鳥羽 亮 剣客春秋親子草 遺恨の剣




剣客春秋親子草シリーズの第五弾です。



近頃、大店の娘を誘拐する事件が起きているという。その事件の関連なのか、誘拐事件を探索している北町奉行所の臨時廻り同心の坂口主水の息子も何者かにつけ狙われ、そのために千坂道場も休ませているというのだった。

そのうちに、藤兵衛の妻おふくの実家である藤田屋の娘お菊が攫われ、二千両という身代金の要求があったらしい。藤田屋は町方に相談するとおきくの命はないとの脅しを受け、藤兵衛に相談してきたのだった。

藤兵衛は弥八と佐太郎の力を借り、何とかおきくの居場所を突き止めようとするが、女衒の辰の名前は上がるもののお菊の居場所は依然として不明のままだった。逆に、千坂道場に二人の武士が現れ、探索から手を引かねば千坂道場の門弟や彦四郎の妻子の命も保証できないと言ってくるのだった。

藤兵衛が藤田屋に身代金を受け取りに来た犯人らの後をつけると、犯人らは船を使い逃れてしまう。その様子を一味に知られ、今度は直接に千坂道場が襲われる事態にまで陥るのだった。



前巻でパターンの変更を願うと書いたところ、今回は少々異なった筋の運びでした。

とはいえ、探索方の探索の結果に応じて藤兵衛たちが斬りこむ、という点においては同様です。

また、これまでも何度か感じたことがあるのですが、主持ちでない侍が人を殺めても同心らは乗り出さないのでしょうか。藤兵衛らが敵役を切り殺し、その後始末もしないままに放っておいてもいいものか、など、不要なことまで考えてしまいました。

また、攫われた娘らを救出しに行く際には坂口らの役人が居たほうがよさそうな気がするのですが、千坂藤兵衛らは殆どのことを自分たちだけで成し遂げようとします。何故役人を同道しないのか、その点が気にはなるのです。

どうも、あら探しのような読み方をしている気持ちになりました。

このシリーズはシリーズとして面白さは持っていて、これからも読み続ける気ではいるのですが、パターンが同じ雰囲気になっていて、考えなくてもいいことまで考えてしまうのかもしれません。

鳥羽 亮 剣客春秋親子草 無精者





剣客春秋親子草シリーズの第四弾です。



稽古中に知らせを受けた彦四郎が駈けつけて、三人の侍と対峙していた、若侍と十六、七と思われる娘を助け出すところからこの話は始まります。

後日、助け出した岩田要之助という若侍が、笹森という中年の武士とともにが道場にあいさつに来て、内弟子にして欲しいと言ってきます。娘は要之助の許婚で、千石の旗本小堀家の娘であり、同行の笹森は小堀家に仕えるものだというのです。そのゆいもまた、里美に剣術を教えて欲しいというのでした。

その後千坂道場の様子を探る侍が見受けられるようになり、また稽古をつけてもらいたいと直接道場の様子を探りに現れたりもするのでした。ついには、彦四郎や里美らが藤兵衛のいる華村に行ったすきを狙って道場を襲い、そこにいる要之助を狙ってきたのです。

永倉の機転で何とかその場はしのいだものの、このままでは済ますことはできずに対策を練る千坂道場でしたが、どうも小堀家の当主が病のため、ゆいの婿に収まり小堀家を乗っ取ろうとする当主の弟一派がいるらしく、そのために要之助が邪魔だったらしいということでした。



今回の千坂道場は、門弟らが町中での侍の斬り合いで男女二人組に助太刀をしたことから面倒事に巻き込まれます。

これまでは、とある藩の権力闘争に巻き込まれ、ひいてはその騒ぎが道場間の争いまで持ち込まれたりもしていたのですが、今回も、とある旗本の跡目争いに巻き込まれることになります。

そして、やはり弥八や佐太郎の力を借りて、敵対する侍の居所を探り当て、千坂道場の面々、藤兵衛、彦四郎、永倉らが先手を取って斬り込み、敵の力を削いでいくのです。

この弥八、佐太郎の力を借りて相手方の力を削ぎつつ、中心となる遣い手を倒す、という流れがこのシリーズの一つの形となっているようです。

前巻で、「話の運びが前巻同様」と書きましたが、それはこのシリーズの一つの形としてあるのかもしれません。それはまた、シリーズの登場人物を登場させようとすると、探索方の弥八、佐太郎と、彦四郎、藤兵衛、永倉という剣術方を全員その役割に応じて登場させると仕方のないことのようでもあります。

ただ、それは話のマンネリ化を招くことでもあり、このシリーズのファンとしてはパターン化して欲しくないという願いがあるのは勿論です。

しばらくは様子を見ることになるのでしょうが、読み続けたいとおもいます。

鳥羽 亮 剣客春秋親子草 面影に立つ





明けましておめでとうございます。

2018年になりました。
古希という節目の年まであとわずかな年齢となってしまいました。
年ごとに時の経過が早くなっている印象を持つのは私だけでしょうか。

このブログを訪ねてくださる皆様のご多幸を願いつつ、このブログのあり方も少々考えなければ、などと思っております。
本年もどうぞよりしくお願い致します。



さて、剣客春秋親子草シリーズの第三弾です。

前巻で島中藩の若君の指南役の座をめぐり、島中藩の鬼斎流との争いが描かれてましたが、今回もその流れは続いていました。

彦四郎と里美は島中藩へ赴き、花と若君の剣術の稽古をつけ、また彦四郎は藩士の稽古をつけることになりました。一方、千坂道場の門弟である島中藩の藩士二人が何者かによって惨殺されてしまいます。

島中藩の重役の言葉によると、殺された島中藩士を殺した者は島中藩にゆかりのものらしく、島中藩士の中の鬼斎流一門の中の出世頭の田代忠次一派が不穏な動きを見せているというのです。それに島中藩の国元から鬼斎流の遣い手の渋沢道玄と宇津桑十郎の二人が出府したらしく、加えて島中藩目付筋の「梟組」も江戸に入ったらしいというのでした。

そうするうちに島中藩の江戸家老浦沢三郎佐衛門が襲われ、更には直接に花が襲われるという事態が起こってしまいます。



本シリーズ第二巻の「母子剣法」と同様に、島中藩内部の争いに巻き込まれた形となった千坂道場ですが、話の運びが前巻同様になっています。異なるのは、単に島中藩内部の争いにとどまらず、指南役の地位を狙った他道場の妬みも絡んだ様相を示している、という点です。

とはいえ他藩の内部争いに絡んでいる点では同様であり、千坂道場の門弟が殺され、相手を探し出し先手を打たねば道場自体が立ち行かなくなるために、弥八や佐太郎らを使い相手の動向を探らせ、斬り込みをかけると点は変わりません。

このように藤兵衛らの手助けにより先手を取っていく点も同様であり、本シリーズをこの作者の作品の中でもかなり面白く読んでいた身としては、若干の淋しさを感じかねないものでした。

当然ではありますが、鳥羽亮作品としての面白さは持っている作品ですので、それなりに面白く読み終えることはできました。

ただ、いちファンとしては、このシリーズの読者の意表をつくような展開も期待したいところもあり、今後の展開に期待したいと思います。

鳥羽 亮 剣客春秋親子草 母子剣法




剣客春秋親子草シリーズの第二弾です。

前巻では陸奥国松浦藩のお家騒動に巻き込まれ、更には彦四郎とちさという女剣士との間の揺れる恋心などが描かれていたのでした。

今回は、出羽国島中藩主嫡男の長太郎の剣術の指南役として、一刀流の各道場の一人として千坂道場主である彦四郎の参画を願いたいという話が起こります。

この嫡男の指南役の選定には彦四郎の妻の里美と花も同道してもらいたいという願いも添えられていました。嫡男長太郎君は気弱なところがあり、里美と花の剣術の稽古の様子を見れば自分も稽古をしようと思うのではないか、というのです。

島中藩には他に鬼斎流という流派もあり、また一刀流にしても他に三橋道場と関山道場にも声をかけてるということでした。しかしながら、これらの流派の中から千坂道場が選ばれることが今回の騒動のもととなるのでした。

こうした騒動の前から千坂道場には正体不明の道場破りが来たり、その道場破りの連中により稽古帰りの弟子たちが襲われ、切り殺される事態にまでなっていました。

千坂彦四郎は籐兵衛に頼み、弥八やその手下の佐太郎という岡っ引きらの力も借りて、千坂道場に対して理不尽な行動をとり連中の正体を探り、自らの火の粉を払おうとするのでした。

藤兵衛の後を継いで千坂道場の道場主となった彦四郎ですが、前巻では陸奥国松浦藩のお家騒動に巻き込まれ、今回は出羽国島中藩での剣術指南役選びにまつわる騒動に巻き込まれます。

今回は母親となった里美や、里美同様に幼いころから竹刀を握っている一人娘の花もこの騒動に巻き込まれます。ただ、幼い花が剣術に打ち込む様子などもかわいげに描かれていて、若干の息抜きにもなっているようです。

とはいえ、剣術の手助けとして藤兵衛が、彦四郎の手足となる役目として弥八らが登場し、活躍するというのはこの物語のパターンになりつつあるようです。

この作者のお得意の剣戟の場面も盛り込まれ、可もなく不可もない、一編でした。

鳥羽 亮 剣客春秋親子草 恋しのぶ





久しぶりに『剣客春秋シリーズ』を読みました。前に読んだのが2014年の2月とメモにありましたから四年近くも前のことになります。鳥羽亮作品としては2016年6月に『沖田総司壬生狼』を読んでいますが、それでも一年半という時が経っています。

そう言えば、本書から『剣客春秋シリーズ』から『剣客春秋親子草シリーズ』へと新しいシリーズになるのでした。登場人物はほとんど変わらないものの、話の中心が千坂藤兵衛からその娘婿の千坂彦四郎の物語へと移るのです。

それはいいのですが、本書を読みながらもどうも内容を見知っていると思っていたのもそのはずで、2012年に一度本書を読了していたのでした。すでに読んだ作品を、それと気付かずに読み進める自分も歳をとったものだと、気落ちしてしまいました。

なにはともあれ、久しぶりに読んだ鳥羽亮作品は、特に本シリーズは、やはり安心して読めるという印象はあります。内容は、千坂彦四郎一家が松浦藩のお家騒動に巻き込まれ、父藤兵衛や弟子たちの力を借りながら解決するという、よくある展開ではありました。

定番の展開ではあるのですが、本書からメインとなった彦四郎が、女剣士ちさに心を奪われかけるというサイドストーリーも用意してあり、それなりの面白さはありました。

解説の細谷正光氏によると、「『剣客春秋シリーズ』は、彦四郎のビルディング・スロマンにもなっていたのである。」と書かれています。そして、彦四郎のちさへの恋心が描かれているのは、このシリーズも新しくなり、彦四郎も千坂道場の主となったからといって、成長譚としての役割が終わったわけではなく、未だ成長し続けることを意味していると言われているのです。

私はさすがにそうしたことまでは読みとれませんでしたが、彦四郎の心の揺れが、この物語に色を添えているのは確かです。

このあとの展開を読みたいと思います。
プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR