団 鬼六 真剣師小池重明




真剣師(しんけんし)とは、賭け将棋、賭け麻雀といったテーブルゲームの賭博によって生計を立てている者のことである。( ウィキペディア : 参照)


勿論、賭け将棋は違法であり、真剣師という存在自体は日のあたるものではありません。しかし、賭け事の歴史は人類の文明の発生と同じというほどですから、世の中から無くなるものではなく、人間社会の陰の側面として常に存在するものなのでしょう。

事実、何より公の機関が運営主体となる競輪、競馬を挙げるまでもなく、私たちの日常生活の中にパチンコやスロットマシンがあり、またゲームとして行う麻雀、囲碁、そして将棋など、結果として勝敗がつくゲームはまず賭け事の対象になっています。

その将棋では近年藤井聡太氏の連勝記録や六段昇進、羽生永世七冠の誕生などで人気になっていますが、本書は「将棋」で行う賭博の物語で、実在した小池重明という真剣師の物語です。



著者はSM小説で名を馳せている団鬼六です。この作家の作品はその名は知っていたものの、SM官能小説を読む気にはなれず一冊も読んだことはありませんでした。

しかしながら、本書にはそうした官能のニュアンスは全くなく、小池重明という社会生活不適合者と言ってもよさそうな人物像をわりと客観的な視点で描き出してあります。

著者団鬼六は、自身が書いた「はじめに」と題された文章の中に、小池重明について

この男には不可思議な魅力があった。人間の不純性と純粋性を兼ね合わせていて、つまり、その相対性の中に彷徨をくり返していた男である。善意と悪意、潔癖と汚濁、大胆と小心、結城と臆病といった相反するものを総合した人間といえるだろう。徹底して多くの人に嫌われる一方、また、多くの人に徹底して愛された男である。


と表現しています。

人妻との駆け落ち歴三回。寸借詐欺事件を起こして、アマ・プロ棋界から追放された男。新宿で世話になっていた恩人の将棋道場兼居酒屋で、女かギャンブルかで店の金を何度も盗み出し逃亡し、最後には茨城県の別の恩人の店の店長をしていたものの、店の金と新車を盗み女と共に逃亡するなど、破天荒という言葉を越えた無法な生活をしていた男。

それでもなお、どこか憎めない男であったようで、裏切られ続けてもなお応援し、その人物の代わりにまた誰かが助けてくれる人が現れるのです。男も何故か見捨てられない、そういう人物だからこそ女もまた惚れるのでしょう。

著者自身、そうしたお人よしの一人でもあり、自分の小池重明に対する、迷惑でありながらも気になって仕方がないという心の内をはっきりと書かれています。

しかし、一旦将棋盤に向かうと連続二期アマ名人となり、プロ棋士との勝負にもことごとく勝ち続けます。あまりに強過ぎ、真剣師として相手になるものもいなくなったそうです。

本書は小説ではなく、評伝と呼ぶべきものでしょう。著者が小池重明自身の手記や彼を知る者からの聞かされた談話、そして著者自身の小池との交流経験をもとに「出来るだけ真実に近い小池重明伝」とした書かれたものです。

従って、いわゆるエンタメ小説の面白さはなく、代わりに荒唐無稽なギャンブル小説にも似た、普通の人生ではありえない人生を垣間見ることが出来ます。


本書は、柚月裕子の新刊『盤上の向日葵』を読む前に、真剣師の小池重明について調べてから読んだ方がいい、との焼酎太郎さんの勧めで見つけたものです。『盤上の向日葵』の内容は全く分からないものの、もうそれほど遠くない時期には読めるでしょう

北野 武 ラストシーン 北野武





「取材を語る」「恐怖を語る」「運・不運を語る」「弟子の名前を語る」など、時代の最前線で表現を続けるビートたけし/北野武の核心を問う全14本のインタビューを収録。なぜ、彼だけが特別であり続けられるのか。笑いと納得だらけの金言が満載です!(「BOOK」データベースより)


本書は、ロッキング・オンから刊行されている雑誌『SIGHT』、『SIGHT ART』で長期連載中である北野武の自叙伝インタビューと、本書用に収録されたインタビューも収録した単行本シリーズの第十二弾です。

北野武という、現在のお笑い界の最高到達点にいる一人の芸人へのインタビューをまとめた聞きとり集で、これまでも『北野武 自叙伝シリーズ』として十一冊が刊行されています。

北野武という名前だけで、インタビューの聞き取り形態での出版が出来るのですから、北野武という人間の人気度の高さが知れます。

芸人として、また人気監督としての発言そのものが小気味よく、含蓄ある言葉として読者は受け取り、本人は金が入るだけですから笑いは止まらない筈です。

でも、北野武という人物に興味があり、彼のインタビューは聞こうと思うのですから仕方がない。彼の語った言葉が活字になっているだけでそれを読もうと思うのです。惚れた弱み、ということかもしれません。

でも、自分で金を出してまで買おうとは思わないし、実際、本書も図書館で借りて読んでいるのですから、私にそこらのことを言う資格はないのですが。

とにかく、この人の生きざま、そして彼の作り出す番組、作品は文字通り破天荒であり、ユニークで面白いのだからどうしようもありません。

かつて「大橋巨泉」というテレビの申し子がいたけれど、あの人を越えたのかもしれないと思うこともあります。それほどに、テレビの世界に残したものが大きいし、映画の世界にもその足跡を残しているのですから、何も言えないのです。

とにかく、「戦場のメリークリスマス」に抜擢されて役者をやり、希代の殺人犯大久保清などの極悪人を演じた頃からずっと見ているたけしであり、北野武ですので、その他大勢の一ファンとして更に見つめていきたいと思うのです。

春日 太一 仁義なき日本沈没―東宝VS.東映の戦後サバイバル


春日太一の作品では以前『あかんやつら 東映京都撮影所血風録』を読み、描かれた内容の持つ熱気と情熱とが、作者の映画に対する愛情を感じさせる作品だったので、本書を読む気になったものです。

しかし、残念ながら本書に関しては『あかんやつら』ほどの情熱は感じられませんでしたし、それに伴って読み物としての面白さも感じにくいものでした。

その差がどこにあるのか良く分かりませんが、本書は映画産業全体を俯瞰した描き方であることからくるのではないかと思います。つまり『あかんやつら』はミーハー的な見方をしていた私の読み方に応えてくれていたのに対し、本書はそうではなかった、と言うことではないでしょうか。

『あかんやつら』は子供のころ見た映画スターの実像であったり、映画そのものの制作過程での裏話などが、それなりに細かく描かれていました。それに対し、本書はより大きく、映画産業史に近い描き方であったというところでしょう。

ですから、本当に映画史をしっかりと知りたい人にとっては読みやすいのかもしれません。ただ、現実に映画産業に携わっていた人たちからの若干の批判めいたレビューがあったのも事実です。こうしたレビューはネットを探すまでもなく、Amazonでのレビューに見られるところです。

蛇足ながら、この本を読んで数日後にテレビで映画『待ち伏せ』が放映されました。この本には、この映画が作られた時代にあってはスターシステムで作られたこの映画も、その神通力はもはやない、と書いてありました。

しかし、今回初めてこの映画を見て感じたのは、そもそもこの映画はストーリー自体に魅力を感じなかったのではないか、ということです。つまりはスターシステムや役者の演技を言う前に、脚本そのものの魅力を感じなかったのでしょう。中村錦之助や石原勇次郎には存在感は無く、三船敏郎も用心棒のイメージを引きずっているだけでした。ただ、勝新太郎だけが存在感があったように思います。それと浅丘ルリ子の演技はさすがでした。

戸部田 誠 1989年のテレビっ子


それは『オレたちひょうきん族』が終わり、『ガキの使いやあらへんで!!』が始まった年。
それは『ザ・ベストテン』が、裏番組の『みなさんのおかげです』に追い落とされた年。
ダウンタウンがウッチャンナンチャンが『笑っていいとも! 』のレギュラーになった年。
テレビが変わった年「1989年」を機軸に、BIG3やお笑い第三世代ほか、多くの芸人とテレビマン、
そして、いわき市の「僕」のそれぞれの青春時代を活写した群像劇にして、圧倒的なテレビ賛歌。(「AMAZON内容紹介」より)

2014年3月31日に放送された「笑っていいとも!」の終わり、グランドフィナーレの場面の紹介から本書は始まります。タモリの元に「テレビ界のトップに君臨するスターたちが集まった」場面を青春時代の終焉と感じた著者にとって大切な場面だったのでしょう。

「テレビが趣味」ということに気恥ずかしさを持っていた「テレビっ子」である著者。テレビを見なくなったと言われて久しい現代においてなお「テレビっ子」を名乗る著者。この本は、テレビの中で笑いを提供してきた人たちの青春記であるとともに、今あえて「テレビっ子」を名乗る著者のこれまた青春記でもあります。

「笑っていいとも!」の終焉は、本書のタイトルにもなっている1989年にその基礎が完成した「平成バラエティ」の終焉だと著者は考えています。その「平成バラエティ」の全貌を描き出したのが本書なのです。

私もお笑いが好きで、今でも見るテレビ番組はほとんどバラエティです。テレビによってもたらされる「笑い」が大好きです。幼い頃から浅草の「デン助劇場」や大阪の「吉本新喜劇」などをよく見ていました。そんな私にとって「ドリフの全員集合」から「俺たちひょうきん族」などを見ないわけがなく、そうした私にとってもこの本はやはり一つの青春記でした。

本書のあとがきを見ると、本書は著者によるスターたちへのインタビューは全くしていないそうです。現実のスターたちの今の言葉ではなく、当時の実際放映されたビデオや残されている活字から起こされている記録だそうです。ですから、もしかしたらこの本の中に書かれていることは事実とは異なるのかもしれない、と著者は書いています。でも、それこそが「テレビ的」なノンフィクションだとも言っています。既に視聴者に提示されている膨大な情報を再構成している本書はまさに「テレビが映した真実の断片」から再構成されたテレビ的真実なのです。

例示として本書での描写を一つだけ。現在でもテレビで毒舌のコメンテーターとしても活躍されているテリー伊東さんは、ビートたけしという天才について、彼は「誰よりも男の哀愁がある」と言ったそうです。しかし「オレだけは、たけしさんの哀愁以外だけを演出したい」と言ったとか。「天才・たけしの元気が出るテレビ!!」ほかのバラエティーを数多く演出を手掛けてきたというテリー伊東さんについてもまた伝説が多いのですが、こうした感性で時代の先端を走ってきたのでしょうね。

テレビは、例え「それが虚構であったとしても、テレビは”日常”という希望だった。」と結論付ける著者の見方は、やはりテレビっ子でもあった私にとっても大いに納得できるものでした。

春日 太一 あかんやつら 東映京都撮影所血風録


半年近くも前に友人から読めと言われて貰った本。やっと読了しました。いやぁ~、何故今まで読まなかったと後悔することしきりです。ノンフィクションですが、対象が映画なので興味は尽きません。

もしかしたらルポルタージュとしてのノンフィクションを読むのは、若い頃に読んだ沢木耕太郎の『一瞬の夏』以来かもしれません。本の詳しい内容はもう覚えていませんが、カシアス内藤が再度プロボクシングのリングに戻り闘う姿を描いた作品でした。

あの本も著者の熱意も含めて面白かったのですが、本書は何と言っても私の好きな映画の世界が舞台ですから、対象をリアルに頭の中に描くことができます。感情移入どころか、その世界の中に入っている気持ちです。

東映の成り立ちには長門裕之、津川雅彦兄弟の叔父さんにあたるマキノ光雄という人が大きく関わり、五島慶太を総帥とする東急グループの小会社である東横映画株式会社がその前身である、などの話から始まります。「マキノ」という名前は、映画好きの人は知らない人はいないくらいに偉大な名前ですね。

東宝や大映といった大手の映画会社の後発である東映は、片岡千恵蔵、市川歌右衛門らのスターシステムを確立し、そのシステムから次世代のスターである中村錦之介、大川橋蔵らが輩出します。その後、スターシステムも下火となると任侠路線が生まれ、鶴田浩二、高倉健、藤純子らの時代になります。次いで来たのが実録路線であり、菅原文太らが大活躍するのです。

こうした名前は、私が小学校の頃から社会人になる間に見ていたスクリーンの中にいた人たちであり、私の世代の人の映画の歴史はこれらのスターたちと共に育ってきたのです。

本書はこうしたスターたちのエピソードも満載でそれだけでも読み応えがあります。しかし、本書の面白さはそれだけにとどまりません。これらのスターを生み出す東映という会社のシステムそのものから描き出しています。トップである社長の個性が東映の路線に大きく影響するのは勿論、名物プロデューサーらが張り切る姿が生き生きと描写されているのです。

任侠路線、実録ものともなるとその世界の人達との関わりも出てくるし、映画製作のスタッフ自身がその世界そのもののようになっていたなど、裏話には事欠きません。有名な話としては、『山口組三代目』という高倉健主演の映画を作るにあたり、本人の協力もあったらしく、当然のことながら警察と衝突し、このシリーズは二作で終わってしまいます。その代わりに東映が作ったのが『県警対組織暴力』という、警察とヤクザとの癒着が描かれた作品です。

でも、言えるのはそうして徹夜続きでも映画を作り続けてきたスタッフらは、大スターも会社の役員も、現場の使い走りに至るまで本当に映画が好きだということです。その現場の情熱が溢れんばかりに描かれているこの本の著者もまた映画が好きだということが伝わってきます。

この作者のルポに限らず、他の人の映画の本も読んでみたいと思わされた一冊でした。

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR