宇江佐 真理 寂しい写楽


これまで読んできた宇江佐真理作品からすると、かなり雰囲気の異なる作品でした。

寛政の改革令に反旗を翻した浮世絵板元の蔦屋重三郎は歌舞伎役者の大首絵刊行を試みる。喜多川歌麿の離反にあい、絵師探しが難航するなか、突然現れたのが正体不明の東洲齋写楽という男だった。助っ人に駆り出されたのは不遇の日々を送っていた山東京伝、葛飾北斎、十返舎一九の三人。謎の絵師を大々的に売り出そうとする重三郎のもと、計画は進んでいく…。写楽とはいったい何者なのか。そして大首絵は刊行できるのか。宇江佐真理が史実を元に描いた傑作長編。(小学館文庫)(「BOOK」データベースより)

東洲齋写楽という人物はその背景がほとんど分かっていないことから、別人説や共同作業説など様々な考え方が出されています。ただ、「現在では阿波徳島藩主蜂須賀家お抱えの能役者斎藤十郎兵衛(さいとう じゅうろべえ、宝暦13年〈1763年〉 - 文政3年〈1820年〉)とする説が有力となっている(ウィキペディアより)」そうです。

本書はこの現在の有力説である「斎藤十郎兵衛」説をもとに、版元である蔦屋重三郎を中心に、山東京伝や葛飾北斎、十返舎一九らを周りに据えて「写楽」を描き出しています。詳しくは読んでいただくしかないのですが、要は「写楽」は実在し、実際描いてもいるのだけれど、その実態は合作説に近い、という考え方だと言ってもいいのでしょう。

冒頭に書いたように、これまでの人情話としての宇江佐真理作品を思っていると、裏切られます。読みやすく、それでいて読み手の心にひそやかに暖かな思いを置いていく、そうした作品とは違います。

まず、舞台が浮世絵の世界であり、登場人物の描き方からして異なります。文章も、市井の人々の暮らしを情感豊かに描き出すいつもの文体とは異なり、別人の文章であるかのように客観的な描写を心がけておられるようです。描き出す対象が浮世絵の世界であり、歌舞伎の世界であるためでしょうか、一般読者のための説明が必要なためでしょうか、背景説明に費やす文章量が多くなっています。反面、会話文が格段に減り、蔦屋重三郎軸とした当時の戯作者、浮世絵画家の世界が、わりとクールに描き出されているのです。

そうした違いはありますが、やはり宇江佐真理作品の人を見る目の優しさはそのままです。葛飾北斎や十返舎一九らの売れる前の姿が描かれていて、次第に戯作や浮世絵の世界で自分の在り方を見つけでいく、その過程を楽しむ読み方もできます。

読みにくさを感じる読者もそれなりにいるのではないかと、少々心配になる程の文章ではありますが、読み終えてみるとやはり宇江佐真理作品だと思わされます。

この文章を書いているときに、宇江佐真理さんが、2015年11月7日に乳がんのために亡くなられたという訃報記事を見つけました。驚きました。六十六歳だったそうです。あまりにも若すぎます。残念でなりません。御冥福をお祈りいたします。

宇江佐 真理 おはぐろとんぼ 江戸人情堀物語


宇江佐真理という作家にしては珍しく、決して明るくはない物語集です。また、若干のファンタジーの匂いを持ちあわせた作品もあります。

「ため息はつかない」 早くにふた親を亡くした豊吉は、薬研掘の近くで、父親の妹であるおますに育てられた。おますは口うるさく、逃げ場のない豊吉は思わずため息をついてしまうのだった。豊吉が12歳になったとき、薬種屋の「備前屋」に奉公することとなった。18歳になった豊吉は、女中のお梅から思いを寄せられる。しかし、行かず後家と陰口をたたかれている備前屋の娘との縁談が進むのだが・・・。

「裾継」 おなわは、江戸は深川の七場所と呼ばれる岡場所のひとつで、油掘(あぶらぼり)に面した裾継(すそつぎ)にある「子ども屋」(遊女屋)の女将だった。亭主の彦蔵の先妻との娘おふさも、乳飲み子の頃から後添えであるおなわが育てていた。そのおふさが13歳になり、おなわの言うことを聞かなくなった。おなわが父親の浮気に気付かないのがいらいらすると言うのだ。

「おはぐろとんぼ」 おせんは日本橋小網町の「末広」という料理茶屋に、料理人として奉公していた。ある日板前が倒れたため、新しい板前がやってきたのだが・・・。

「日向雪」 八人兄弟の三男である松助は、源兵衛堀近くにある中之郷瓦町の助次郎窯で火入れをしている最中に、母親が亡くなった知らせを受けた。四男の与吉によると、家族皆に無心をして回っている二男の竹蔵は女のところにいたらしい。女のために家族に迷惑をかけて良いのかという梅吉を、やっと帰ってきた竹蔵が殴り倒す。

「御厩河岸の向こう」 端午の節句も間近のころ、おゆりの弟の勇助が生まれた。おゆりが手を掛けて育てたため、勇助はおゆりになついていた。その勇助が、生まれる前のことを覚えているという。御厩河岸の川向うにある夢堀の傍に住んでいたというのだ。

「隠善資正の娘」 北町奉行所吟味方同心である隠善資正には、八丁堀界隈の坂本町に、「てまり」という行きつけの縄暖簾の店があった。そこにはおみよという19歳の娘がいた。資正はその娘に行方不明になった自分の娘の姿を重ねているのだった。

江戸の町は、水の都とも言われていたように、運河が発達した町でもありました。その江戸の町に存した6つの堀をモチーフに練り上げられた物語集です。とはいえ、堀そのものに意味はありません。ほかの市井の人情物語と同様で、そこに暮らす人々の生活が人情味豊かに描き出されています。

宇江佐真理の作品群からすると、中庸に位置する、と言えると思います。

とはいえ、常に未来を見据えるこの作者の物語らしく、悲観的ではありません。また、心象を表現する情景の描写も相変わらずにうまい、としか言いようがないのです。とくに「裾継」は、本作品集の中では私が一番好きな作品で、小気味良い言葉の羅列で終わる最後の行など、私の心にぴたりとはまりました。

宇江佐 真理 夜鳴きめし屋


本書のような構成は、長編作品といていいのか、連作短編集と言うべきなのかよく分かりません。解説を書かれている文芸評論家の末國善巳氏は、長編だけど中には独立性の高い物語もある、と書かれています。まあ、どちらでもいいと言えばいいのですが。

この解説を読むまで気づかなかったのですが、本書は連作集『ひょうたん』の続編だそうです。『ひょうたん』というタイトルには覚えがあるので、読んではいる筈ですが、昔の話で覚えていませんでした。

本所五間堀にある「鳳来堂」は、店の開くのが八つ(午後8時頃)だという、朝方までやっている“夜鳴きめし屋”です。もとは店主の父親の音松がやっていた古道具屋だったのです。しかし、音松が亡くなり、息子の長五郎がそのあとを継ごうにも道具の目利きもできず、母親と二人でめしと酒を出す見世を出すことになります。その後母親も亡くなり、長五郎がひとり身ということもあって、次第に見世を開ける時間も遅くなり、代わりに朝方まで開けておくようになったものです。

様々な人たちが訪れる「鳳来堂」でしたが、そのうちに長松と惣助という七、八歳位の子供が食事に来るようになります。長五郎にはかつて思いを交わした娘がおり、その娘が深川に帰ってきているらしく、どうもその娘の子らしいのです。長五郎は、その子らの来るのが楽しみになり、何かと好みの料理を作り始めます。

本所、深川といった江戸情緒あふれる土地を舞台に、一膳めし屋を舞台にした、宇江佐真理らしい人情劇が繰り広げられます。この作家の作品の中では、可もなく不可もない、どちらかと言えば平均的な物語、という印象でした。でも、その平均値がとても高いところにあるのが、この宇江佐真理という作家さんだと思います。

宇江佐 真理 昨日のまこと、今日のうそ 髪結い伊三次捕物余話


「共に見る夢」、「指のささくれ」、「昨日のまこと、今日のうそ」、「花紺青(はなこんじょう)」、「空蝉(からせみ)」、「汝、言うなかれ」の六編の連作短編集です。

相変わらず、この作者の名調子が心地よい作品です。シリーズも13巻目ともなると、シリーズ当初の伊三次とお文の二人だけの雰囲気はほとんどなく、代わりにその子供達が主役となって物語は進んでいきます。と言っても、伊三次やお文、それに不破友之進といった面々も引退したわけではなく、勿論重要な登場人物としてそれなりの活躍を見せてくれています。ただ、前巻でもそうだったのですが、お文の影が少々薄いかな、という気はします。

「共に見る夢」は不破友之進・龍之進親子の物語です。龍之進ときい夫婦の間にに子が生まれますが、友之進の同僚の岩瀬からの祝儀が届きません。捕物のことで岩瀬と話しているうちに、それは岩瀬の奥方が病で伏せているためであることを知ります。友之進は夫婦のあり方に想いを馳せ、いなみと共に伊勢参りに行くことを思うのです。

「指のささくれ」は伊三次の髪結いの弟子である九兵衛の物語。九兵衛は大店である魚佐の娘のおてんとの祝言のことで悩み続けでいます。男としての矜持や気になる娘の存在など、若者の心の揺らぎが描かれます。

「昨日のまこと、今日のうそ」は、友之進の長女で蝦夷松前藩江戸下屋敷に別式女として奉公している茜の物語です。松前藩嫡男である松前良昌の茜に寄せる想いをいなしつつ、良昌の病への思いやりとの間で悩む茜の心が、その重さに揺れるのです。

「花紺青(はなこんじょう)」は、伊三次の息子で歌川豊光のもとで絵師の修業を続けている伊与太の話です。なかなかに一人前になれない伊与太は葛飾北斎のもとを訪ね、自分の腕の未熟さや嫉妬心などを思い知らされるのです。

「空蝉(からせみ)」は、不破龍之進と緑川鉈五郎は、内与力の山中寛左から内密の調査を命じられます。奉行所内で押し込みと通じているものがいるというのですが、龍之進は同輩を疑いきれません。そうした中、父友之進も同様の密命を受けていることを知り、何か不審なものを感じるのです。

「汝、言うなかれ」は、柳町の漬物屋の村田屋を舞台にした、視点を変えたスピンオフの物語のような匂いのする作品です。青物問屋八百金の主である金助が殺されます。村田屋の女将のおとよは、かつて信兵衛から聞いた打ち明け話を思い出し、信兵衛に対しほんの少しの疑いを抱きます。その疑いはやがて伊三次の知る所となり・・・。

やはりこの作者の物語は心地よいですね。読んでいるときも、その後も、時間がゆるやかに流れるような感じがします。丁寧な情景の描写と共に登場人物の心情が思いやられ、近頃では親としての伊三次とお文、不破友之進といなみらの心根を、やはり親としての自分と重ね合わせたりしています。

このシリーズがいつまで続くのか判りませんが、終わってほしくないと心から思うシリーズの一つです。

宇江佐 真理 名もなき日々を 髪結い伊三次捕物余話


髪結い伊三次捕物余話シリーズも、本作で十二作目にもなりました。物語の主人公も、当たり前のことながら、シリーズ当初は伊三次とお文が中心だった頃と異なり、この二人の息子の伊与太やお吉、伊三次が仕える同心の不破友之進の子である龍之進や茜などに少しづつ比重が移り、本作でもこうした子供達がメインになって話が進んでいます。

新しい師匠のもとに通うことになった伊与太や、その妹お吉も自分の生き方をしっかりと見つめる時期に来ています。その子供達を親として見つめる伊三次とお文なのです。

一方、不破家でも、息子龍之進が本書冒頭では仕事上で失策を犯したり、何よりも龍之進の妻きいのお腹が大きくなっていたりと、と何かと問題が起きているのです。そういう点では、松前藩の別式女として奉公している茜が一番大変なのでしょうか。

誰が中心というわけではありません。登場人物夫々が主人公となって展開される物語は、夫婦の、家族の物語として、より大きな流れとして展開していくようです。

派手さは無いものの、折々の場面での背景に映る自然の描写など、季節の移ろいを細やかに感じさせてくれる宇江佐真理の作品は、ゆっくりと心に染み入ってくるようで、やはり落ち着きます。

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR