FC2ブログ

東 直己 逆襲

逆襲 (光文社文庫)逆襲 (光文社文庫)
(2001/06)
東 直己

商品詳細を見る

収録作品 :「春休み」「気楽な女」「人ごろし殺人事件」「本物」「渋多喜村UFO騒動」「守護神」「安売り王を狙え」「逆襲」

色々なジャンルの短編が収められています。ただ、この人の物語は登場人物の行動が少々無茶をし過ぎであり、現実にはあまりいないのではないでしょうか。

「春休み」はちょっと突っ張った少年のとある行動が描かれていますが、そのちょっとした行動の向く先がヤクザ絡みなのです。突っ張った少年少女の考えなしの行動だとは言っても、相手がヤクザ絡みであれば躊躇すると思われ、そういう意味では現実感を感じられません。とは言っても、そうした点も物語の世界として全く現実感が無いかというとそうも言えず、東直巳の世界としてそれなりに成立するところがまた面白く、東直巳らしいと言えるのでしょう。

「気楽な女」はよく居そうなチンピラが、飲み屋の女に頼まれ、ある男をその女の店まで連れてくるという単純な作業の顛末が描かれます。その単純な作業に向かうチンピラの内心の描写が面白いです。そして、話は意外な結末へ向かいます。

「人ごろし殺人事件」は終盤になると結末が予測できないわけでもない物語でした。でも、そうした印象は読み終えてからの後付けかもしれません。少々ホラー小説な味付けの物語です。

「本物」は老人ホームに居る元刑事の回想です。目の前に居る介護士の指に光るイミテーションの指輪、それは本物だよと知らせるべきなのか。元刑事は悩みます。そして・・・。

「渋多喜村UFO騒動」は個人的には今一つの物語。とある田舎のUFO騒ぎの顛末です。

「守護神」はまた"老人もの"です。この頃物忘れが激しい、というより記憶を維持できない老人の、家族に対する熱い思いの発露が描かれます。

「安売り王を狙え」はコメディと言って良いのでしょうか。若干頭の弱い二人組の物語。

「逆襲」は、ゴマスリ探偵法間シリーズの第一作です。この本が全編法間シリーズものだと思っていたら表題作である本編だけがそうでした。何しろ、主人公の探偵の設定がユニークです。とにかくゴマをすりまくって相手の懐に飛び込んでしまい、その本音を引き出してしまいます。結末は少々首をひねるものではありましたが、ススキノ探偵にどこか通じるユニークさを持った作品です。

全体として、東直巳の様々の顔を見せた作品集と言えるでしょうか。でも、個人的には東直巳は長編の方が面白いと感じます。

東 直己 向う端にすわった男

向う端にすわった男 (ハヤカワ文庫JA)向う端にすわった男 (ハヤカワ文庫JA)
(1996/09)
東 直己

商品詳細を見る

図書館に無かったので注文をし、やっと読むことができました。これでこのシリーズ全部を読み終えたことになります。実に残念です。

「俺」が主人公の初めての短編集。いろんな男が登場します。

標題になっている「向う端にすわった男」では、まずは文章がこれぞハードボイルドだという雰囲気をあたりに振りまいています。そんな男が実際に居る筈もないと思いつつ、それでも<ケラー・オオハタ>では静かな店の中にキースジャレットのピアノが流れており、男はひとり静かにマティニを飲んでいるのです。これがまた実にかっこいい。ここだけ取り出せば、北方謙三の「ブラディドール」だといっても通るかもしれない。 そうした設定のもとで「俺」はまた悪い癖でトラブルに巻き込まれていそうな男に声をかける・・・・・。

この短編とあわせて5編の物語はやはり面白い。

結局、このシリーズがもっとも私の感性に合うようで、続編を読めるのはいつだろうかと、今から心待ちにしているのです。

東 直己 鈴蘭

鈴蘭 (ハルキ文庫 あ 10-18)鈴蘭 (ハルキ文庫 あ 10-18)
(2013/08/10)
東 直己

商品詳細を見る

東直己の探偵畝原シリーズの現時点までの最新刊まで読み通したことになる。

この作家は、このシリーズでは、というよりススキノ探偵シリーズもそうだが、現実におきた事件若しくは出来事をテーマに作品を仕上げているようだ。本作もごみ屋敷と貧困ビジネスという二つの問題を大きな縦糸として練り上げられている。

ススキノ探偵シリーズに比べてトーンが重い本シリーズだが、相変わらず登場人物の個性が際立っていて物語として面白い。

先日読んだ大御所チャンドラーの文章と比べても非常に読み易い。描写も偏執的と言われかねない緻密さで情景を描写するチャンドラーに対し、こちらはただ単に映像を切り取りそこに置いただけで、後は読み手の想像力にまかせているような感じがする。

どちらも、暴力に対する耐性はかなり強いものがあるようで、畝原探偵に至っては招待状無しにやくざのパーティーにも何の躊躇も無く参加できるという、恐怖感が欠落しているとしか考えられない程に度胸もありそうだ。そこらの現実社会との乖離を感じないででもない。

しかし、相変わらず面白いシリーズではある。

東 直己 眩暈

眩暈 (ハルキ文庫)眩暈 (ハルキ文庫)
(2012/02/15)
東 直己

商品詳細を見る

ある夜、何かから逃げている少女をタクシーの中から目撃した畝原は、タクシーの運転手と共にその少女を探すが見つからない。翌日、その少女は死体で発見された。個人的に事件解決を目指す畝原だが、続いて第2の殺人がおきる。

この作家は物語の作り方が上手いのだろう。

このシリーズも人物造形が極端というか、ありがちな人間ではあるけれども、そこまで行くか、という人物が多数登場し、されらの人物がストーリーを面白くさせていることもまた間違いないと思われる。

謎解きが好きな人たちには物足りなさがあるかもしれないが、個人的にはストーリー重視の物語が好きなのではまるのだと思っている。社会派と言われる作家の方が好みであるし、この人も現実社会に起きている事件をヒントに物語を構築しているようで、そこが私の好みに合うのだろう。

主人公が家に帰り、家族の日常の微笑の中に幸せを感じるくだりなど、私の好みにぴたりとはまるのだ。

東 直己 探偵はひとりぼっち

探偵はひとりぼっち (ハヤカワ文庫 JA (681))探偵はひとりぼっち (ハヤカワ文庫 JA (681))
(2001/11)
東 直己

商品詳細を見る

みんなに愛されていたオカマのマサコちゃんが、めった打ちにされて殺された。若いころに彼と愛人同士だったという北海道選出の大物代議士が、スキャンダルを恐れて消したのではないかという噂が流れはじめる。マサコちゃんの友人だった俺は、周囲が口を閉ざすなか調査に乗りだした。やがて、身辺に怪しげな男たちが現われ、奇怪な事件が…日本推理作家協会賞受賞作家が描く、軽快なハードボイルド・シリーズ第4作(AMAZON内容紹介) -------------------------------------------

相変わらず物語はテンポよく進む。

仕事の納期が迫って時間が無いのについつい読んでしまう。

しかし、感想を書く時間は無く例によってAmazon内容紹介でごまかす。

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR