泡坂 妻夫 鳥居の赤兵衛―宝引の辰捕者帳

鳥居の赤兵衛―宝引の辰捕者帳 (文春文庫)鳥居の赤兵衛―宝引の辰捕者帳 (文春文庫)
(2007/08)
泡坂 妻夫

商品詳細を見る

泡坂妻夫の時代小説ということで、赤川次郎の時代小説と一緒に図書館で見つけると直ぐに借りました。

かつて読んだ泡坂妻夫の小説は、作者が奇術師ということでもあり、言葉の遊びも含めた、人の心理の裏を突いたりする、ちょっとひねりの入った一風変わった面白い推理小説でした。

その人の書いた時代小説です。どのようなものかと思い期待して読んだのですが、どちらかと言えば期待したほどではありませんでした。

しかしながら、昔読んだ泡坂妻夫らしさも見え、大き過ぎた期待程ではないにしろ、それなりに面白く読める本ではありました。

何しろ、本の構成からして、各短編が一人称で語られ、その語り手が毎回異なるのです。ただ、その語り口が皆同じなので最初は誰が語っているのか分からず、かなり戸惑いました。この作風は面白いという人と、分かりにくいという人と別れるのではないでしょうか。

たしかに、視点が異なることで見えてくる世界も違うでしょうし、それに伴いトリックも変わってくるのでしょうが、読み手としては少々戸惑うのです。慣れたら気にならないのかもしれませんが、一冊を読んだくらいでは変わりませんでした。

泡坂妻夫の作品らしさはあります。各短編毎に小さなひねりの効いた筋立てになっているのです。でも、昔読んだ推理小説の小気味良さまでは感じられなかったのは残念でした。

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR