FC2ブログ

真藤 順丈 宝島





戦後沖縄史ともいうべき、長編のミステリー小説です。



オンちゃん二十歳、その弟レイが十七歳、そしてグスクが十九歳のあの夏の夜、嘉手納空軍基地(キャンプ・カデナ)の広大な敷地を方向もわからないままに、戦果アギヤーと呼ばれる彼らはヤマコの待つ場所へと、必死で逃げていた。

結局、皆とはぐれながらも脱出したグスクはヤマコにかくまわれて目を覚ます。結局、レイは入院し、オンちゃんは行方不明となっていた。

オンちゃんはどこに消えたのか、何故嘉手納基地への侵入がばれたのか、そもそもオンちゃんは何故嘉手納基地を進入対象に選んだのか、何もわからないままに時は過ぎていく。



「戦果アギヤー」とは、終戦後、アメリカ統治下時代の沖縄県で発生した略奪行為での、「戦果をあげる者」という意味だそうです(ウィキペディア : 参照)。

本書のオンちゃんはその「戦果アギヤー」の英雄であり、皆から尊敬される男の中の男でした。ところが、何故か警備の厳しいことで知られる嘉手納空軍基地への侵入を企て、その夜から行方不明になってしまったのです。



本書は、1952年のその夜から、沖縄返還のなった1972年までの、グスク、レイ、ヤマコの三人のオンちゃんを探し求める二十年間を描いた物語です。

すなわち、戦後沖縄で起きた米兵による数多くの強姦等の凶悪犯罪や、コザ市近くの米軍施設で起きた毒ガス漏洩事件や軍用機の墜落事件などの沖縄で現実に起きた事件を背景に、三人の成長する姿が冒険小説のように描かる、エンターテインメント小説なのです。



1972年に沖縄が返還されました。本書を読むと、当時は何も知らなかったのだと、あらためて思い知らされます。沖縄でいろいろな事件があったことを事実として知っているということは、決してその事実のあった現実を理解していることではないということです。



本書の著者である真藤順丈氏は、東京生まれで沖縄出身ではないそうです。沖縄へは三回、取材で行っただけだとありました。

そういう意味では本書で描かれている沖縄の人の感覚は事実かどうかは不明です。しかし、現地で取材をした作者の「私の書いたことに沖縄の人々が何らかの違和感を覚えることがあれば、批判を引き受ける必要があると思う」(「好書好日」 : 参照)という言葉は重みがあります。


本書はオンちゃん失踪という謎を持つミステリー仕立てになっており、またいろいろな知識をもたらしてくれたことも含めてそれなりに面白い作品だった、ということは言えますし、本書も持つ熱量を否定するものではありません。

しかし、本書を作品として面白い小説だったかと問われれば、私の好みからは少々外れていた、と言わざるを得ません。

沖縄の状況説明が詳細に過ぎたり、基地の中のウタキ(聖域)などを物語に登場させる意味が今ひとつわからなかったりと、素直に物語世界に没入できなかったのです。



それでも、本書は第九回山田風太郎賞を受賞し、さらには第160回直木賞の候補作になっているほどに高い評価を受けている作品です。単に私の感性が追い付いていないだけというしかありません。
スポンサーサイト



プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR