FC2ブログ

鈴木 英治 隠し湯の効-口入屋用心棒(39)





口入屋用心棒シリーズの第三十九弾の長編痛快時代小説です。



相変わらず左腕の治りがおもわしくない直之進だったが、秀士館館長の佐賀大左衛門の頼みで、相模国伊勢原の大山にある阿夫利神社へ木刀の奉納二言うことになった。

ただ、大左衛門の配慮で、奉納からの帰りには大山から十里ほど西にある信玄の隠し湯といわれる中川温泉に寄ってくるようにと言われるのだった。

それはまた、近頃、秀士館門人が受けている直之進目当てと思われる暴行事件の犯人の頭巾姿の侍を、直之進に引きつけるという意味もあった。

自分の子宝を願う琢ノ助や、富士太郎の嫁の智代の安産を願う珠吉も同行することとなった旅立ちとなったが、途中ヤクザものに襲われている親子連れを助けつつ、更には頭巾の侍の襲撃を注意しながらの旅となるのだった。



本書は、御上覧試合とその後の秀士館の医術方教授である雄哲の失踪事件の解決のあとのひと休み、といった物語でした。とにかく、直之進の怪我が治っていない、という状況だけがあり、他は本書だけで完結してしまう取り立てて言うこともない一巻となっています。

秀士館の門人たちが暴漢に襲われ怪我を負わせられるという事件が本巻での語るべき事件ですが、その事件にしても特別なことはありません。

暴漢の正体も分かってしまえばその設定に少々無理を感じる正体でしたし、旅の途中で出会う親子にしてもとってつけたような挿話であって、単に変化の無い旅に無理に変化をつけたというしかない設定でした。



前述したように、シリーズの中での中休み的な話であり、それ以上のものではありません。ただ、この温泉につかったおかげで直之進の左腕の不具合も解消することになったという点では意味があったのでしょう。

しかしこの点にしても、旅立つ前は布で吊っていたほどの痛みが走るほどであったのに、一日温泉に浸かっただけでその痛みも解消するとは少々都合がよすぎる気もします。


とはいえ、本書の続巻の『赤銅色の士-口入屋用心棒(40)』では、痛快小説としての面白さが蘇っています。そう言う点では本書の意味もあったのかもしれません。

鈴木 英治 武者鼠の爪-口入屋用心棒(38)




口入屋用心棒シリーズの第三十八弾です。


前巻で予想した通り、本書では、未だに帰ってこない秀士館の医術方教授の雄哲と、その雄哲を探しに行ったっきり帰ってこない一之輔を探しに出かけることになります。



秀士館では、館長の佐賀大佐衛門を始め、薬種教授方で薬種問屋古笹屋主人の民之助なども集まり、半月もの間、何の連絡も無いのはおかしいと、佐之助と民之助は一之輔が生国だと言っていた川越へと探索に向かうことになります。直之進は、御上覧試合の決勝で室谷半兵衛に打たれ骨折した右腕も癒えていないため留守番ということになったのです。

そのころ、川越の新発田従五郎の屋敷では、八重姫を助けるために雄哲が必死の看病を続けていましたが、その新発田屋敷を見張る目がありました。

一方、富士太郎も雄哲の探索に加わり、品川で雄哲が川越行きの船に乗り込んだことを聞き込み、直之進に知らせます。そこで、直之進も川越へと向かうことになったのでした。



何かと事件が起きる秀士館であり、その解決に奔走する直之進と佐之助の姿が、いつもの通りに描かれています。

やはり、痛快時代小説では主人公らの活躍の場面を見せねばならず、そのためには主人公が魅力的に活躍するための、魅力的な事件を設定する必要があります。

通常は、幕府なり、有力藩の勢力なりの強大な権力を主人公の敵と設定するなどして、シリーズを通して主人公の活躍を描きだすことが多いのですが、本シリーズの場合、今のところそうした手法は取っておられず、言わば巻ごと、少なくとも数巻ごとに新たな敵を登場させておられます。

そのためなのか、このシリーズに若干マンネリ感を感じているのも事実です。やはり、魅力的な主人公にはそれに見合うだけの敵役の存在がなければならないというのは、痛快時代小説に限らない基本的な事柄のようです。

その意味でも、この頃の本『口入屋用心棒シリーズ』には魅力的な敵役が存在していません。

以前は、その役こそが佐之助だったのですが、現在は逆に直之進の親友になってしまっていますので、なんとか新たな敵役を創出して欲しいものです。


本書では、川目郷之助という忍びの頭目が直接的な敵役として登場しますが、どうしても今ひとつの印象しかありません。本書『武者鼠の爪』というタイトルにも関わる人物として登場している男ですが、個性的な性格設定をしてはあるものの、佐之助や直之進らシリーズを通して成長してきたキャラクターに見合う人物とは言えないようです。

面白くないシリーズではありません。面白いのは面白いのですが、何とか、もう少しの奮起を願いたいところです。

鈴木 英治 果断の桜 沼里藩留守居役忠勤控




沼里藩留守居役忠勤控シリーズの第二弾です。

実に意外な終わり方をした前巻ですが、あれから五年が経過しています。相変わらず、妻殺しの犯人を見つけることもかなわないままに、日々の生活に戻っていました。



ある日、賄頭の大瀬彦兵衛が二百両という金を横領し自裁して果て、大瀬の事情を知っていると思われる中間の耕吉も失踪して行方不明だという。文太郎は藩主の靖興から、文太郎自らの手で二百両もの金を横領したのか調べるようにと申しつかる。

ところがこんどは、藩士の植松新蔵が僧侶、若い女、行商人、そして浪人らを斬殺するという事件を起こしてしまう。早速。水野家代々頼みである与力の伊豆沢鉦三郎から報告を聞いた文太郎が藩主に報告すると、やはり藩の浮沈に関わることでもあり、藩の生き残りをかけて調べるようとの命を受けるのだった。



前巻から始まった新シリーズの色が、本巻では少し明確になってきたと言っていいのかもしれません。

前巻の終わりで自分の妻を殺されるという衝撃的な展開になった本作です。文太郎が、妖刀といわれる「三殿守」を使い辻斬りを繰り返していた浦田馬之助を捕らえた際、馬之介から「必ず苦しませてやる。」と言われた言葉が妻の死と関わっていないとは思えないのでした。

賄頭の大瀬彦兵衛が自裁し、植松新蔵による僧侶ら四人の通行人の斬殺という事件が立て続けに起き、藩主の靖興は深貝文太郎に直接に探索方を命じるのです。

文太郎はそれに応え、自らの足で植松新蔵の足取りを追い、植松の行為の影に隠された理由を探り出します。


本書はミステリーというには謎が謎として成立しているとは言えず、かといって、主人公の剣の腕が立ちはしますが、ヒーローものと言えるわけではありません。

強いて言えば、文太郎による捕物帳というべきなのでしょう。その点ではこの作者の『口入屋用心棒シリーズ』と同様の小説と言えると思います。

文太郎の妻が、何故に殺されなければならなかったのか、という大きな秘密を抱えたままにシリーズは進むと思われます。そういう意味では、次巻のでるのが待ち遠しいとまではいきませんが、気にはなりつつ、新しい巻が出たら読む、ということになると思います。

主人公の思惑に乗ってストーリーが進み、軽い剣戟もありつつ、テンポのいい物語の流れにまかせて時間が過ぎる、そういう心地よさのある作品であり、鈴木英治という作者の世界に浸る小説です。

鈴木 英治 御上覧の誉-口入屋用心棒(37)




口入屋用心棒シリーズの第三十七弾です。

前巻では、駿州沼里で開催された上覧試合の東海地方予選の模様が描かれていましたが、本巻ではそれに続いて寛永寺で行われた本選の模様が描かれています。



東海地方予選のために沼里へ帰った直之進は、押し込みの首領である玲観の投げた脇差で受けた右腕の傷の痛みが残ったままでした。稽古も思う通りにできないままに、秀士館の医術方教授の雄哲がなかなか外出から帰りません。

その頃、樺山富士太郎は、見つかった首なし死体の身元が老中首座内藤紀伊守の中屋敷に奉公する中間のものであることが判明します。

一方、直之進らのもとを淀島登兵衛が訪ねてきて、内藤紀伊守を狙うものがいるため、内藤紀伊守の警護を頼みたいと言うのでした。内藤家には犬の死骸が投げ込まれるなどの嫌がらせが続いており、四月ほど前には五人の浪人者らに襲われる事態も起きているというのです。

その際は、たまたま近くにいた室谷半兵衛という男に助けられ、今はその室谷が内藤紀伊守の警護役ともなっていると言うのです。しかし、その室谷の出自は内藤紀伊守による理不尽な移封によって家禄も半減した遠州浜松の井上家の家臣だというものであり、佐之助への依頼も実は室谷の監視にあるというのでした。

ところが、この室谷半兵衛は御上覧試合の信越代表に決まっているのです。

雄哲も帰らないままに稽古もできずにいた直之進のもとを、江戸への剣術修行を許されたのだと、新美謙之介がたずねてきます。直之進の腕の異変に気付いた謙之介の勧める薬を飲み、本選にのぞむ直之進でした。



思ったよりも短く、上覧試合の話は本書で終わってしまいました。もう少し、上覧試合に絡んだ運びになるものだと勝手に思い込んでいたので、意外でした。

でも、本書においても上覧試合の描写そのものは本書の四分の一程度で済んでしまうほどであり、その試合の描写が物足りないということもないことを考えると、上覧試合だけで何巻も引っ張るのには無理があるのかもしれません。

本書でも上覧試合に絡んだサイドストーリーを設けてはあります。しかし、このサイドストーリーは若干無理があると感じてしまうものではあります。しかし、そこはあまり考えずに単純にストーリーを楽しめばいいし、また楽しめる作品だと思います。

本書では、医者の雄哲の行方が分からないままに終わっていますので、次巻あたりはここらを描くのではないでしょうか。

富士太郎の活躍はあまり無い本書でしたが、その富士太郎が絡む数少ない場面の事件も、背景説明が簡単に片づけられています。それはその必要がないからでもありますが、もう少し、事件は事件としてきちんと決着をつけていたらと思わないでもありません。

それでも、痛快時代小説として気楽に楽しめる物語でした。

鈴木 英治 天下流の友-口入屋用心棒(36)




口入屋用心棒シリーズの第三十六弾です。

これまでの物語とは少々異なる流れの物語でした。本作では上覧試合という剣士にとってはまたとない設定が設けられ、物語の雰囲気も若干異なったものとなっています。



突然、直之進と佐之助が勤める「秀士館」に、駿州沼里城主の真興とその弟房興とが訪ねてきた。寛永寺において御前試合が開催されることになり、沼里藩の代表として直之進に出て欲しいというのでした。

まずは全国を十二に分けられた内の一つ、東海地方の代表とならねばならず、そのためには沼里で開催される予選を勝ち抜く必要があり、尾張藩の代表であり、柳生新陰流の本流と言われる尾張柳生の剣士を打ち破らねばならないのです。

予選参加のために沼里へと赴いた直之進やおきく、そして佐之助の一行は、沼里で跳梁する押し込みの一団の退治を頼まれます。

突然直之進の屋敷へ現れた尾張柳生の剣士新美謙之介とともに押し込みの一団を退治した直之進らは予選試合へと臨むのでした。



これまでのこのシリーズの流れとは少々異なる話の流れであり、マンネリ化を感じていた私としては待ちかねた展開だと言ってもいいかもしれません。

新たに現れた尾張柳生の遣い手の思いの他の登場の仕方や人間性であったりと、軽い意外性もあり、更には東海大会という予選を勝ち抜いた直之進のこれからの全国大会での活躍も待ち構えていて、これからの展開が楽しみになってきました。

尾張柳生のこのシリーズへの絡みもなんとなく含みを持たせてもあり、他に思いもかけない剣士も登場するでしょうし、続けて読みたいと思います。

ただ、この頃池波正太郎の剣客商売シリーズを改めて読み始めたのですが、やはり池波正太郎作品の読み手の心を離さない物語の展開の仕方、登場人物の魅力などに惹かれ、どうしても池波正太郎他の大御所の作品とそれ以外の時代小説とを比べてしまいます。そして、近年の時代小説の物語の作り方、表現の方法などの安易さなどを感じてしまうのです。

それは本シリーズも例外ではありません。勿論池波作品の模倣などであってはならず、その意味ではこのシリーズは独特の個性を持っています。ただ、話の運びが物足りなさを感じてしまうのです。

今後のより良き展開を期待したいと思います。
プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR