にして、この雰囲気でもう少し他の個所も描いて欲しいと感じたのです。

合宿の途中、苦しい練習の中で「負けるな。自分に負けるな。」と自らに言う場面があります。スポーツで自分を追い込んだことがある人には誰でも分かると思うのですが、苦しい練習から逃げたい自分がいます。それは通常の生活でもあることで、やはりその困難から逃げたい自分がいます。そこで、自分自身の逃げたいという気持ち、そこから逃げてはいけないと自らに言い聞かせる葛藤、そのことは身にしみて分かります。

私はそこから逃げたので、更によく分かるのです。

全体として、面白く読んだ小説でした。ただ、今一歩物足りなさを感じた、ということです。

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR