FC2ブログ

高田 郁 花だより みをつくし料理帖 特別巻





明けまして おめでとうございます。

本年もよろしくお願いいたします。


私にとり、昨年は持病の強直性脊椎炎からくる目の病に悩まされた一年でした。ブドウ膜炎から緑内障になり、左目の中心部はほとんど見えません。眼圧も下がらず、手術へ。そうしているうちに右目もブドウ膜炎を発症し、眼球への注射の日々でした。

ほかの持病もありましたが、一応数年間の様子見という猶予をもらっています。

今年は穏やかな一念でいたいものです。

皆様は、くれぐれも健康には留意され、健やかな年をお過ごしください。



ということで、本書。
昨年中に読み終えていた作品です。

シリーズとしては終了している「みをつくし 料理帖」の特別巻です。

目次

花だより ―愛し浅蜊佃煮 / 涼風あり ―その名は岡太夫 / 秋燕 ―明日の唐汁 / 月の船を漕ぐ ―病知らず




花だより ―愛し浅蜊佃煮
明けて七十四歳になった「つる屋」の店主、種市は、行き倒れていた水原東西と名乗る易者を助け、来年の桜を見ることはかなわない、と告げられ体調不良に陥ってしまう。その様子を見た戯作者の清右衛門は、自分の筆が進まないこともあり、「会いたいなら会いに行けばよい。」と言い切り、自分も大坂へ行くと言い出すのだった。

シリーズ終了後の「つる屋」の様子を記した一編。水原東西との出会いの偶然引き起こした顛末ですが、私があまり好まない偶然が鍵となる作品でした。あまり感心しません。

涼風あり ―その名は岡太夫
御前奉行の小野寺数馬の妻乙緒(いつを)は嫁いで早や六年。乙緒の眼は糸を引いたかのごとく細く、「笑わぬ姫君」と呼ばれていた。義妹の早帆(さほ)が数馬のかつての想い人について乙緒に漏らしてしまい、乙緒は、「出来うるならば、己よりも相手の人生を重んじるほどに、想われたかった。心から愛おしいと、想われたかった。」という思いに囚われてしまう。そこに、今は亡き義母の言葉を思い出す。

夫婦のありようを考えさせられる一編でした。高田郁らしい、人を思う心、相手を思いやる心の美しさを、少々都合がよすぎるきらいはあるものの、うまく描き出してあります。

秋燕 ―明日の唐汁
二十年前の享和の大水で全員が亡くなったはずの淡路屋は、野江を主人として「高麗橋淡路屋」として再建されていた。外出から帰ったその野江を迎えたのは、先代番頭の龍助こと龍蔵の一子辰蔵だった。大坂に来ていた摂津屋の助五郎と、澪の店「みをつくし」で会ったのはそれからすぐであり、大坂の「女名前禁止」という掟のため、三年のうちに野江が高麗橋淡路屋の主人を決めなければならないのだった。

「みをつくし」本編では語られていなかった、野江の苦労を描いてあります。本編で重要な役割を担っていた又次という料理人と野江とのかかわりを、また摂津屋らとの関係も併せて描いてあります。ただ、やはりあまりにも野江に都合のいい展開ではありました。
ここまで行くと、ちょっとあり得ないという印象です。

月の船を漕ぐ ―病知らず
澪の夫源斉は、流行りのころりに対し医者としての無力さを感じたのか、ころりが去ったある日倒れてしまい、澪の手作りの料理にも手を付けられないでいた。そんな時、澪の店の先代家主の庄蔵はころりのために亡くなり、後を継いだ家主は立ち退きを迫っていた。そうした様子を見た野江は、『奈落の底の底』にいた自分を救ってくれたのが「又次の作ってくれた唐汁だした。」と言うのだった。

本編終了後の澪の姿が描かれた作品です。相変わらずに料理に対し真摯な澪です。料理に正面から向き合い、悩むいつもの澪です。



この作品をもって「みをつくしシリーズ」は終わると、巻末の「瓦版」にありました。

ずるずると引きずるよりもいいのかもしれない、とも思いますが、できればその後の澪の姿を読んでみたいものです。

高田 郁 あきない世傳 金と銀(五) 転流篇




「あきない世傳金と銀」シリーズの第五巻目「転流篇」です。



前巻で決まった、真澄やを敵に回して五鈴屋が桔梗屋を買い上げる話が、天満組呉服仲間の寄合で正式に認められ、五鈴屋はこれまでにも増して一気に大きくなりました。

かつての桔梗屋の奉公人とこれまでの五鈴屋の奉公人との仲もほどほどにうまくいっている中、幸は、江戸への出店を具体的な目標として考え始めるのです。

その年の霜月(旧暦11月)、幸の母親の房が亡くなり、妹の結は幸らと共に住むことになります。店の女衆とも馴染み、なんとか明るく暮らしていく結でした。

そんなとき、幸の妊娠が判明し、喜びに沸く五鈴屋でした。



今回の幸は、これまでの四巻ほどではありませんが、それでも普通の人にとっては大事件と言うほかない出来事に見まわれます。

そうした襲いくる逆境に対しても、強く逞しく生きるのが高田郁の描く女性であり、この『あきない世傳金と銀』シリーズの幸です。そして、新たな商売のあり方を考え、「買うての幸い、売っての幸せ。」という信条を常に胸に刻んで商売にまい進するのです。

大坂の商人の物語であり、つまりは幸自身のこともさることながら、五鈴屋という店の発展が描かれることになります。そのためには、商品を売る新しいアイデアが要求されますし、そのアイデアはもちろん現実に即したものでなければなりません。

そういう意味では作者の苦労は相当なものがあると思うのです。しかし、そうした苦労を感じさせることなく、物語は更に意外性を持って展開していきます。


もうそれくらいにして、いいのではないかと思うくらいの運命の変転に振り回されている主人公の幸ですが、本書においても最後にまた結構な衝撃が襲います。

あまり難題をふりかけすぎると、読み手にとってもは少々疲れる物語になるのではないかと心配になるのですが、そこは高田郁という作者の腕の見せ所なのでしょう。

これからの展開を待ちたいと思います。

高田 郁 あきない世傳金と銀〈4〉貫流編





「あきない世傳金と銀」シリーズの第四巻目「貫流編」です。



惣次が家を飛び出しで十日以上も経った頃、三男の智蔵が惣次の隠居の手紙を持って五鈴屋にやってきたその日、これまでも世話になってきた桔梗屋が、惣次が相談に来たと言い、「ともに生きる不幸よりも、離れて生きる不幸を惣次はんは選らばはった。」というのでした。

心労のためか具合の悪いお家さん(富久)でしたが、智蔵が五代目徳兵衛を継ぐことを望みます。煮え切らない智蔵に業を煮やしたお家さんは幸を養子とすることを考えるのでした。

しかし、五鈴屋に現れた智蔵は、五鈴屋の後を幸もろともに引き受け、六代目徳兵衛となります。幸は兄弟三人に嫁すこととなったのです。智蔵は「自分は人形になり切って、幸の思うように動かしてもら」うと言うのでした。



よくもまあ、というほどに変転する幸の運命です。ご寮さんという立場は変わらないにしても、旦那が三人も、それも兄弟三人の女房としてご寮さんの立場を貫いていくことになるとは、思ってもみませんでした。

でも、商いに対しても、嫁に対しても無関心だった長男、商いは長けていたものの人に対する情が家けていた二男、商いの能力には欠けているけれども人への気配りは見事な三男と、よく性格設定をしたものです。

最終的には幸が一番活躍しやすい環境を与えたこの作者ですので、今後はその環境の中で幸が能力いっぱいに力を発揮し、五鈴屋を育てていく姿が描かれるのではないかと思ってはいるのです。

しかし、そう素直に展開するものか、この作者のストーリーテラーとしての力量からすると、まだまだ変転があるような気もします。

大坂商人のえげつなさが今のところその片鱗しか見えておらず、商売上の障害がいまだ低いことを考えると、今後の展開も五鈴屋の家内のことというよりも、商売上の困難が設定されると思うのです。

大坂ど根性ものとしての幸の成長が楽しみな一冊です。

高田 郁 あきない世傳金と銀〈3〉奔流編




「あきない世傳金と銀」シリーズの第三巻目「奔流編」です。

番頭の治兵衛が卒中で店を退き、阿呆ボンと呼ばれる四代目徳兵衛の妻となった幸でしたが、突然その阿呆ボンが逝ってしまいます。跡継ぎの四代目の弟の惣次は、「五鈴屋」の跡取りとなる条件として、幸が自分の妻になることと言ってきたのでした。

惣次の嫁となって町内にも認めてもらい、晴れて「五鈴屋」のご寮さんとして働き始めた幸に対し、惣次は、五鈴屋を日本一の店にする、そのために江戸への出店するという夢を話して聞かせます。そのために力を貸してほしいと言ってきます。

ただ、惣次は商売に身を入れ必死で働きはするものの、お家さんの冨久からすれば、奉公人を頭から怒鳴りつける惣次の姿は、ただ心がない商いとしか思えないのでした。

師走でのまとめての支払いである「大節季払い」を「五節季払い」とし、利息がかからない分商品の値段を下げるなどの改革を打ち出す惣次であり、五鈴屋の名を世間に知らしめるための宣伝の方法などの知恵を出す幸の姿もあり、五鈴屋は次第に順調人割り始めます。

しかしながら、「商いは情でするもんやない」という惣次はまた、幸に感謝をしつつも「私の陰に居ったらええ。何があったかて、私が守ってみせるさかいにな。」と言い、戦国武将になるつもりの幸の心とは微妙に異なる道をすすむのです。

その後、「店の外側を変える」、つまり呉服の仕入れの流れを変えると言いだした惣次でした。



やっと五鈴屋も軌道に乗ってきました。その間、四代目徳兵衛から五代目へと夫が変わりましたが、幸は更に商いの上での武将になるという思いを実践していきます。

実際、幸のアイディアを惣次が実行し、五鈴屋の世間への認知度は飛躍的に上がります。本書では、幸が商売の道の入り口に立って一歩を踏み出した姿が描かれているのです。

でありながら、夫にはなかなかに恵まれず、阿呆ボンの次の夫の惣次は、女である幸を認めるようでいてやはり自分の陰に置こうとします。

その結果、本巻の終わりには五鈴屋は大きなトラブルを抱え込むことになり、やはり幸の身の上に大きな転換点が訪れようとするのです。

なかなかに面白いシリーズとして大いに期待して読み続けていますが、その期待は今のところ裏切られることはありません。早速、続刊を早く読みたいと思うばかりです。

高田 郁 あきない世傳金と銀〈2〉早瀬篇




「あきない世傳金と銀」シリーズの第二巻目「早瀬篇」です。



九歳という年齢で大坂天満の呉服商「五鈴屋」に女衆として奉公することになった幸でしたが、同じ女衆のお竹らや番頭の治兵衛にも助けられながら、商売人としても少しずつ成長していました。

「五鈴屋」の店主徳兵衛は周りからは「阿呆ボン」呼ばれるどうしようもない四代目であり、そうした現状を憂える治兵衛は十四歳になった幸を四代目徳兵衛の後沿いにと図ります。しかし、治兵衛が卒中を起こして倒れ、「五鈴屋」からは身を引くことになります。

なんとか幸と四代目の祝言だけは済ませて呉服屋の仲間からも認められ、晴れて「ご寮さん」となった幸でしたが、四代目は幸の体を触ろうともせず、お歯黒も許さない日々が続くのでした。



第一巻で奉公に入り、一生懸命に奉公してきた幸がご寮さんになり、今度は「五鈴屋」の柱となって盛りたてていく立場へと変化します。阿呆ぼんと呼ばれるほどのどうらく息子の嫁となり、どんな苦労が待っているのかと感情移入する物語の流れです。

でも、幸を描く作者の筆がそれほどに暗いわけでもなく、それどころか、これからの「五鈴屋」を幸がどのように盛りたてていくのかという点にこそ読者の関心は移るように描いてあります。そうした点がこの作者のうまさなのだろうと本書を読みながらも考えていました。

波乱万丈という言葉がピタリと当てはまる幸の運命の変転ですが、読者にとっては意外というしかないストーリーの展開です。勿論、この意外性は面白さに通じるものであり、このあとどのように展開するのだろうと、作者の思惑に見事にはまっているのです。

物語の合間には、例えば見舞いに来た幸に病床の治兵衛がかけた「まずは知識をしっかりと身につけなはれ。」、「智恵は、何もないところからは生まれしまへん。知識という蓄えがあってこそ、絞り出せるんが知恵だすのや。」という言葉があります。

こうした言葉自体は現実にもよく言われる言葉であり、特別な言葉ではないのですが、物語の登場人物の暖かな言葉としてかけられると、あらためて心に沁みます。

このような、ちょっとした、決して特別ではない言葉のやり取りに読者が引き込まれていく一つの要因があるように思えます。なんでもなさそうな言葉を胸に頑張る主人公の姿を読者は待っているのでしょう。

前巻の最後でも思いもかけない展開があったように、本書も終わりにまた新しい展開が待っていました。このシリーズが人気シリーズになっているのもよく分かる展開でした。

早速次を読みたいと思います。
プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR