FC2ブログ

平山 夢明 ダイナー


暴力とエロスとで彩られた、長編のエンターテインメント小説で、第28回日本冒険小説協会大賞、第13回大藪春彦賞を受賞しています。

ほんの出来心から携帯闇サイトのバイトに手を出したオオバカナコは、凄惨な拷問に遭遇したあげく、会員制のダイナーに使い捨てのウェイトレスとして売られてしまう。そこは、プロの殺し屋たちが束の間の憩いを求めて集う食堂だった―ある日突然落ちた、奈落でのお話。(「BOOK」データベースより)

ネット上でかなり面白いと一押しの文言があったので読んでみたのですが、個人的な好みからは少々外れている小説でした。

とはいえ、私がグロテスクな描写をあまり好まないためにこのような感想になると思われ、このような描写を直視、若しくは無視できる人にはこの小説は面白く読める作品だろうと思われます。そう思えるほどには私も入りこんで読んだというのもまた否定しがたいことです。

それは、この小説がグロであり、暴力に満ち溢れている物語ではあっても、登場人物の個性が際立っていて妙な魅力があることと、交わされる会話は暴力と拷問と汚物に関することだけ、といっても過言ではないのだけれど、この物語の持つエネルギーが半端なものではないということ、などがあると思われます。

物語は、殺し屋御用達の食堂キャンティーンでの出来事を連ねてあり、物語のプロローグとエピローグがこの食堂の外での話というだけで、あとは全部この食堂内での出来事です。いわゆる一場面ものの作品と言えます。

その食堂での描写がグロい。料理ができるという一言で生き埋め寸前のところを命拾いしたカナコという女が放り込まれたのがこの食堂でした。

お客は殺し屋ばかりで、この殺し屋というのが単にけん銃で撃ち殺すというのではなく、人体を切り刻んだり、毒殺したり、爆死させたりと普通ではありません。

カナコ以前の手伝いの女たちはすぐにお客たちによって、またこの食堂のコックであるボンベロによって殺されていまい、長生きできなかったのです。それでもなおカナコはある手段で生き延びます。それこそ命掛けで、運にも助けられながら生き延びるのです。

フルネームで呼ばれることを嫌うオオバカナコの必死の生きざまは、少々都合が良すぎるのではないかなどという読者の思いも何のその、しまいには殺し屋の心の中にまでもぐりこみます。そして、微妙にカナコに対する扱いも変わってくるのです。このグロさ満載の暴力的な小説に一片の「愛」を感じるのも惹句の通りでした。

決して好みの小説ではないのですが、この作品の持つ破壊的なまでの熱量は、読む者をして日常の世界から非日常へと強引に連れて行ってくれます。それだけの衝撃があることは間違いの無い物語です。

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR