FC2ブログ

塩田 武士 騙し絵の牙




2017年本屋大賞の候補作になった『罪の声』を書いた塩田武士が人気俳優の大泉洋を念頭に描く、今の出版業界の現状をリアルに描き出す長編小説で、再度2018年本屋大賞にノミネートされた作品です。



薫風社の月刊誌「トリニティ」の編集長を務める速水は、編集局長の相沢から「トリニティ」の廃刊を示唆され、半年の間のテコ入れを要求されます。何としても「トリニティ」の存続を維持しなければならない速水は、編集部員に対しノルマを課すことになるのでした。

「トリニティ」存続のために速水が打った手の一つは、前から目をつけていた文壇の大御所二階堂のスパイ小説のアイディアの実現に向けて動くことでした。

二階堂の接待は神経を使うものではありましたが、その時に二階堂から聞いたのは薫風社の二百人規模のリストラの話だったのです。

出版不況で他業種とのコラボ企画なども持ち上がり、またリストラや文芸誌の廃刊も告げられるなか、家庭では妻早紀子との間は冷え切り、小学五年生の一人娘美紀の成長だけが楽しみでしたが、「トリニティ」の廃刊を阻止するために家庭を顧みる余裕はない速水でもありました。



速水という編集者の、自らが編集長を務める雑誌の廃刊を阻止するために、必死に奔走する姿が描かれています。

雑誌の出版されるまでの編集者の仕事を、詳細に描き出し、これまで知らなかった業界の内部事情を緻密に描写してあります。それとともに、出版界の危機的な現状をリアルに描き出しており、加えて大泉洋という大好きな役者をあて書きとして描いてあるというのですから、なかなかに興味を持って読んだ小説でした。

しかしながら、出版業界の内部事情を描くことへの期待は、大泉洋のあて書きという謳い文句と併せて、一段とハードルを上げることになったようです。

本書は本書として面白いということを否定するものではありません。例えば、文芸誌の廃刊は、作家にとり「雑誌連載の原稿料が月給で、単行本化の際に支払われる印税がボーナスに当た」り、連載途中の廃刊は、物語の発表場所を奪うとともに、作家の収入の道をも奪ってしまう大変な事態であることなど、出版という業態に付随するさまざまな知識をちりばめてある点は実に興味深いものでした。

しかし、「騙し絵」というほどの「騙し」であったのか、「牙」というほどに鮮烈な鋭さを持っていたのか、というと、それほどではなかった、と言わざるを得ません。

また、速水にしても、天性の人たらしであり、人に取り入るのが上手いという点は、確かに大泉洋という人物から受ける印象そのままだと思いますし、ものまねを自在にこなすという点は分かりませんが、その場の空を読んで発言を自在に変え、その場を和ませ、また盛り上げるという人物像もその通りだと思います。

ただ、速水の人間像が私が思う大泉洋という人間像からは微妙にずれるのです。人間関係を繋いでいく上であまりにもスマートな印象があり過ぎたのでしょう。小説の主人公として実に魅力的ですが、微妙に大泉洋ではないのです。

ただ、大泉洋の印象ついては個人の印象しかないので、あえて言うところではないのでしょう。

一番は、はやりエピローグに描かれる速水の姿です。このエピローグこそが本書の目玉でもあると思うのですが、この点が前述の「騙し」「牙」と言えるのか、今ひとつ心に刺さりませんでした。

小説としての魅力はあります。しかしながら私が抱いてしまった過大な期待を満足させてくれた、とまでは言えなかったのです。

塩田 武士 罪の声

1984年から1985年にかけて関西方面で実行された、多数の食品会社を対象に為された脅迫等事件である、いわゆる「グリコ・森永事件」をモデルとしている長編の推理小説で、2017年の本屋大賞ノミネート作品です。

京都でテーラーを営む曽根俊也は、ある日父の遺品の中からカセットテープと黒革のノートを見つける。ノートには英文に混じって製菓メーカーの「ギンガ」と「萬堂」の文字。テープを再生すると、自分の幼いころの声が聞こえてくる。それは、31年前に発生して未解決のままの「ギン萬事件」で恐喝に使われた録音テープの音声とまったく同じものだった―。(「BOOK」データベースより)

大日新聞で、年末企画の「昭和・平成の未解決事件」という特集で「ギン萬事件」を扱うことになり、英検準一級をもつ文化部記者の阿久津英士が、社会部の事件担当デスクから、ハイネケン誘拐事件のロンドン取材を命じられます。

しかしながら、事件記者でもない身での事件取材がすんなりと上手くいく筈もなく、殆ど手ぶらでの帰国となります。交通費の無駄遣いと揶揄されながらも、次第に事件取材にのめり込んでいく阿久津記者は、次第に事件の真相に肉薄していきます。

一方、テーラを営む曽根俊也は、父の遺品のなかに、「ギン萬事件」への関与を疑わせるテープやノートを見つけ、自らその真実を探ろうとするのです。

作者の塩田武士は、神戸新聞で記者をやっていたそうです。記者と言っても将棋担当記者であったそうで、本書の阿久津記者と同じ文化部と言うことですね。とはいえ、本書での阿久津記者の取材の模様は、取材の折の記者の心象など、現場を知る人間だからこその描写もあり、そうした点はかなりの読みごたえを感じました。

でも、新刊書で四百頁を超える分量があり、読み始めから少々冗長だと感じてしまいました。その印象は終盤まで続き、クライマックス近くなり、犯罪の全容が次第に明らかになっていく頃やっとサスペンス感が盛り上がり、物語の世界に引き込まれる感じを持ったものです。

また、曽根俊也の観点は、素人の調査で新事実が出てくるものなのか、と最後まで疑問に思いながら読み進めることになりました。

勿論、本書が力作であるということを否定するつもりは全くなく、逆に「グリコ・森永事件」についてよく調べてあるな、という印象は本書全体を通して感じられるところです。

確かに、犯人と目される人物の家族の視点を入れることで、物語は厚みを増すことにはなると思います。また、現実に起きた「グリコ・森永事件」の概要を知る読者はほとんどいないでしょうから、「ギン萬事件」の説明がないと、本書の構成自体がその体を為さなくなってしまうのは分かります。

その点をもう少し冗長にならないように書いてあれば私の好みにも合致したのに、と思ったのです。

しかしながら、多くの人が今のままの作品を評価し良しとしたからこそ本屋大賞にノミネートされたのですから、私のような意見は少数意見でしょうね。

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR