FC2ブログ

木下 昌輝 宇喜多の楽土





本書『宇喜多の楽土』は、第159回直木賞の候補作となった長編の時代小説です。

本書の作者である木下昌輝は、デビュー作である『宇喜多の捨て嫁』という作品で第92回オール讀物新人賞、第4回歴史時代作家クラブ賞、舟橋聖一文学賞、高校生直木賞の各賞を受賞し、そして第152回直木賞にノミネートされています。

この『宇喜多の捨て嫁』という作品は、本書の主人公宇喜多秀家の父親の宇喜多秀直とその周辺の人物を六編の短編で描き出した作品で、この作品があったからこそ本書も生まれたのでしょう。

その後、『敵の名は、宮本武蔵』という作品でも第157回直木賞の候補作品となっています。



私は木下昌輝の作品としてはこの『敵の名は、宮本武蔵』しか読んでいないのですが、『敵の名は、宮本武蔵』の物語のダイナミックさに比べると、本書は少々期待外れの作品でした。

宇喜多秀家という、歴史小説という分野を見渡してもあまり取り上げられることのない、どちらかというと影の薄い武将を取り上げていること自体は非常に好感が持てるのですが、どうも本書の主人公の宇喜多秀家の印象が薄いのです。歴史小説として掴みどころのない物語だと感じてしまったのです。


秀家は何故か秀吉に気にいられますが、本書では、そのきっかけを前田利家の娘で秀吉の養女である豪姫の言葉に求めています。そして、秀吉が秀家の首根っこを押さえた事柄として、秀家の落ち武者を逃がした事件を設定してあります。

ただ、この事件が物語にどのような意味を持っているか良く分かりません。秀家が一大名として秀頼に従属することになっていくとしても、それは戦国大名としての判断として一つの選択です。

ただ、秀家の生き方として心理的に秀吉に逆らえないという意味では意味があるのかもしれませんが、それならそれでその点を明確にして欲しいと思います。


また、細かな点かもしれませんが、秀家の従兄の左京亮の狂気にもどれほどの意味があるのでしょう。豪傑として知られる左京亮の異常性をこれほどまでに強調する意味もよく分かりませんでした。

この点にしても、主人公の秀家を心やさしい人間として設定してるのでその対比という点があるのかもしれません。しかし、そのためにあれだけの狂気を設定する理由とはならないでしょう。


宇喜多秀家という、皆、名前だけは知っていてもその実情はよく知らない戦国武将に光を当てた作品です。歴史小説が好きな人にとっては読むべき作品の一つになるのでしょう。

上記は批判的意見を書いていますが、何といっても直木賞の候補にまでなった作品ですので、上記の感想は私個人の主観的評価に過ぎません。もともとこのようなブログ自体が主観的意見の開陳という以上の意味は持たない、と言われればそれまでですが、こういう見方もあるということです。

木下 昌輝 敵の名は、宮本武蔵


剣豪宮本武蔵の姿をこれまでとは全く異なる観点から描きなおした歴史エンターテインメント小説で、第157回直木賞候補になった作品です。

七人の敗者たちから描く、剣聖の真の姿。 かつてない宮本武蔵像が誕生した
剣聖と呼ばれた男の真の姿とは──。
島原沖畷の戦いで“童殺し”の悪名を背負い、家中を追放された鹿島新当流の有馬喜兵衛の前に、宮本無二斎と、弁助(武蔵)と呼ばれる十二、三歳の子供が現れた。弁助は、「生死無用」の真剣で果し合いをするというのだが……。(「有馬喜兵衛の童討ち」より)少女を救うため、避けられぬ戦いに命を賭す「クサリ鎌のシシド」、武蔵の絵に惹きつけられるも、一対一の勝負に臨む「吉岡憲法の色」、武蔵の弟子たちが見た剣の極地「皆伝の太刀」、武蔵と戦う宿命を背負った小次郎「巌流の剣」、そして次には……。敵たちの目に映った宮本武蔵。その真の姿とは──。著者渾身の歴史小説。(「内容紹介」より)

本書の構成は、

「有馬喜兵衛の童討ち」
「クサリ鎌のシシド」
「吉岡憲法の色」
「皆伝の太刀」
「巌流の剣」
「無二の十字架」
「武蔵の絵」

となっています。これまでの宮本武蔵の物語を思っていると全く異なる物語であることに驚くことでしょう。

冒頭の「有馬喜兵衛の童討ち」では、島原沖畷の戦いでの“童殺し”の悪名を背負い、いまでは博徒にまで身を落としている有馬喜兵衛が、兄弟子の仇討とばかりに無二とその子弁助に挑みます。

ここでの武蔵は、細身だが筋肉質で背丈は大人ほどもあるものの、未だ十三歳の子供です。しかし、子供ではありながら既に剣士であり、あの一般に印象付けられている「武蔵」の雰囲気を身につけています。ただ、父親の無二斎と共にいて、父から剣を学んでいる様子がこれまでの多くの小説とは異なります。

武蔵の持つ“情”は次の「クサリ鎌のシシド」でも同様です。一般には鎖鎌の使い手である宍戸梅軒ということになるのでしょうが、ここでのシシドは無頼の仲間であり、鎖鎌も自分で生きるために身に付けた武器でしかありません。千春という娘との淡い恋心がほのかに色を添えています。

その次の闘いの相手は京の吉岡一門で、物語自体は吉岡一門の当主である吉岡憲法の物語になっています。党首の名前は一般に言う清十郎とは違って源佐衛門であり、その後戦った人物も伝七郎という名ではなく、又一郎となっています。また、一乗寺下がり松の決闘はその決闘自体の描写がなく、幼子であった又七郎という存在自体触れてありません。

このあと、武蔵は微妙にその行動が変わってきて、「皆伝の太刀」という物語では、弟子であった幸坂甚太郎と立ち合い、これを破りつつ皆伝を与えます。

そして津田小次郎という人物が主人公となる「巌流の剣」から物語は全く別の様相を見せ始めます。一般に佐々木小次郎と呼ばれている剣士の本名だそうです。

小次郎は武蔵の父親の無二斎と立ち合い、これを破るのですが、それには本位田外記という人物が関わっています。ここまで書くことすらネタバレの分野に踏み込んでいると思われ、これ以上は書きませんが、作者の仕掛けが徐々に表に出てきます。

次の「無二の十字架」で本書の仕掛けが一気に展開されます。エンターテインメント小説としての本領が発揮され、武蔵の物語が無二斎の物語として語られていたことに気付くのです。

本書の内容はこれまで一般に言われてきた武蔵像とはかなり異なります。それは吉川英治の『宮本武蔵』との決別であり、資料を読みこんだ末の物語の再構成でもあります。全くの荒唐無稽な物語のようでありながら、その実、資料の裏付けがある新解釈のエンターテインメント小説でもあります。

本書の冒頭では、舞台設定も含めてこれまでの多くの武蔵を描いた小説とは異なる印象で、期待が持てると思っていましたが、次第に独自の解釈に走った特異性を狙った物語かと、思うようになりました。しかしながら、読み終えた頃には全く新しい武蔵像があって、新しい宮本武蔵の物語が存在していたのでした。

直木賞候補になった作品というのも納得の読み応えのある作品でした。

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR