吉川 永青 闘鬼斎藤一


言わずと知れた、新選組の斉藤一を描いた長編時代小説です。新選組ものとしていつもの通り東屋梢風さんの「新選組の本を読む ~誠の栞~」で紹介してあった作品です。

芹沢鴨暗殺、池田屋襲撃、禁門の変などに関わり、永倉新八に「沖田は猛者の剣、斎藤は無敵の剣」と語らしめた。剣による命のやりとりから、兵による戦へと変わっていく激動の幕末を生き抜き、新選組隊長として会津戦争に参戦。警察官として明治の世まで命をつないだ一人の漢の半生を描く。新選組三番隊隊長を描く渾身の書下ろし時代小説。(「BOOK」データベースより)

三人称ではありますが、終始斉藤一の視点で語られている物語で、一般で描かれる新選組とは少々異なっていました。

第一に、台詞が現代のそれであり、それもチンピラ風です。

この口調は闘いの時の総司もですが、斉藤一は常からそうですし、何よりも近藤勇にしても同じ口調なのです。もともと無頼の印象のある斉藤一はまだいいのですが、近藤勇も「べらんめえ」でもないチンピラ口調では、どうもしっくりきませんでした。

この近藤の口調は、近藤勇の人柄を「義」に厚い人とはしているものの、自らを大名のように思い隊員を家来のように扱う勘違い男のような描き方をしてあるので、作者の意図だったとは思うのですが、少々軽すぎる印象を持ちました。

第二に、沖田総司と斉藤一との関係です。

始めは沖田のことを総ちゃんと呼び、沖田は斉藤のことを一君と呼んでいます。年が近く、共に「闘い」の中に身を置くことこそ命を感じるという点で互いに似たものを感じていたのでしょう。

この関係はこの物語を通じてのものであり、斉藤一の行動の原点となっています。本書後半になり、鳥羽伏見の戦いで幕府軍と共に新選組も敗走し、会津まで逃れ、そこで官軍と戦うときも同様です。命をかける「闘い」ではなく、単なる「争い」でしかない戦闘に際して、いつも一の心の中には沖田総司がいて、総司が病に倒れてからは、文字どおりに総司の分まで闘おうとするのです。

細かなところでは従来いろいろな物語で描かれてきた新選組のありようと異なるところが少なからずあったのですが、私が感じたのは大きくはこの二点についてでした。

この作者ならではの仕掛けを二、三挙げてみると、芹沢鴨の性格にしても単なる粗暴な男ではなく愛嬌がある男としてあったり、大阪での芹沢と力士たちとの喧嘩の際に小野川秀五郎という人格者が登場させたりという点でしょうか。

このように、これまでの新選組ものの小説とは異なる個性的な物語で、結構面白く読み終えることができました。

ただ、これは全く私の我がままではあるのですが、もう少し斉藤一を前面に押し出した物語だと思っていたので、その点だけは少々残念でした。物語も終盤に入り、鳥羽伏見の戦いも敗戦濃厚となったとき、斉藤一が闘いの指揮をとるようになります。このあたりから会津での闘いに至るあたりは斉藤一の物語になってきましたが、それまでは、どうしても新選組の一隊士としての斉藤一でしかなかったように思えます。

新選組の中で、斉藤一が剣士として主だって活躍する場面は描きにくいとは思います。そして、確かに松原忠司殺害を斉藤一の仕業とするなどの解釈を加えたりと斉藤一の物語としてあるとは思います。ですから、これは個人的な思いだけなのですが、もう少し斉藤一の剣士としての戦い方を見てみたかったのです。

蛇足ですが、この松原の一件では、伊東甲子太郎が斉藤一にかけた松原殺害の疑いを、斉藤の曇りのない差料だけで晴らすことなどあるのかな、と気になりました。

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR