FC2ブログ

知念 実希人 ひとつむぎの手




正面から医者と医療というものの有り様を問いかける、軽いミステリーの要素を持った直球勝負の長編のヒューマンドラマで、2019年本屋大賞ノミネート作品です。

医療の世界の物語と言えば『白い巨塔』という例えを出すまでもなく取り上げられるのは大学病院であり、教授を頂点とする階層社会です。

本書もその例に漏れず、純正会医科大学付属病院の心臓外科の医局が舞台になっています。



その医局の一員である平良祐介は一流の心臓外科医になるために心臓手術を数多くこなすことのできる富士第一病院への出向を希望していました。

そんな祐介に対し、赤石教授は富士第一病院への出向の条件として、明日からやってくる研修医三人のうち少なくとも二人を心臓外科に入局させることが必要だというのでした。

何日も病院に泊まり込み、家にも帰れない心臓外科の現実の診療現場を見せるべきか、悩む祐介に、循環器内科の諏訪野良太はありのままを見せるほうがいいと助言します。




本書で描かれているいくつかのエピソードはもしかしたら作者が実際に見聞きした事例をもとにしているのかもしれません。それだけのリアリティはあります。

しかし、本書で示されているエピソードは、設定自体はありがちです。ですが、入院患者と医者との関係性にそう数多くのパターンがあるわけでもなく、その点は仕方のないところでしょう。

ただ、患者の病状、具体的に抱えている事情はもちろん異なり、本書での心臓外科という特殊性を反映したエピソードは読み手の心に深く迫ってきます。



しかしながら、何故か全体的には物語の深さを感じません。個々のエピソードではそれなりに涙する場面もありながら、読み終えた時点で心の奥底に深く刺さっているかと自問すると、何となくのためらいを感じるのです。

何故そう感じるのかをみると、例えば心臓外科医局長の肥後のようなキャラクターがあまりに型にはまりすぎであるように、登場人物が定型的に過ぎると感じられることがあるでしょう。

また、主人公の祐介が弱さをも併せ持つ普通の人間として描かれているものの、少々人が良すぎるのではないかと思われることも原因ではないかと思われます。



現場を知る人間ならではの小説として、深いリアリティを持つ物語として読み手の心に迫るものがあるのは間違いないところです。だからこそ本屋大賞にノミネートされたのでしょう。

個人的には2018年本屋大賞の候補作『崩れる脳を抱きしめて』よりも好みの作品ではありました。

実際、この作者のほかの作品も手に取ってみようと思っているところです。
スポンサーサイト



知念 実希人 崩れる脳を抱きしめて





本書は、2018年本屋大賞にノミネートされた、長編の恋愛ミステリー小説です。



実習のために広島の病院から神奈川の「葉山の岬病院」へとやって来た研修医の碓氷蒼馬は、そこで自分の名の弓狩環を濁らずにユカリと呼んで欲しいと願う一人の女性患者と出会います。その患者は、最悪の脳腫瘍(膠芽腫)を抱えた女性でした。

会社の倒産で莫大な借金を抱えたあげく、あるだけの金を持って女と逃げた父親に恨みを持っていた碓氷は、その過去に縛られ、医者になり金を稼ぐことだけを目指して勉強だけに浸る毎日でした。

一方、ユカリは相続により莫大な財産を有しており、それを狙う親戚が自分に危害を加える恐れがあるとして、病院の外には全く出ようとせずに、三階の病室でひとり絵を書いて暮らしています。

彼女の担当医となった碓氷は、彼女の部屋で勉強をさせてもらううちに、次第に惹かれていく自分に気がつくのでした。



現役の医師の手による医学ミステリー小説です。

本書冒頭のプロローグで、主人公の僕が僕の前から彼女を消した犯人に会うために、丘の上の病院に駆けつけるところから始まります。

そして回想の場面が第一章「ダイヤの鳥籠からはばたいて」であり、碓氷とユカリさんの生前の状況が語られ、脳の中に爆弾を抱えて生きるユカリさんと碓氷との次第に交わされていく心の交流が語られます。

この第一章は本書の恋愛小説としての要素が強い部分です。とはいえ、この第一章においても主人公碓氷の父親の逃亡にまつわる秘密をユカリさんが解き明かす場面もあり。ミステリーの要素がないわけではありません。

こうしてみると、この第一章の「ダイヤの鳥籠からはばたいて」というタイトルは、ユカリ本人の鳥籠の中の生活からの解放という意味と、碓氷本人の心の呪縛からの解放という二つの意味を持っているようにも読めるのです。

続いて第二章「彼女の幻影を追いかけて」は、実習を終え広島中央総合病院に戻った碓氷が、かつての恋人である同僚研修医の榎本冴子に、ユカリへの告白をたきつけられる場面から始まります。その碓氷のもとへ一人の弁護士により、ユカリの死の連絡がもたらされるのです。

第一章が回想として彼女の想い出を語る恋愛小説であるならば、第二章は現在に戻り、ユカリの死の事実に直面した碓氷が小さな疑問点をきっかけに、彼女の死にまつわる謎を解明していくことになる推理小説が始まると言えるでしょう。

そして、本書の惹句でいう「愛した彼女は幻なのか。」という文言が意味を持ってきて、読者は碓氷と共に奇妙な世界へと迷い込むのです。ここらの物語の組み立て方は少々技巧的な印象はあるものの、よく考えられていると感じながらの読書でした。

その後物語は終盤に至り、物語は意外な様相を見せ始め、大どんでん返しの結末を見せることになります。よく練られたミステリーであり、さすがは本屋大賞の候補作になるだけの作品ではあると思いました。

しかしながら、全体的に何か物足りません。人物の書き込みが足りないのでしょうか。惹句にある、「二度読み必死」という言葉の通り、もう一度読んでみようかとも思いましたが、それほどに心惹かれるわけでもないのです。

トリックもよく考えられており、読者のミスリードを誘う物語構成もうまいと感じます。でも、何故物足りなさを感じるのか読解力不足の私では分かりませんでした。

こうした場合、何故そう感じるのか、突き詰めたい気もしますが、読書時に分析的に読んでも面白くはないし、読後の作業として改めて分析することになるのでしょうが。それもまた嫌味なものであり、やはりいつもの通り読書時の感想だけを書くことにした次第です。

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR