FC2ブログ

宮本 昌孝 剣豪将軍義輝

剣豪将軍義輝 上 鳳雛ノ太刀<新装版> (徳間文庫)剣豪将軍義輝 上 鳳雛ノ太刀<新装版> (徳間文庫)
(2011/11/02)
宮本昌孝

商品詳細を見る

剣豪将軍義輝 中 孤雲ノ太刀<新装版> (徳間文庫)剣豪将軍義輝 中 孤雲ノ太刀<新装版> (徳間文庫)
(2011/11/02)
宮本昌孝

商品詳細を見る

剣豪将軍義輝 下 流星ノ太刀<新装版> (徳間文庫)剣豪将軍義輝 下 流星ノ太刀<新装版> (徳間文庫)
(2011/11/02)
宮本昌孝

商品詳細を見る

足利義輝は実在の将軍ではあるけれども、これまでは戦国時代の織田信長から豊臣秀吉へと権力が移るその過程が描かれるときに、剣の使い手ではあるけれども凡庸な将軍として描かれることが多く、そのような将軍として読み始めたので若干の違和感を感じてしまいました。

この本は冒険活劇小説なのです。その主人公が足利義輝であり、塚原卜伝や上泉伊勢守信綱の薫陶を受け、剣聖として成長していくのですから、話についていきにくく感じたと思います。

主人公は美濃の斎藤道三や織田信長に会い、人間として成長していきます。物語としては面白いのです。でも、剣聖である足利義輝が結局は戦の中で命を落とすというその史実が頭から離れず、世界観に入れなかったのです。

また、将軍足利義輝が戦死に至るまでの歴史上の出来事があまりに詳しく描写してあるため、歴史の知識のない私はついて行けないという点もありました。

結局足利義輝という人物像の問題ということでは同じことなのですが、その(多分史実であろう)細かな歴史上の出来事が前提としてあり、足利義輝はその歴史上の事実に沿うように動かされているようで、そのことが剣聖として性格づけられている本書の義輝の行動とはどうしてもそぐわないのです。

ただ、史実と言われる義輝の最後の場面の、ありったけの剣を畳に突き刺し、血糊で切れなくなった剣をとりかえて立ちまわったという話の描写はさすがに素晴らしく、心を打つものがありました。ここで描かれている義輝が本書の全編を通じて描かれていたならば、さぞ面白い物語だったろうと思わずにいれませんでした。その点ではとても残念です。

歴史が好きで、戦国時代に詳しい人であれば更に面白く読めるのではないでしょうか。

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR