沢村 凜 瞳の中の大河

瞳の中の大河 (角川文庫)瞳の中の大河 (角川文庫)
(2011/10/25)
沢村 凜

商品詳細を見る

「最後まで気高く生きる軍人の生涯を描いた長編ロマン」だそうです。第10回日本ファンタジーノベル大賞優秀賞を受賞した作品らしいです。

ファンタジーの大作だというは分かります。しかし、どうも入り込めませんでした。

ネットでちょっと調べるとそこそこに評価が高いのです。ということは私の感覚と合わないだけと言った方が良さそうです。

文章は客観的事実を羅列してあります。登場人物、特に主人公の軍人アマヨク・テミズの主観はあまり語られません。主人公の出世の歴史が淡々と語られる物語と言っても過言ではなさそうです。

読んだのはこの作品だけなのでまだ何とも言いようは無いのですが、この作品に限って言うと、物語の筋は面白い、しかし、その世界には入れない、としか言いようがありませんでした。

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR