FC2ブログ

ハンガーゲーム

ハンガー・ゲーム [DVD]ハンガー・ゲーム [DVD]
(2013/10/25)
ジェニファー・ローレンス、ジョシュ・ハッチャーソン 他

商品詳細を見る

架空の国パネムにある十二の地区から男女それぞれ一名ずつの計二十余名が選抜され、最後の一人になるまで戦うことを義務づけられていた。第十二地区からは主人公のカットニス・エヴァディーンと、カットニスの旧友のピーターが出場することになった。

本作はスーザン・コリンズが書いた「ハンガーゲーム」というヤングアダルト小説が原作で、「ハンガー・ゲーム2 燃え広がる炎」「ハンガー・ゲーム3 マネシカケスの少女」と続くそうです。勿論映画も続編が製作され「ハンガー・ゲーム2」は既に公開されています。

この原作は日本の高見広春の「バトル・ロワイアル」との類似からパクリ疑惑があった作品で、確かに、独裁国家においての一定の場所での選抜された少年少女による殺し合い、という基本設定は同一です。

主人公のカットニスは「ウィンターズ・ボーン」で絶賛され、その後「世界にひとつのプレイブック」で第85回アカデミー賞主演女優賞をとったジェニファー・ローレンスが演じています。

肝心の映画の出来は、面白くないとまでは言いません、というところでしょうか。世界的なヒット作という先入観で見たからかもしれませんが、アクション映画としてみると「バトルロワイアル」の方が数段面白かったと感じました。深作監督の手腕もあるでしょうし、原作の設定も「バトルロワイアル」の方が徹底していたように思います。

本作「ハンガーゲーム」は前半で映画の舞台の説明があり、後半で戦いに入ります。舞台説明が詳しいのは良いのですが、それにしてはこの独裁国家の説明としては少々分かりにくく、もう少し簡潔にも出来たように思えてしまいました。後半のアクションシーンにしても、アクションの場面は殆どありません。

反面、個々人の行動を描きつつ、自らが生き延びるためにクラスメイトを殺さざるを得ない苦悩など、「バトルロワイアル」のほうが人間の描き方もすぐれていたと感じました。

更には、本作ではルールの恣意的な変更がありますが、これは見る者の興を殺いでしまうのではないでしょうか。映画というよりは多分原作がそうなっているので仕方が無いのでしょうが、これは頂けません。

続編に期待するばかりです。

プロメテウス

プロメテウス [DVD]プロメテウス [DVD]
(2013/07/03)
ノオミ・ラパス、マイケル・ファスベンダー 他

商品詳細を見る

私が一番好きな分野のSF映画です。

本来、「エイリアン」の前日譚として企画されたと聞いていましたが、大人の事情で設定としては単に地球人類誕生の謎に迫る物語とされているようです。

地球の各地で同じ星座を指し示す壁画が発見され、一行達はその壁画の指示に従い地球を後にする。長い冷凍睡眠の後、到着した目的の星には人工物らしきドーム状の岩山があった。その近くに降りた一行は早速その岩山に向かう。そこにはエンジニアと呼ばれる宇宙人の死体があった。

さすがりドリー・スコットと言うべきなのでしょうが、あのエイリアンを作った人とはとても思えないものでした。

はるばる辿り着いた目的地の惑星で、たまたま人工物らしきものを見つける点もまず「えっ」っと思ったのだけれど、早速調査に赴いた先で酸素があるというだけで宇宙服を脱いでしまう、これはありえない。という風に、このように簡単に「変」と思える個所が随所にあるのです。

ところが、見終わってみると、B級映画でこのような突っ込みどころがあれば時間が無駄だったとか思うところなのですが、そういう感覚はあまり無いのです。映像はDVDで見ても壮大で、これが映画館であれば更に見応えがあるのでしょうし、ストーリーにしてもシャーリーズ・セロンが演じた人間の位置付けなど良く分からなかったりするのだけれど、それでも、なんとか見応えがある映画として心に残っているのです。

見た人なら分かる「横に逃げればいいのに」という突っ込みなど、リドリー・スコットという巨匠の前では力技でねじ伏せられてしまうのでしょうか。それとも単純に私がSFが好きだからということなのでしょうか。

とにかく、結論としてはまあ面白かった、ということになるのでしょう。

続編の制作が決定したというニュースもあったり、楽しみです。

エクスペンダブルズ2

エクスペンダブルズ2 [DVD]エクスペンダブルズ2 [DVD]
(2013/03/02)
シルベスター・スタローン、ジェイソン・ステイサム 他

商品詳細を見る

S・スタローンのアクション映画の第二弾です。

冒頭から、とあるメキシコ風の街中の土レンガ造りの建物にスタローンとその仲間が装甲車もどきの車を交え突っ込んでいくという派手なアクションが展開されます。勿論、マシンガンによる弾幕の中であってもスタローンやその仲間の傭兵仲間には当たる筈もありません。そして、その建物に捉えられていた人物が解放されると、その人物は・・・。

と、まずはど派手なアクションで観客を取り込みます。

ジェイソン・ステイサムやドルフ・ラングレンといった前作からの仲間に加え、今回はジャン=クロード・ヴァン・ダムの出演というのが目玉でしょう。また、アーノルド・シュワルツェネッガーの前作よりは出番が増えています。驚いたのはチャック・ノリスが出ていたことでした。ひとり、おいしい役どころですね。

とにかく理屈抜きのアクション映画です。飛行機が必要になれば、次のシーンでは遠くに置いていた筈の飛行機に乗り込んでいたりと、突っ込みどころは他にも沢山あります。しかし、これだけのスターの競演です。単純に胸のすくアクションを十分に楽しめばいい、そんな映画でした。

デンジャラス・ラン

デンジャラス・ラン [DVD]デンジャラス・ラン [DVD]
(2013/06/26)
デンゼル・ワシントン/ライアン・レイノルズ/ヴェラ・ファーミガ/サム・シェパード

商品詳細を見る

原題を「SAFE HOUSE」といい、「隠れ家」を意味する言葉だそうです。CIAが証人などをかくまう時に使ったりする秘密の場所ということです。

下級CIAエージェントのマットは南アフリカの「隠れ家」の管理人をしていた。ある日、裏切り者である伝説の元CIA工作員トビン・フロストがこの「隠れ家」に移送されてきた。担当者達がトビンへの尋問を開始しようとしたその時、何者かがこの「隠れ家」に奇襲をかけてきて、CIAの担当者たちを皆殺しにしてしまう。残されたマットはトビン・フロストと共に脱出し、襲撃者達からの逃走を図るのだった。

まず、伝説の元CIA工作員トビン・フロストを名優デンゼル・ワシントンが演じている、そのことだけで面白そうと思ってしまいます。この人主演の映画で外れという映画は記憶にありません。そして、その相手となるマットを演じている役者は見たことがあると思っていたら、「グリーン・ランタン」の主人公を演じていた若者でした。あの映画は三流で、この若者も見栄えがしなかったのですが、この映画ではデンゼル・ワシントンの向こうを張って魅力的な人物になっています。

映画のストーリー自体は特別なものはありませんが、アクションシーンはそこそこ見応えがありました。何より、やはりデンゼル・ワシントンの魅力が満点で、この人が好きな人なら満足する映画だったと思います。

リベリオン

リベリオン -反逆者- [DVD]リベリオン -反逆者- [DVD]
(2003/10/24)
クリスチャン・ベール、エミリー・ワトソン 他

商品詳細を見る

前田有一氏の批評でアクションシーンを絶賛してあったので借りてみた。

舞台設定やストーリーそのものは決して及第点とは言い難い。戦争をなくすために人間の「感情」を悪として抑え込み、それに反すると問答無用の死刑。感情を殺すという秩序維持のために、闘争術の特殊訓練を受けた主人公も属するクラリックという一隊が活躍する。しかし、薬を飲み損ねた主人公が感情を得たとき、世界が変わる。

戦争を無くすために感情を殺すという処置をとった筈なのに、そういう体制の維持のために問答無用の暴力を用いる、というその設定自体が矛盾をはらみ疑問として残ってしまうのだけど、まあ、何とか妥協して最後まで見続けた。

確かに、アクションシーンは凄いの一言だ。「ガン=カタ」という独自のアクション手法なのだそうだけど、マトリックスのアクションシーンを思い出してしまうほどに似ている。マトリックスは1999年、本作は2003年の公開と、本作の方が新しい。なのに独自のアクションと言えるのだろうか。細かく見れば違うのだろうけど、一般素人が見て同じと思う程度であれば、それはもう独自とはいえないような気がする。

にもかかわらず、確かに、アクションシーンは見ごたえはあった。

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR