FC2ブログ

青山 文平 鬼はもとより


奥脇抄一郎は、武芸の路から女遊びにのめり込み、遊び人となっていたが、「なにかをしでかしたはみ出し者」をまとめて設けられた「藩札掛」を命じられ、世話役の佐島兵右衛門(さじまへいえもん)のもと、藩札の仕組みから叩きこまれる。しかし、兵右衛門の急死により抄一郎が責任者となるが、飢饉に際し藩の重役の藩札の刷り増しの命に逆らい、藩札の原版を持って脱藩してしまう。その後、江戸に出た抄一郎は旗本の深井藤兵衛(ふかいとうべえ)の知己を得るなかで、藩札板行指南を業とするようになるのだった。

本書は武士の世界に経済の側面から光が当てられています。つまり、主人公抄一郎は「国を大元から立て直す仕法」の背骨を掴み取り、その仕法を別の藩で試すのですが、その流れが実にダイナミックに描写されているのです。

藩札の板行には正貨の裏付けが必要だが、刷る額面のおよそ三割は正貨の準備が必要、などの藩札の仕組みを相談者相手に語る場面は、経済の素人にも理解しやすく、新たな知識をもたらしてくれる面白さもあります。その数値の真偽のは正しいのだろうとしか分かりませんが、そういうものだと納得できる書き方なのです。

とはいえ、青山文平という作者の根本は常に「侍」存在そのものの在り方を問うていて、抄一郎が見つけた仕法の肝(きも)もその点に関わってきます。先に亡くなった佐島兵右衛門の姿から抄一郎が感じる覚悟も、「命を賭す腹が据わっているか」が大事ということでした。

更にはより直截的に、「武家とは、いつでも死ぬことができる者であ」って、「武家のあらゆる振る舞いの根は、そこにある」と抄一郎の独白の中で語らせています。このように本書の少なくない個所で、侍の「死の覚悟」への言及があります。

青山文平の作品の中に『かけおちる』という作品があります。この作品も藩の財政の立て直しのために殖産事業に命をかける侍が描かれていますが、本書はその藩札版といったところでしょうか。青山文平は、単に侍を描く舞台設定としてだけではなく、侍の世を経済という新たな視点から見詰め直すという試みをしているのかもしれません。

一点、良く分からないところもありました。それは、抄一郎が女遊びにのめり込んだ時期がある、という設定の持つ意味です。

確かに、女に対して「鬼畜」と呼ばれた抄一郎に対し、その親友で獣(けだもの)と呼ばれた長坂甚八(ながさかじんぱち)が抄一郎の人生の奥底にずっと漂っています。その点では女遊びの描写も意味を持つのかもしれないのですが、その甚八の存在そのもののこの物語における意味が、今一つ良く分かりません。作者の意図は何なのでしょう。

更には藩の立て直しの仕法を実行する東北の小藩の執政に絡んでも女が語られます。この点もよく分からない。そして、本書の最後の一行も女のことで締められるのです。

こうしてみると、女という存在が抄一郎の芯に何か影響を与えているのかもれません。

そうした疑問はありますが、やはりこの作家は今の私の中では浅田次郎などと共に一番の作家でなのです。そして、本書は色々と考えさせられ、また単純に物語としても面白い小説です。

青山 文平 約定

約定約定
(2014/08/22)
青山 文平

商品詳細を見る

やはりこの作家の作品は良い。本書もそう思わせる一冊でした。全部で六編の短編が収められた多分初の短編集です。

「三筋界隈」 生き倒れの浪人を助けた「私」は、今では一人の弟子もいない自分の道場へその浪人を連れ帰り介抱することとなった。その浪人は梶原派一刀流の使い手であったのだが、元気になると奇妙な依頼をしてきた。

「半席」 半席とは一代御目見え(いちだいおめみえ)という家柄のことをいう。片岡直人は徒目付ではあるもののこの半席であったため、永代御目見え以上になるために気を入れて仕事をする必要があった。そんな直人に組頭の内藤康平から二十日ばかり前に死んだ矢野作佐衛門の死について調べて欲しいという依頼があった。

「春山入り」 中川派一刀流の取立免状を許されているほどの剣の使い手である原田大輔は、川村直次郎から藩主お声がかりの儒者の国入りに際しその警護を頼まれる。しかし、問題は、反対派の中核に、幼馴染の島崎鉄平がいるということだった。

「乳房」 那珂(なか)は養父の島内清蔵が薦める西崎弘道に嫁ぐことになった。しかし、その西崎は質素を旨とし、日々の日課を粛々とこなすだけの人物だった。その西崎が上方在番で一年の間不在になるという。那珂は自由な日々を夢見るのだったが・・・。

「約定」 明和九年三月七日明け六つ、浄土が原で望月清志郎(もちづきせいしろう)は約定の果たし合いに来ない相手をいぶかりながら、腹を切った。

「夏の日」 旗本西島家の知行地で小前百姓の利助が殺された。知行地の名主である落合久兵衛(おちあいきゅうべえ)のもとに逗留していた西島雅之(にしじままさゆき)は、久兵衛から利助についての話を聞かされるのだった。

どの物語も、主人公の身近な人物が侍としての矜持を貫くその姿から、主人公自らの姿勢を正す様が描かれています。

「三筋界隈」は生き倒れの浪人、「半席」では矢野作佐衛門の死に様、「春山入り」では幼馴染の島崎鉄平の行動と、主人公のまわりの人の振舞いを見て主人公が思料するのです。独特、と言って良いのかは分かりませんが、その周りの人の心情そのものは読者にも明示してありません。当然のことながら主人公も対象となる人物の内心を推し量ることしかできず、読者は主人公の推量を示されるのです。勿論、主人公がそのように考えるだけの根拠は提示されています。そして、そう考える根底には侍の矜持、侍の振舞いのあるべき姿があるのです。

やはり、この作家の作品は見事です。葉室麟の作品で示される侍の姿も感動を呼び起こしますが、葉室麟の作品が登場人物の細やかな心の動きを静謐な文章で語っているのに対し、青山文平のそれは凛とした文章で、より直截的に語られていて、静かな余韻をもたらしてくれます。

ともあれ、青山文平氏の作品はそれほど多くはありません。他に『鬼はもとより』という新刊が出ているそうなので、早速に読みたいと思います。

青山 文平 流水浮木

流水浮木: 最後の太刀流水浮木: 最後の太刀
(2013/06/21)
青山 文平

商品詳細を見る

四谷大木戸の外の百人町に住む大久保組伊賀同心の山岡晋平には川井佐吉、小林勘兵衛、横尾太一という幼馴染がいた。ひと月に四、五回程の大手三之門の門番の日以外はサツキの苗の栽培により三十俵二人扶持の生計を補っている身であり、その身分に十分に満足もしていた。しかし、伊賀衆の中には本来は忍びである筈の伊賀衆が門番という身分に甘んじている、という事実に屈託を抱えているものも居た。ある日、川井佐吉が殺されたことにより、残された三人の運命が転がり始める。

主人公山岡晋平ほか還暦を過ぎた老骨三人の青春記と言っても間違いとは思えないようです。

本来は隠密御用を勤める身である筈の伊賀衆としての存在意義を確認する、そのことに情熱を燃やす仲間とそれを助けんとする晋平。子供の頃餓鬼大将であった勘兵衛と短気の太一が、還暦を過ぎた今でも仲間として行動するその様は同世代の私には他人事ではなく、自分自身の居場所を探すと言うその意識自体に共感を覚えます。これは同世代の人たちには共通する思いではないでしょうか。

青山文平という人は侍が侍として在るそのことをこれまでの作品で書いておられます。

本書の背景とする時代は「安永」年間という設定です。著者の言う「武家の存在じたいの矛盾が浮かび上がる」時代であり、「武家はそれぞれに自己のアリバイを模索せざるをえ」ない時代であって、ドラマが生まれ易い時代だと言います。三十俵二人扶持という軽輩の身とはいえ、自分という存在自体を見つめる武士の物語であり、仲間と共に自分探索に向かう青春の物語だと感じたのです。

青山 文平 かけおちる

かけおちるかけおちる
(2012/06/20)
青山 文平

商品詳細を見る

あけましておめでとうございます。新しい年になって最初の書込みになります。

北国にある柳原藩では、執政阿部重秀が藩の財政の立て直しのために行っていた「種川」という鮭の産卵場を人の手で整える作業が実を結びつつあった。この作業は阿部家の入婿である阿部長英の進言によるものだったが、その長英は江戸詰のため未だ「種川」成功の事実を知らずにいた。名うての剣士でもある長英は藩の殖産を図らねばならない立場にありながら江戸中西派一刀流の取立免状を取得することにより自藩の名を高めるこべく勤めるしかない自身に悩んでいた。

地方にある藩に居る親と江戸詰の子の、興産にかける侍としての生き様が簡潔な文章で描いてあります。

「侍が侍たり得ることが困難の時代」と前作「白樫の樹の下で」の中で書きましたが、本書でも戦いをこそ本来の姿とすべき侍が殖産にその身を捧げなければならない矛盾を問うてあります。

他方、本書では上記の二人のほかに重要な役目を担う人物がいます。それが「かけおちる」という題名の由来でもある、阿部重秀の妻民江と、阿部重秀の娘であり長英の嫁もである理津の二人です。民江は一度「駆け落ち」し阿部重秀によって妻敵討ちにあい、理津も二度の「駆け落ち」をしているのです。

「かけおちる」とは「欠け落ち」であり「駆け落ち」だと、著者自身の言葉にありました。そして、最後の「かけおち」こそ集団からの脱落を意味する「欠け落ち」だと著者は言います。この最後の「欠け落ち」こそ作者の書きたい事であったとすれば、ここまでの侍の物語はその様相を変えてしまうことにもなります。

とても持って回った言い回しで申し訳ないのですが、著者が言うようにこの点を明確に語ることはネタばれになりますので、これ以上は書けないようです。是非一読され、その仕掛けを味わってもらいたいものです。

松本清張賞受賞第一作である本書は前作と同じようでいてまた異なるやはり素晴らしい一冊でした。

青山 文平 白樫の樹の下で

白樫の樹の下で (文春文庫)白樫の樹の下で (文春文庫)
(2013/12/04)
青山 文平

商品詳細を見る

小普請組の御家人村上登は仁志兵輔、青木昇平と共に竹刀剣術ではなく昔ながらの型稽古を行う佐和山道場で剣を学んでいた。「大膾(おおなます)」と呼ばれる辻斬りが江戸の町を騒がせていたその頃、村上登は町人でありながらかなりの剣の腕を持つ巳乃介から一振りの刀を預かることとなるのだった。

時は江戸時代も中期、侍が侍たり得ることが困難の時代、なおも侍であろうとした三人の若者の物語です。「白樫の樹の下で」というタイトルは佐和山道場が白樫の樹の下でにあるところからきています。

とにかく硬質な文章でありながら、濃密な空気感を持った文章です。葉室麟という直木賞作家の文章も簡潔で格調の高い文章だと思いましたが、この作家の文章の透明感は凄いです。

「人を斬る」というそのことについての懊悩が、叩けば音がするような文章で描写されています。勿論読者は剣のことなど何も知りませんし、当然「斬る」という感覚も知らないのですが、あたかも若者の懊悩が感覚として理解できたかのような感じに打たれます。

また、村上登の前に横たわる想い人の描写は、そこに「白麻の帷子(かたびら)を着けた佳絵」という人が横たわる場面を切り取ったかのようで、その臨場感、村上登の心理描写には驚きました。これまで作家と呼ばれる人たちの文章の凄さには何度か脱帽させられましたが、この青山文平という人の文章も見事としか言いようがありません。

更に驚かされることに、青山文平という人は私と殆ど同世代ということもさることながら、20年ほど前に第18回の中央公論新人賞をとったことがあるけれども時代小説は本作品が初めてということなのです。時代小説の新たな書き手として期待されているという言葉も当然のことだと感じました。

本作品の物語としての面白さは勿論のこと、「詩的」な文章とどなたか書いておられましたが、日本語の美しさ、表現力の豊かさを思い知らされた一冊でもありました。

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR