藤沢 周平 霧の果て


「針の光」「虚ろな家」「春の闇」「酔いどれ死体」「青い卵」「日照雨」「出合茶屋」「霧の果て」の八編から成る短編時代小説集です。

北の定町廻り同心・神谷玄次郎は14年前に母と妹を無残に殺されて以来、心に闇を抱えている。仕事を怠けては馴染みの小料理屋に入り浸る自堕落ぶりで、評判も芳しくない。だが事件の解決には鋭い勘と抜群の推理力を発揮するのだった。そんなある日、川に女の死体が浮かぶ―。人間味あふれる傑作連作短篇集。 (「BOOK」データベースより)

久しぶりに読んだ藤沢周平作品でした。藤沢周平作品に同心が主人公の捕物帳という形態の作品は他にあったかどうか。多分この作品以外には無いと思うのだけれど、間違っていたらごめんなさい。

主人公は北町奉行所の定町廻り同心で、怠け者として通っている神谷玄次郎という男です。普段はお津世という女将のやっている蔵前の小料理屋「よし野」の二階でぶらぶらとしています。

本書冒頭に、神谷玄次郎とお津世との、ほんのりとした色気があって、そして微笑ましいやり取りがあります。そこに玄次郎配下の岡っ引きである銀蔵が殺しの知らせを持って呼び出しにくるのです。

この冒頭の数ページで、本書の主な登場人物である三人を紹介し、なお且つ三人それぞれの人となりをそれとなく読者に分からせてくれているのですが、その文章の運びはさすがに藤沢周平だというところでしょうか。

神谷玄次郎には母と妹を惨殺されたという過去があります。その事件は何故か途中で打ち切られ、犯人も不明のままなのです。この母親と妹を殺した犯人探しという大きな謎を持っている主人公ではありますが、この謎は個別の話にはまず関わってきません。個々の話は別個の独立した話としてあります

各短編は一応独立した話としてあるのですが、各話の捕物帳としての面白さにも今ひとつの切れが感じられません。更には、どうもいつもの藤沢周平作品らしさを感じられません。ぶっきらぼうな主人公の探索の様子や手下である銀蔵とのやり取りなど、藤沢周平らしさが垣間見える個所ももちろんあるのですが、全体として、藤沢作品としてのしっとりとした佇まいが感じられないのです。

それは、藤沢周平の文章の特徴の一つだと感じている、人物の心象をも表現する穏やかな情景描写が無いことや、登場人物の心情に対するもう一歩の踏み込みがないと感じる描き方にあるのではないかと、読後に思いました。

好みの問題だと言われればそれまでのことではあるのですが、藤沢作品には、身勝手な読者の要求を軽くこなすだけの広さ、奥行きがあると常々思っているため、かなり高い水準での要求があることは事実です。でも、その期待に応えてくれていたのもまた藤沢作品なのです。

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR