FC2ブログ

宇江佐 真理  雪まろげ

雪まろげ: 古手屋喜十 為事覚え雪まろげ: 古手屋喜十 為事覚え
(2013/10/22)
宇江佐 真理

商品詳細を見る

相変わらず宇江佐真理の小説は心豊かになります。本書は二年前(2011年9月)に出た『古手屋喜十為事覚え』の続編で、六編からなる連作短編集です。

古手屋とは古着屋のこと。百万都市である江戸の町は資源の有効利用が発達し、効率的な循環型社会でした。金属製品の修理をする「鋳掛け屋」、桶や樽の箍(たが)を作りなおす「箍屋(たがや)」等々、様々なリサイクル業があったそうです。古着屋もそうで4,000軒もあったらしいと書いてありました。ネットで調べるとすぐに出てきます。

前作でひょんなことから自殺しかけていたおそめを助け、家に連れてきたことから夫婦になったのでした。本作では、そのお人よしの喜十夫婦に捨吉という名前の子供が出来ます。といっても、店の前に捨てられていた子なのです。その顛末が一作目の「落ち葉踏み締める」で語られているのですが、この話は前作と少々趣も違うし、第一喜十が全く絡んでこないので、傾向が変わったのかと思いました。でも、この第一話を読み終えるとやはり喜十夫婦の物語です。ただ、冒頭から少々つらく哀しい展開なのです。

とはいえ、夫婦に子が出来たのは嬉しく、生活に張りも出てきます。特別に大きな事件が起きたり、謎めいたことが起きるわけではありません。相変わらず、北町奉行所隠密廻り同心の上遠野平蔵が持ち込む着物がらみの話は、喜十の手助けを必要とし、喜十はぶつぶつと文句を言いながらも上遠野のために歩き回ります。その姿が宇江佐真理という作家の手にかかると心を打つ上質の人情物語として出来上がっているのです。

登場人物の夫々に積み重ねられた歴史があることをそれとなく示しながら、登場人物を血の通った人間として描写する様は相変わらず見事なものです。そして、辛い思いを抱えて現在を生きている人に対して何とか救いの手を差し伸べようとする作者の心根が見えるようです。

「雪まろげ」では神隠しにあった子の話を聞き、「紅唐桟」では長崎から男を追って出てきた遊女の身の振り方を決めるのに呻吟し、更に「こぎん」「鬼」「再びの秋」という短編が続き、お人好しの喜十が文句を言いつつも、おそめの助けを借りながら上遠野平蔵の頼みをこなしていく姿が描かれていきます。

この口の悪い同心の上遠野平蔵との、持ち込まれた相談という名目の手助け依頼に文句を言いつつ乗っかる喜十との掛け合いも一興で、本書の魅力の一つになっています。

なにはともあれ、宇江佐真理の人情噺が展開される、読後感も爽やかな好短編集です。

宇江佐 真理 糸車

糸車糸車
(2013/02/05)
宇江佐 真理

商品詳細を見る

久しぶりに宇江佐真理の小説を読みました。

やはりこの人の物語は安心します。語りが優しくて読み終わった後にどことなくほっとさせてくれるのです。

松前藩の家老の妻だったお絹は、今は深川の宇右衛門店で小間物の行商をしながら、夫が亡くなった時に行方不明になったままの息子勇馬を探す毎日です。

主人公のお絹は深川での日々の暮らしの中でお人よしぶりを発揮しています。そんなお絹も行きつけの水茶屋の茶酌女や船宿の内儀おひろなどの話し相手も出来、更には同心の持田との間にほのかな恋心までも生まれているのです。同時に夫日野市次郎の死と息子勇馬の失踪の謎も少しずつ明らかになっていきます。そして、持田との間も種々の出来事で揺れ動いていくのです。

この同心の持田のお絹に対する細やかな恋心など、物語は宇江佐真理らしい人情豊かな日々を描き出していきます。

私はまさに雑読で読むのも結構速いのでジャンルを問わず多量の本を読みます。直前に読んだ花村満月の武蔵などはとても情感細やかとはいえない活劇ものです。女を抱き、人を撲殺する姿が克明に描かれます。そうした本の後にこの作家の作品を読んだものですから特に感じるのかもしれませんが、人情味溢れるこの人の作品は読み手の心まで豊かにしてくれる感じがして、爽やかな読後感をもたらしてくれるのです。

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR