FC2ブログ

酉島 伝法 皆勤の徒

皆勤の徒 (創元日本SF叢書)皆勤の徒 (創元日本SF叢書)
(2013/08/29)
酉島 伝法

商品詳細を見る

この本は、大多数の人は訳が分からずに投げ出すのではなかろうか、と思わせるそんな本です。なにせ、文章そのものが造語で成り立っており、その造語の意味も、また臓物感満載のその世界観にしても何の説明も無いのですから。

「皆勤の徒」「洞(うつお)の街」「泥海(なずみ)の浮き城」「百々似(ももんじ)隊商」という全四編の短編から成っています。もしかしたら中編といった方がいいかもしれない長さではあります。

正直言いますと、最初の短編「皆勤の徒」の途中で投げ出し、あとがきを読んでみたのです。すると驚くことに大森望氏の解説には「表題作を途中まで読んで挫折しそうになり、なんらかの助けを求めてこの解説のページを開いた人には、四作目の「百々似隊商」を先に読むことをお薦めする」とありました。解説者の見越した通りの行動を私はとっていたわけです。

ということで、四作目の「百々似隊商」を先に読んで、表題作でもある一作目の「皆勤の徒」も読み終えました。そして、二作目の「洞(うつお)の街」を途中まで読み、やはり意味が分からなくなって止めてしまったのです。

解説には造語の意味も、世界観の解説もそれなりにしてあって、確かに実にSFらしいSFではあり、この設定を理解して読めばかなり面白い小説なのだろうな、という感じはあります。不気味なこの世界の背景には良く練り上げられたSFの世界がきちんと構築されているらしいのです。

しかし、やはり造語の意味を現代の言葉で通るように変換しつつ読むというのは実に面倒であり、読み手がそうした努力を強いられる小説で良いのかという疑問にさらされることになりました。面白さの基準が「読んでいる間を幸せな時間と感じられるか否か」という基準で判断する私にとっては決して面白い小説ではありませんでした。

当初にも書いたように、読み手はかなり限定されると思います。表題作である「皆勤の徒」が第二回創元SF短編賞を受賞したこと自体、この物語の意味を汲み取ることのできる選者の頭の良さに感心するばかりです。

「SFにストーリーやキャラクター以上のものを求める読者にとっては、最大級の興奮が待っている。」らしいのですが、若い頃ならともかく、今の私にはとても無理でした。

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR