FC2ブログ

葉室 麟 あおなり道場始末


葉室麟のいつもの雰囲気とは異なる、めずらしく軽妙な物語らしいので読んでみました。

豊後、坪内藩の城下町にある青鳴道場。神妙活殺流の遣い手だった先代の死から早一年、道場は存亡の危機にあった。跡を継いだ長男の青鳴権平はまだ二十歳と若く、その昼行燈ぶりから、ついには門人が一人もいなくなってしまったのである。米櫃も底をついたある日、「鬼姫」と巷で呼ばれる妹の千草や、神童の誉れ高い弟の勘六に尻を叩かれた権平がようやく重い腰を上げる。「父の仇を捜すために道場破りをいたす」。酔って神社の石段で足を滑らせて亡くなったとされる先代の死には不審な点があり、直前には五つの流派の道場主たちと酒席を共にしていた。三人は、道場再興と父の汚名を雪ぐため、まずはその一つ、新当流の柿崎道場に乗りこむ―。(「BOOK」データベースより)

結論から言うと私の好みとは少々異なる物語でした。

私が読んだ葉室麟の作品の中でコミカルなタッチの作品といえば『川あかり』があったと思います。他には思いつきません。この作品は藩で一番の臆病者と言われているにもかかわらず、家老の暗殺を命じられた伊東七十郎という若者が、川止めで足止めされた宿で様々な人との触れ合い、成長する物語でした。

さわやかな読後感を覚えた『川あかり』という作品とは異なり、本書『あおなり道場始末』にはそうした印象はありませんでした。普通の痛快時代小説としての面白さは、あります。でも、私にとってはそれだけであり、それ以上のものではありませんでした。

しかし、ネット上のレビューを見ると、読みやすく、感動したなどと高く評価している声が多数ありました。やはり、個人の感想は人それぞれだと、あらためて感じさせられて作品でもあります。

先代の死から一年が立ち、弟子もいなくなり、米櫃も空になろうかというころ、主人公の青鳴三兄弟は道場破りをすることにします。長男の青鳴権平は二十歳と若いもののかなりの剣の使い手であり、弟の勘六は神童と呼ばれ、妹の千夏は「鬼姫」と呼ばれているほどの達者であり、三人で城下の五つの道場を回りながら、併せて父の死の疑念をもとこうとの思惑でした。

ところが、権平の神妙活殺流の秘剣は三本に一本しか決まらない、というのです。とはいえ、何とかしのぎながら道場を巡っていく三人で、そのうちに父の死をめぐる隠された謎が浮かび上がってくるのです。

この物語の枠組み自体は面白そうだし、登場人物も少なくとも主人公兄弟に関してはキャラクターも立っていて、読み始め当初は面白くなりそうな物語だという印象でした。

しかし、権平の秘剣が三本に一本しか決まらないという話も、わざわざその設定にすることで生きてきた場面がありませんし、更には、結局は青鳴道場と他の五つの道場との間でのみ交わされる闘いであり、その闘いですらも闘いの意味が今ひとつはっきりとしないのです。

正確には最終的に父の死にまつわる謎と共に他の道場との絡みの意味も明らかにはされるのですが、小気味よく割り切れたというわけにはいきません。あいかわらずに欲求不満が残ります。

葉室麟という作家の上手さは、武家社会の中という制約の中で必死に生きる侍や女たちを、その心情を静謐な文章で描きながら明らかにしていく、というところにその本領を発揮するようです。本書のように、軽妙なタッチの作品は決してうまいとは言えません。

とはいえ、先にも書いたように、本書を高く評価する意見が多い以上、この文章も私の個人的不満を述べたにすぎない、ということになりそうです。

葉室 麟 潮鳴り


襤褸蔵とまで呼ばれるほどに堕ちた一人の男の再生の姿を描いた長編時代小説で、葉室麟が直木賞を受賞した『蜩の記』と同じ羽根藩を舞台にした、羽根藩シリーズの第二弾です。

俊英と謳われた豊後羽根藩の伊吹櫂蔵は、役目をしくじりお役御免、いまや“襤褸蔵”と呼ばれる無頼暮らし。ある日、家督を譲った弟が切腹。遺書から借銀を巡る藩の裏切りが原因と知る。弟を救えなかった櫂蔵は、死の際まで己を苛む。直後、なぜか藩から出仕を促された櫂蔵は、弟の無念を晴らすべく城に上がるが…。“再起”を描く、『蜩ノ記』に続く羽根藩シリーズ第二弾!(「BOOK」データベースより)

一編の時代小説として、面白くないことはない、というほどの物語でした。というのも、あの『蜩の記』の続編という期待を持って読んだため、私の中でハードルが最高に上がっていたからそう感じたと思われます。しかし、そうした高いハードルではなかったとしても、多分高得点はつかなかった物語だったと思います。

伊吹櫂蔵という文武に秀でた男が、ある失敗のためにお役御免となり、酒におぼれる日々となります。代わりに家督を継いだ義弟が出世の道をひた走っていると思っていたところ、腹を切ったという知らせが届くのです。残された遺書により、義弟の死に隠された真実を知った伊吹は、再度仕官の機会を得たことから義弟の死に隠された秘密を明らかにするのですが、その設定自体が安易さしか感じませんでした。

つまり、後にその経歴が生きてくる、江戸の呉服問屋三井越後屋の大番頭であったという過去を持つ咲庵(しょあん)という俳諧師と偶然にも酒の仲間になっていたり、彼ら二人が会う飲み屋の女のお芳が、敵役の井形清四郎から捨てられた女であったことなど、偶然が重なり過ぎて舞台設定が安易に思えるのです。

また、物語の必然として、伊吹櫂蔵は恥辱に耐え抜き、再仕官の話をきっかけに再起を図るのですが、その際の話の進み方も都合が良すぎるとしか思えませんでした。

勿論、葉室麟の作品ですから一応の物語として仕上がっていると思います。しかしながら、『蜩の記』と比べても仕方がないことだとは思いますが、『蜩の記』のときの清廉なまでの、張りつめた緊張感を持った文章の美しさ、心打たれる情景の描写など、本書ではほとんどみられません。通常の痛快エンターテインメント小説と同列であり、物語に高潔は侍のあり方を見つめる趣きなど求めてはいけないのだと言わんばかりです。

ただひたすらに残念な物語でした。

巻末に、解説文を朝井まかて氏が書いておられます。「再生の物語にして青春の文学」と題されたこの一文は、本書を「他者の失われた人生を取り戻す『再生の物語』であり『青春の文学』」だと評しておられます。また、「そして羽根藩の海沿いの風景、山々、季節の巡りの描写が、物語のリアリティを深める。そこに吹く風が見え、寄せては返す波音、人生の潮鳴りが聞こえる。」とも書かれています。この評価には首をかしげざるを得ません。

このシリーズにはまだ続編があるそうです。葉室麟という作者の力量はこんなものではない筈だという期待から続いて読みたいと思います。

葉室 麟 影踏み鬼


『蜩の記』で直木賞を受賞された葉室麟氏が新選組を描いた作品です。いつものように「新選組の本を読む ~誠の栞~」で紹介してありました。なかなかにタイミングが合わなくて借りることが出来なかったのですが、やっと読み終えました。

伊東を慕い新撰組に入隊、後に赤報隊へ身を投じた久留米脱藩隊士・篠原泰之進。彼の眼を通じて見た、新撰組の隆盛と凋落を描く。(「BOOK」データベースより)

本書で描かれているのは新選組そのものではなく、常であれば新選組に仇なす集団とされる高台寺党の中でも、近藤勇を撃った卑怯な雑兵として描かれることの多い、篠原泰之進という男です。

端的に言って、葉室麟という作家らしくない文章だというのが第一印象です。葉室麟の本来の者ち味である、凛とした、硬質な文章でありながら情感豊かに侍の生きざまを描き出すという作品ではなく、心象風景を描くこともなく淡々と事実を列挙する、抒情性を排した文章で構成された作品になっているのです。

それは、篠原泰之進という男を描く上で、殺人集団としての新選組を浮き彫りにしている作品だからなのでしょうか。とくに本作で描かれる新選組は殺戮者としてのそれであり、時代の波に巻き込まれ心ならずも剣を取らざるを得ない男たち、若しくは自らその波に飛び込んでのし上がるために剣を取る、などという青春群像劇のニュアンスなどどこにも見られない作品になっています。

そのことは、高台寺党に参加する藤堂平助や斎藤一の描き方も異なることになりますが、そうした描き方自体は特別にユニークなもんではありません。近藤も土方も、そして沖田総司でさえも殺戮者であることも同様です。ただ、斉藤一だけは、何となくではありますが、篠原と心が通じる男として描写してあります。共に剣の使い手であり、激動の時代を潜り抜け、明治の世まで行きぬいた男という点で共通するものを感じたのでしょう。

本書序盤で、坂本竜馬の人柄を「女や子供に好かれる男」として描き、篠原泰之進と上手くかかわらせています。それも寺田屋という場所で、おりょうの連れとして、篠原の妻となるべき女性の萩野と共に合わせているのです。このあと、竜馬をしばしば登場させ、竜馬の暗殺の場面も、篠原に竜馬殺害の真犯人を目撃させたりと、ポイントで竜馬を微妙にかかわらせているのは、小説としてのエンターテインメント性を考慮したからでしょうか。

また、萩乃という女性と篠原泰之進とが夫婦関係にあったというのは史実らしいのですが、篠原の人間味を引きだすのに、萩乃親子がうまく使われていて、殺伐としたこの物語の息抜きとなっています。

若干気になる点もあることはあります。例えば、油之小路事件の折、近藤の妾宅に呼ばれた伊東は、酒の席で殺気を感じ「近藤の言葉を斬首の申し渡しのように聞い」ていながら酩酊するほどの酒を飲んでいますが、そうした状況ではそんなには飲まないのではないだろうか、という疑問はのこります。実に細かなことではあるのですが、こういう些細な点を気にしてしまいます。

タイトルの「影踏み鬼」が、攻守交替する鬼ごっこの意だと明らかにする萩野の子の松之助との会話は、何故か心に残りました。

葉室麟の新たな一面を見た本書は、また篠原泰之進目線で語られる新選組という点でも面白い小説でした。

葉室 麟 橘花抄


侍の生き様と、侍の家に生まれた女たちの、清廉な生き方を描き出した作品です。

両親を亡くした卯乃は、筑前黒田藩で権勢を振るう立花重根に引き取られたが、父の自害に重根が関与したと聞き、懊悩のあまり失明してしまう。前藩主の没後、粛清が始まった。減封、閉門、配流。立花一族は従容として苦境を受け入れるが追及は苛烈を極め、重根と弟・峯均に隻腕の剣士・津田天馬の凶刃が迫る。己の信ずる道を貫く男、そして一途に生きる女。清新清冽な本格時代小説。(「BOOK」データベースより)

藩主とその二人の息子らの、三すくみの争いに巻き込まれる立花重根(しげもと)とその弟峯均(みねひら)、それに重根の家に預けられることになった卯乃の、波乱に満ちた運命が描かれます。

葉室麟の作品を読んでいて気になることがあります。それは、本書の前に読んだ葉室麟の『陽炎の門』も、その前に読んだ『この君なくば』などにしても、禁欲的であくまで主君に対する忠節を貫く侍の生き方を描くと共に、そのような時代の中での恋模様を描いているところです。

有名な「葉隠」の中にも「忍ぶ恋」という文言があるように、武士道と恋という相反するように思える生き方、想いの間には相通ずるものがあるのでしょうか。この点の「忍ぶ恋」解釈にもさまざまなものがあるのでしょうが、簡単に書かれた文章の一つに「823夜『葉隠』山本常朝|松岡正剛の千夜千冊」があります。

ここでは、葉隠れの中での「常住死身」と「忍ぶ恋」との関係についても書かれています。誤解を恐れずに書けば「常住死身」とは「単に死を覚悟する」ことを超えたところでの「奉公」であり、「忍ぶ恋」とは衆道をも前提とした片想い、すなわち相手は知らない一方的な恋のことであって、武士道とは主君の知不知を超えたところでのご奉公ということを意味しているようです。

本書においても重根はひたすら黒田のお家のため、現藩主である綱政の不興を買うことは分かっていながら、前藩主光之と光之の三男現藩主綱政、更には不行跡を理由に廃嫡された光之の嫡男綱之の三者の仲を元に戻そうと図ります。しかし、やはりそれらの行為は、現藩主綱政やその取り巻きにはには重根が自らの利益のために為しているとしか受け取られず、立花の家は過酷な処置を受けるのです。

重根の弟峯均はかつて試合で佐々木雁流の流れをくむ剣士に敗北した過去を持っていますが、その後の研鑽で宮本武蔵の二天一流を会得した使い手でもあります。峯均はそんな兄の護衛として共に藩のために尽力します。そして兄と同様に流されるのです。

卯乃についてみると、現在では出家して泰雲と名乗っている嫡男綱之の廃嫡のときの騒動のために、父村上庄兵衛を亡くしているのですが、誰も手を差し伸べようとはしないなか、幼い卯乃を引き取ったのが重根でした。その卯乃も、父の死に重根が関わっているとの話を聞き、懊悩から盲いてしまい、重根の継母りくの元に行きます。そこに峯均も共に住んでいまたのです。

主だった登場人物だけでも多くいて、それぞれの関係性も複雑です。若干物語を追うのに苦労しかねないストーリーです。加えて、少なくない場面で引用される古歌により登場人物の心情を表現していたり、りくを中心としておこなわれる香道による香りもまた人物の内心、心情をあらわしたりと、本書の内容はかなり濃いものがあります。加えて、本書には剣の使い手としての峯均の、剣豪小説的な側面もあるという、実にぜいたくな内容です。

有名な田騒動に続く、第二の黒田騒動とも言われる事件に題を取り、実在の立花重根、峯均という人物を中心に、武士の生きざま、そして恋模様を描いた本作品は、葉室麟の作品の中でも多くの人が名作と評しているのも分かります。

ただ、個人的にはやはり『蜩の記』に軍配を上げたいのです。本書で多用される人物の心象表現が、少々人智を超えたところで働く力に頼り過ぎると感じました。峯均の剣戟の場面にしても同様で、いまひとつ入り込めませんでした。

葉室 麟 陽炎の門


変わらずに清冽な印象を残す文章で綴られるこの物語は、やはり葉室麟の物語であると共に、サスペンスフルな物語ともなっていました。

「氷柱の主水」との異名を持つ桐谷主水は、軽格の身でありながら、30代も半ばの若さで藩の執政に登用されることになった。藩主親子を誹謗する内容の落書の筆跡を、友人であった芳村綱四郎のものと断定し、切腹させた過去を持っていた。主水は、その芳村綱四郎の娘由布を妻に迎えていたが、由布の弟である喬四郎から仇打ちを果たすべく申し込まれる。喬四郎は、綱四郎を陥れたのは主水であるとの密告書を持っていたが、その密告書の筆跡は綱四郎が書いたとされる落書と同じであり、落書の筆跡は綱四郎であるとの主水の証言は、その根拠を失いそうになるのだった。

どの作品においても武士の生き様を描いておられる作家ですが、本書もその例に漏れません。常に自己を見つめる厳しい目を持った主水は、友人を助けることなく死に追いやった自分に疑問符を付きつけています。侍として嘘はつけず、筆跡を友人のものと断定したことは正しかったとしても、ひとりの人間として見た場合、他に取るべき方途は本当に無かったのか、自らの行いを問うています。

主水は、自らの身の証しを立てるために再度落書の筆跡を調べようとするのですが、そのために監視役としてつけられた早瀬与十郎という男が登場します。この男の行動が若干不自然ではあるのですが、その意味も終盤明かされます。全ては、落書、密告書を書いたのは誰か、という謎解きをめぐり話はすすみ、物語は20年前の夏に起きた「後世河原の騒動」に収れんされて行くのです。

特に犯人探しをしようとは思わないでも何となくの見当はついてくるので、ミステリーとして見た場合は良い出来なのか、そうではないのかは分かりません。しかし、時代小説としての出来は相当なものだと思います。

ただ、私の好みから言うと、若干ずれていました。主人公の主水の落書の筆跡を綱四郎のものと断じた自らの行為についての心の葛藤をそれなりに描写してはあります。でも、物語の流れは、落書の書き手は誰なのか、などの謎の解明に割かれていき、私の好みからは少々遠ざかっていきました。侍としての桐谷主水の生き方をもう少し突き詰めて描いてほしい、と思ったのです。謎解きがあるだけに、その点が半端になった感じがしました。

とはいえ、さすがの葉室麟作品です。読み応えがありました。

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR