FC2ブログ

レイモンド・チャンドラー ロング・グッドバイ

ロング・グッドバイ (ハヤカワ・ミステリ文庫 チ 1-11)ロング・グッドバイ (ハヤカワ・ミステリ文庫 チ 1-11)
(2010/09/09)
レイモンド・チャンドラー

商品詳細を見る

村上春樹の新訳ということで読んでみました。しかし、20代に一度この本を読んでいる筈なのだけれど、内容を殆ど覚えていないことにまず驚きました。

確かに、訳者が清水俊二氏から村上春樹氏に変わってはいるけれどそんなに内容まで変わる筈もないでしょう。それだけ記憶力が衰えたのか、そもそも私の記憶力が不確かなのか。

なにはともあれ、やはり面白い小説ではあります。ただ、昔は感じなかったであろうことが、情景描写が緻密でそこまで必要かと思った事、登場人物の台詞回しが少々冗長に感じられること、主人公のフィリップ・マーロウの台詞にしても同様で、一段としゃべりすぎているのではないかと感じたこと等です。

しかし、これらの不満こそ逆にチャンドラーの特徴と言えるのかもしれません。極端にまで心理描写を排し、客観的に記すことでリアリティーを追求する、その文体こそハードボイルドと称される手法の特徴らしいのですから。

20代に読んだときはそのようなことは思わずに、ハンフリー・ボガードのようなイメージでマーロウを読み、惹かれた筈なのです。近年は軽く楽しく読めるいわゆる軽い小説を中心に読んでいたので、この本のように濃密に書き込まれていると疲れるのかもしれません。

ただ、村上春樹の「訳者あとがき」の「翻訳について」の項目の中に、『「できることなら完全な翻訳を読みたい」と考えるか、あるいは「多少削ってあっても愉しく読めればいい」と考えるかは、ひとえに個々の読者の選択にまかされている。』という文章があるところをみると、私の感想もあながち外れてはいないのかもしれません。

この作品を読み終えて思うことはやはり名作と言われるものはそれだけの価値がある、ということです。二転三転する筋立てと、主人公の台詞回しには結局引き込まれてしまうのです。

この本はじっくりと一行一行を味わいながら読み込むということが要求されるのでしょう。 そうすれば更にこの本の魅力は増すのではないでしょうか。村上春樹氏によれば、私が冗長に感じたと上記に記した点も、それもまた作品の雰囲気作りに貢献しているのであり、一見無関係そうに見えてもその個所を読むのがまた楽しいそうなのですから。

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR