FC2ブログ

佐藤 正午 月の満ち欠け


新たな代表作の誕生! 20年ぶりの書き下ろし あたしは、月のように死んで、生まれ変わる──目の前にいる、この七歳の娘が、いまは亡き我が子だというのか? 三人の男と一人の少女の、三十余年におよぶ人生、その過ぎし日々が交錯し、幾重にも織り込まれてゆく。この数奇なる愛の軌跡よ! さまよえる魂の物語は、戦慄と落涙、衝撃のラストへ。 (内容紹介より)

第157回直木賞受賞作品です。

本書冒頭の場面で、小山内堅(おさないつよし)に、初対面であるらしい女の子が「煎茶とドラ焼きのセットにすればいいのに」と話しかける場面があります。読み手にとっては何のことなのか全く分かりません。また、主人公が抱えてきた荷物にも何らかの意味がありそうですが、読者には何も説明がありません。

こうして、何となく先行きが不明な、不安なままの出だしで、この作品が直木賞なのか、と疑問に思いながら読み進めたものでした。

そうこうするうちに、小山内の回想の場面に入ります。単に数字だけの章題に何なのか、と疑問を抱きながら読み進めると、どうも普通の小説とは異なります。小山内の妻が、娘の様子がおかしいと、七歳の娘瑠璃が、幼い子供が知る筈のない知識を持ち、知る筈のない過去の事実を知っていると言うのです。

そうこうしているうちに、この物語は輪廻転生をテーマにしているのではと分かってきて、そのころから物語の世界に魅せられている自分に気が付きました。

ここらの、日常を描いていた筈なのに、いつの間にか非日常の世界へと入り込んでいたという印象は、近年読んだ小説で言うと、先般読んだ森見登美彦の『夜行』と同じです。ただ、『夜行』のほうはホラーチックで、異世界に引きずり込まれそうな印象でしたが、本書にはそうした印象はありません。

小山内の次には三角哲彦(みすみあきひこ)についての、そして正木竜之介についての回想の場面が、読者の前に示されます。そしてそのたびに、章題もなく時計のアイコンの見出しと頁上部の時刻表示があるだけの、冒頭の小山内と女のことの三人の場面に戻るのです。

回想の場面に入るたび、この物語のテーマが明確にされていき、輪廻転生の物語でありつつも、それは深い愛の物語でもあることがはっきりとしてきます。

そこには正木瑠璃という女性の、「月の満ち欠けのように、生と死を繰り返」しあなたの目の前に現れる、という言葉が全てを物語っています。本当はこの言葉自体、ネタバレ的な要素を含むものであり、書くべきではないのかもしれませんが、本書の感想を書く以上は避けては通れない言葉だと思い、記します。

この言葉が記されている第8章は、本書の中でも殆ど80頁をとってあり、要の章でもあるようです。この章の前、第7章はそれに比して実質一頁分しかありません。「四隅の揃った書類束のような男の半生に、一年だけ無駄がある。」と述べ、つぎの第8章の展開へと導いています。こうした展開が上手いですね。

本書は全体的にその構成が見事だと感じました。輪廻転生という決してユニークではないテーマをここまで上手く展開させ、読者を引っ張る力はさすがにプロだと言うしかありません。

輪廻転生という言葉に自分の「生」そのものをすべてにわたって見直さざるを得なくなっている小山内。その心境は読者の心の片隅に芽生えている心象なのかもしれないと思っています。

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR